問題が発生した場合、ログイン画面を表示できるのであれば、まず Chromebook をリセットしてみてください。全体を復元しなくても、リセットで問題を解決できる場合があります。

Chromebook を復元する

Chromebook のオペレーティング システム(OS)が正常に動作しなくなった場合は、Chromebook を復元できます。復元とは、OS を削除して再インストールする作業です。

重要: 職場や学校で Chromebook を使用している場合は、管理者に相談してください。管理者の方へ: 不明な点がある場合は、Google サポートにお問い合わせください。

復元が必要な状況

次の場合は、復元が必要と考えられます。

復元に必要なもの

  • 「Chrome OS が存在しないか破損しています」というエラーが表示される Chromebook。
  • もう 1 台の Chromebook、もしくは Chrome がインストールされた Windows または Mac パソコン
  • USB フラッシュ ドライブ(8 GB 以上、中のデータが消去されてもかまわないもの)

: Chromebook を復元すると、ハードドライブのデータは、ダウンロードしたファイルも含めてすべて削除されます。可能であれば、復元前にファイルをバックアップしてください。

必要な作業

ステップ 1: より影響の少ない解決方法を試します

Chromebook にログインできる場合は、まず次のことをお試しください。

  1. Chromebook の電源を切り、もう一度電源を入れます。
  2. それでもエラーが表示される場合は、Chromebook を初期状態にリセットします。

上記のいずれでもエラーが解消されない場合は、ステップ 2 に進みます。

ステップ 2: OS の新しいコピーをダウンロードします

正常に動作するパソコン(エラーが発生している Chromebook とは別のパソコン)で、次のことを行います。

  1. Mac または Windows を使用する場合は、次の手順を行います。
    1. Chrome がインストールされていない場合は、Chrome をインストールします。
    2. Chrome Chrome を開きます。
    3. リカバリ拡張機能をインストールします。
  2. リカバリ拡張機能を開くには:
    1. ブラウザ ウィンドウの右上で、拡張機能 をクリックします。
    2. 拡張機能のポップアップを起動するには、「Chromebook リカバリ ユーティリティ」という拡張機能をクリックします。拡張機能のポップアップが自動的に表示されない場合は、拡張機能がオンになっていることを確認します
  3. [開始] をクリックします。
  4. [リストからモデルを選択] をクリックして、復元する Chromebook を選択します。または、モデル番号を直接入力します。モデル番号は、Chromebook の画面に表示されたエラー メッセージの下部に記載されています。
  5. [続行] をクリックします。
  6. USB フラッシュ ドライブをパソコンに差し込みます。
  7. プルダウン メニューで、USB フラッシュ ドライブを選択します。
  8. [続行] をクリックします。
  9. [今すぐ作成] をクリックします。
  10. リカバリ メディアの作成完了を示すメッセージが表示されたら、USB フラッシュ ドライブをパソコンから取り外します。
ステップ 3: リカバリモードに移行します

エラーが発生している Chromebook で、次のことを行います。

  1. この Chromebook に接続されているデバイス(マウス、外付けハードドライブなど)をすべて取り外します。
  2. リカバリモードに移行します。
    • Chromebook の場合: Esc + 更新 キーを押した状態で、電源ボタン を押します。電源ボタンを放します。
      • 一部の Chromebook モデル: Esc+最大化 キーを押した状態で、電源ボタン を押し、電源ボタンを放します。
      • 画面にメッセージが表示されたら他のキーも放します。
    • Chromebox の場合: いったん電源を切った後、クリップなどを使用してリカバリボタンを長押しします。その状態で電源ボタンを押して Chromebox をもう一度起動します。最後にリカバリボタンを放します。
    • Chromebit の場合: いったん電源から外し、クリップなどを使用してリカバリボタンを長押しします。その状態で Chromebit をもう一度電源に接続します。最後にリカバリボタンを放します。
    • Chromebook タブレットの場合: 音量大音量小電源のボタンを同時に 10 秒以上長押ししてから放します。
  3. 次のいずれかのメッセージが表示されます。
    • 「Chrome OS が存在しないか破損しています。復元用の USB メモリを挿入してください」
    • 「復元用の USB メモリを挿入してください」
  4. リカバリ メディアの作成に使用した USB フラッシュ ドライブを差し込みます。
  5. 画面上の手順に沿って操作します。
リカバリ拡張機能が有効になっていることを確認する
  1. パソコンで Chrome Chrome を開きます。
  2. 右上の拡張機能 次に [拡張機能を管理] をクリックします。
  3. [Chromebook リカバリ ユーティリティ] の横のスイッチを右に切り替えます。
  4. 省略可: [詳細] をクリックして、スイッチを右に切り替えることもできます。
  5. 拡張機能を有効にしたら、ブラウザの拡張機能パネルで拡張機能をクリックして、ポップアップを開きます。
  6. 省略可: 拡張機能を頻繁に使用する場合は、固定 Pin (keep) できます。
省略可: USB フラッシュ ドライブを再利用できるようにする

Chromebook を復元した後、USB フラッシュ ドライブを他のファイルの保存に再利用する場合は、リカバリ メディアのデータを消去する必要があります。

リカバリ メディアのデータを消去するには:

  1. パソコンで Chrome Chrome を開きます。
  2. 右上の拡張機能 をクリックします。
  3. 拡張機能のポップアップを起動するには、「Chromebook リカバリ ユーティリティ」という拡張機能をクリックします。
  4. 拡張機能のポップアップで [設定] をクリックします。
  5. [リカバリ メディアのデータを消去] を選択します。
  6. プルダウン メニューで、データを消去する USB ドライブを選択します。
  7. [続行] をクリックします。
  8. 復元に使用したストレージ デバイスが表示されていることを確認します。
  9. [今すぐ消去] をクリックします。USB ドライブのすべてのデータが消去されます。
  10. 「リカバリ メディアのデータを消去しました」というメッセージが表示されたら、[完了] をクリックします。
  11. USB フラッシュ ドライブをパソコンから取り外します。
  12. オペレーティング システムのツールを使ってストレージ デバイスをフォーマットします。

復元に関する問題を解決する

「予期しないエラーが発生しました」
  1. ストレージ デバイスのデータを消去した後、もう一度復元してみます。
  2. 別の USB フラッシュ ドライブを使用して復元してみます。USB フラッシュ ドライブによっては、復元作業をうまく行えないことがあります。

上記を行っても問題が解決しない場合は、Chromebook のメーカーにお問い合わせください。メーカーへのお問い合わせ方法

「接続されているすべてのデバイスを取り外し、復元を開始してください」

まず、Chromebook に接続されているデバイス(マウス、外付けハードドライブなど)をすべて取り外します。それが終わったら、リカバリモードに移行する手順を行います。

「接続したデバイスに Chrome OS が存在しません」

まず、リカバリ メディアの作成に使用した USB フラッシュ ドライブが差し込まれていることを確認します。

正しいストレージ デバイスを使用してもこのエラーが表示される場合は、ストレージ デバイスが正常に動作していない可能性があります。

  1. ストレージ デバイスのデータを消去した後、もう一度復元してみます。
  2. 別の USB フラッシュ ドライブを使用して復元してみます。USB フラッシュ ドライブによっては、復元作業をうまく行えないことがあります。

問題が解決しない場合は、メーカーへのお問い合わせ方法をご確認ください

「このデバイスのセキュリティ モジュールが動作していません」

まずはエキスパートにご相談ください。

  • 職場や学校で Chromebook をご使用の場合は、管理者にお問い合わせください。管理者の方へ: Google サポートにお問い合わせください。
  • Chromebook ヘルプ フォーラムで、エキスパートにご相談ください。

上記を行っても問題が解決しない場合は、メーカーに Chromebook の修理についてご相談ください。メーカーへのお問い合わせ方法

Chromebook を復元するその他の方法

リカバリボタンを押す

一部の Chromebooks では、まず先の細いクリップなどを使用してリカバリボタンを押します。該当のモデルを選んでリカバリボタンの場所をご確認ください。

画面にメッセージが表示されたら、復元の手順に進みます

Linux パソコンを使用する場合
  1. Linux パソコンで、https://dl.google.com/dl/edgedl/chromeos/recovery/linux_recovery.sh からリカバリツールをダウンロードします。
  2. 次のコマンドでスクリプトの権限を変更し、実行を許可します: $ sudo chmod 755 linux_recovery.sh
  3. 次のコマンドを使って、ルート権限でスクリプトを実行します: $ sudo bash linux_recovery.sh
  4. 画面の指示に沿ってリカバリ メディアを作成します。
  5. 上記の手順に沿って Chromebook を復元します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
208
false