Chromebook のユーザー補助機能を有効にする

Chromebook を使いやすくするために、必要に応じてユーザー補助機能を有効にすることができます。

ステップ 1: ユーザー補助機能の設定に移動する

  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定 をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。

ステップ 2: 機能を有効にする

使用するユーザー補助機能を選択します。

音声でテキストを入力する

文字を入力する場所では、ほとんどの場合、音声入力も使用できます。「句点」、「読点」、「疑問符」、「感嘆符」と話して句読点を追加することもできます。

  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定 をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。
  5. [キーボードとテキスト入力] で、[音声入力を有効にする] をオンにします。
  6. 入力する場所をタップまたはクリックします。
  7. 話す 音声入力オフ を選択するか、検索+D キーを押します。
  8. 入力する内容を話します。
タップによるドラッグで項目を移動する
  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定 をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。
  5. [マウスとタッチパッド] で [タップによるドラッグを有効にする] チェックボックスをオンにします。
  6. [マウスとタッチパッドのデバイス設定を開く] をクリックします。
  7. [タップによるクリックを有効にする] チェックボックスをオンにします。

タップによるクリックを使用するには、項目をダブルタップしてそのまま押し続け、ドラッグして移動します。

項目を自動的にクリックする
  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定 をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。
  5. [マウスとタッチパッド] で [マウスポインタの停止時に自動的にクリックする] チェックボックスをオンにします。
  6. [クリックされるまでの時間] プルダウンで、クリックまでの時間を選択します。

マウスやトラックパッドを押さずにクリックするには、クリックする項目にカーソルを合わせます。

キーボード ショートカットのキーを 1 つずつ入力する
  1. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  2. 設定 設定 をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [ユーザー補助機能] で [ユーザー補助機能を管理] をクリックします。
  5. キーを順に押す方法でキーボード ショートカットを使用するには、[キーボード] で [固定キーを有効にする] をオンにします。

固定キーを使用するには、キーボード ショートカットの最初に使用するキー(検索キー、Shift キー、Alt キー、Ctrl キー)を押します。

  • キーボード ショートカットを指定し終わるまでキーを押したままの状態にするには、キーを 2 回押します。
  • キーを押した状態を解除するには、キーを 3 回押します。

その他のヘルプ

Chromebook でユーザー補助機能を使用する方法について、詳しくは Chromebook ユーザー補助機能の動画シリーズをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。