Chromebook の画面でズームや拡大鏡を使用する

Chromebook では、画面の解像度を変更したり、ズーム機能や拡大鏡を使用したりして、画面上の項目を見やすくすることができます。

ページを拡大または縮小表示する

表示中のページのみを拡大または縮小表示し、画面上の他の項目はサイズを変えずに表示できます。

  • ページを拡大表示する: Ctrl キーを押しながらプラス(拡大)を押します。
  • ページを縮小表示する: Ctrl キーを押しながらマイナス(縮小)を押します。
  • ズーム表示をリセットする: Ctrl キーを押しながら 0 を押します。

ページ全体を拡大表示したり、フォントサイズを変更したりすることもできます。

画面上のすべての項目を拡大または縮小表示する

画面の解像度を変更して、アプリのシェルフやタブを含め、画面上のすべての項目を拡大または縮小表示できます。

  • 画面を拡大表示する(解像度を下げる): Ctrl+Shift キーを押しながらプラス(拡大)を押します。
  • 画面を縮小表示する(解像度を上げる): Ctrl+Shift キーを押しながらマイナス(縮小)を押します。
  • 解像度をリセットする: Ctrl+Shift キーを押しながら 0 を押します。

: タッチスクリーンでは、対象領域を 2 本の指で同時にタップして押し続け、拡大する場合は指を広げて、縮小する場合は指を閉じます。

拡大鏡を使って画面を拡大表示する

虫眼鏡でものを見るときのように、画面を拡大表示することができます。

画面全体を拡大表示する

画面全体をすばやく拡大するには、Ctrl+検索+M キーを押すか、次の手順で操作します。

  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定アイコン をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。
  5. [表示] で [拡大鏡(全画面)を有効にする] をオンにします。
  6. ズームレベルを選択するには、[全画面のズームレベル] の横にある下矢印 下矢印 をクリックします。

ヒント: タッチスクリーンの場合は、2 本の指で画面上を移動します。

画面の一部を拡大表示する

拡大した部分が画面の上部 3 分の 1 に表示され、その下に通常の画面が表示されます。画面の上部をすばやく拡大するには、Ctrl+検索+D キーを押すか、次の手順で操作します。

  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定アイコン をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。
  5. [表示] で [拡大鏡(ドッキング)を有効にする] をオンにします。
  6. ズームレベルを選択するには、[ドッキング画面のズームレベル] の横にある下矢印 下矢印 をクリックします。
  7. 画面上部に拡大された領域が表示されます。拡大表示する領域を変更するには、カーソルを移動します。

: 画面の下部に入力すると、入力した文字が上部に拡大表示されます。

拡大表示の倍率を変更する、拡大表示する領域を移動する

  • 拡大表示の倍率を上げる: Ctrl+Alt+明るさを上げる 明るさを上げる キーを押します。または、Ctrl+Alt キーを押してから、2 本の指で上にスクロールします。
  • 拡大表示の倍率を下げる: Ctrl+Alt+明るさを下げる 明るさを下げる キーを押します。または、Ctrl+Alt キーを押してから、2 本の指で下にスクロールします。
  • 拡大表示する領域を移動する: 任意の方向にカーソルを移動します。Tab キーを押して、画面上の項目間を移動することもできます。

その他のヘルプ

Making Your Chromebook Easier to See

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。