Chromebook で点字デバイスを使用する

Chromebook では点字ディスプレイを使用できます。

点字デバイスを設定する

点字デバイスを設定するには、デバイスを直接接続するか、Bluetooth でペアリングします。

  • 直接接続する場合: Chromebook の USB ポートに点字デバイスを接続します。数秒すると Chromebook でデバイスが自動的に検出され、ChromeVox がオフの場合はオンになります。

  • Bluetooth でペアリングする場合: ChromeVox で Bluetooth の設定を行うには、検索 キーを押しながら O+O キー(O キー×2 回)を押し、画面の指示に沿って操作します。Chromebook とデバイスをペアリングする方法について

設定を変更する

6 点式(標準)と 8 点式(コンピュータ用)点字を切り替える

ChromeVox では、Chromebook の言語設定に基づいて点字の種類が自動的に選択されますが、これを変更することもできます。

  1. 検索+O+O キーを押します。
  2. 検索キーを長押しします。
  3. 右矢印キーを押して「6 点点字に切り替え」または「8 点点字に切り替え」という音声が聞こえたら放します。
  4. Enter キーを押します。
  5. (省略可)点字の言語と、設定によっては点字のグレードも読み上げられます。言語を変更するには、Enter キーを押した後、矢印キーを使って言語一覧を移動します。希望する言語が読み上げられたら、Enter キーを押します。
  6. 設定を閉じるには、Ctrl+W キーを押します。

ヒント: 次の場合は 8 点式で入力します。

  • グレード 1 の点字を使用していて、カーソルが単語の途中にある場合
  • ウェブフォームにメールアドレスや電話番号などのテキストを入力する場合
キャプションのオンとオフを切り替える

ChromeVox がオンのときには、音声キャプションも自動的にオンになります。点字キャプションのオンとオフを切り替えるには、検索+a+b キーを押します。

キャプションと点字の表示方法を変更する
  1. 検索+O+O キーを押します。
  2. 検索キーを長押しします。
  3. 右矢印キーを押して「現在の表示スタイルは交互です」または「現在の表示スタイルは横並びです」という音声が聞こえたら放します。
    • キャプションの次に点字を表示する場合は、右矢印キーを押して「表示スタイルを横並びに変更する」という音声が聞こえたら放し、Enter キーを押します。
    • キャプションと点字を交互に表示する場合は、右矢印キーを押して「表示スタイルを交互に変更する」という音声が聞こえたら放し、Enter キーを押します。
  4. 設定を閉じるには、Ctrl+W キーを押します。
キャプションの行数または列数を変更する
  1. 検索+O+O キーを押します。
  2. 検索キーを長押しします。
  3. 右矢印キーを押して「仮想点字ディスプレイ」という音声が聞こえたら放します。
  4. 表示する行数と列数を入力します。
  5. 設定を閉じるには、Ctrl+W キーを押します。
ワードラップのオンとオフを切り替える

点字ディスプレイに収まりきらない単語は、ワードラップ機能によって次の行に折り返されます。ワードラップのオンとオフを切り替える方法は次のとおりです。

  1. 検索+O+O キーを押します。
  2. 検索キーを長押しします。
  3. 右矢印キーを押して「ワードラップを有効にする」という音声が聞こえたら放します。
  4. チェックボックスをオンまたはオフに切り替えます。
  5. 設定を閉じるには、Ctrl+W キーを押します。

点字キーボードでコマンドを使用する

ヒント: 点字コマンドを表示するには、次の手順を行います。

  1. 検索+a+b キーを押して点字キャプションをオンにします。
  2. 検索+.(ピリオド)キーを押して、スクリーン リーダー(ChromeVox)メニューを開きます。
  3. 点字キーボード コマンドに加え、物理キーボードのキーボード ショートカットとジャンプ コマンドが表示されます。

 

ページ内を移動する
ページの一番下に移動する スペース+ドット 4-5-6
ページの一番上に移動する スペース+ドット 1-2-3
次のボタン スペース+ドット 1-2
次の文字 スペース+ドット 6
次の編集可能なテキスト領域 スペース+ドット 1-5
次の記入欄 スペース+ドット 1-2-4
次のグループ スペース+ドット 5-6
次の見出し スペース+ドット 1-2-5
次のリンク スペース+ドット 4-5
次のオブジェクト スペース+ドット 4
次の表 スペース+ドット 2-3-4-5
次の単語 スペース+ドット 5
前のボタン スペース+ドット 1-2-7
前の文字 スペース+ドット 3
前の編集可能なテキスト領域 スペース+ドット 1-5-7
前の記入欄 スペース+ドット 1-2-4-7
前のグループ スペース+ドット 2-3
前の見出し スペース+ドット 1-2-5-7
前のリンク スペース+ドット 4-5-7
前のオブジェクト スペース+ドット 1
前の表 スペース+ドット 2-3-4-5-7
前の単語 スペース+ドット 2
読み上げオフ / 読み上げオン スペース+1-2-3-4-5
メールアドレスを入力する
アメリカ英語を使用している場合は、ドット 4-7 を一緒に押すことで @ 記号を入力できます。

: メールまたは URL のテキスト欄に入力する際、点字端末では自動的に 8 点式(コンピュータ用)点字が使用されます。

従来のキーボード ショートカットを使用する

点字端末でキーボード ショートカットを入力するには、キーボードのキーを表すドットの組み合わせを入力します。

Ctrl スペース+ドット 2-5
Alt スペース+ドット 3-6
Shift スペース+ドット 3-7
Ctrl+Shift スペース+ドット 2-5-7
Alt+Shift スペース+ドット 3-6-7
Backspace スペース+ドット 7
Tab スペース+ドット 3-5
Esc スペース+ドット 1-3-5-6
Enter スペース+ドット 4-6
その他のショートカット一覧
現在のアイテムをクリックする スペース+ドット 8
コンテキスト メニューを開く スペース+ドット 1-3-4
選択を開始または終了する スペース+ドット 2-3-4
ページ内を検索する スペース+ドット 3-4
現在の位置の詳しい説明 スペース+ドット 1-4
ChromeVox メニューを開く スペース+ドット 1-4-5-6
ステータス領域(アカウント画像が表示されている部分)を開く スペース+ドット 3-6-7 の後、ドット 2-3-4

点字端末に関する問題を解決する

点字端末が動作しない

端末で次のことをお試しください。

  • USB がオンになっていることを確認します。
  • 点字ノートテイカーを使用している場合は、ターミナル モードになっていることを確認します。
  • ファームウェアのアップデートがあるかどうかを確認し、ある場合は適用します。
  • 別のエミュレーション モードまたはプロトコルを使用してみます。
  • 別のパソコンやオペレーティング システム(Mac、Windows など)で点字端末を使用してみます。別のパソコンで動作し、Chromebook で動作しない場合は、Chromebook で使用する点字端末を変えてみます。
  • 点字端末を初期状態にリセットします。
    注意: この操作を行うと端末の設定がすべて消去されるため、重要な情報は事前に保存しておいてください。

詳細については、端末のマニュアルを確認するか、メーカーにお問い合わせください。

ChromeVox が自動的にオンにならない

点字端末を接続したときに ChromeVox が自動的にオンにならない場合は、次のことをお試しください。

  • 点字端末を取り外して、再度接続します。
  • Ctrl+Alt+Z キーを押して ChromeVox をオンにします。

点字デバイスが Chromebook に対応しているかどうかを確認するには、デバイスのマニュアルを確認するか、メーカーにお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。