Android アプリでユーザー補助機能を使用する

ほとんどの Chromebook のユーザー補助機能は Android アプリで動作しますが、Android アプリにもユーザー補助機能に関する独自の設定があります。

: 現在のところ、点字端末は Chromebooks の Android アプリでは使用できません。

ユーザー補助機能の設定を有効または無効にする

Android アプリでは次の設定を使用できます。

上記の設定を変更する手順は次のとおりです。

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 設定アイコン を選択します。
  3. [Google Play ストア] で [Android の設定を管理する] を選択します。
  4. [システム] で [ユーザー補助機能] を選択します。
  5. 設定を必要に応じて変更します。

スクリーン リーダーを使用する

Android アプリでスクリーン リーダーを使用する手順は次のとおりです。

  1. Ctrl+Alt+Z キーを押して ChromeVox スクリーン リーダーを有効にします。
  2. Android アプリまたは Google Play ストア アプリを開きます。
  3. Chromebook のスクリーン リーダーが Android の「TalkBack」に切り替わります。TalkBack を使用する方法をご確認ください。

アプリを離れると、スクリーン リーダーが ChromeVox に戻ります。

おすすめの方法: タッチスクリーン搭載の Chromebook をご利用の場合は、Android アプリのウィンドウを最大化して全画面表示にすると、アプリのウィンドウの外側を誤ってタッチして ChromeVox に戻ってしまうことがなくなります。

Android アプリ内を操作する

TalkBack を使用するときには、次のキーボード ショートカットで Android アプリを操作できます。

  • クリックするには、検索+Space キーを押します。
  • 次へ進むには、検索+右矢印キーを押します。
  • 前に戻るには、検索+左矢印キーを押します。
  • キーボード ショートカットのリストを開くには、検索+k キーを押します。

タッチスクリーン搭載の Chromebook をご利用の場合、Android アプリでは TalkBack ジェスチャーもすべて使用できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。