在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

Android デバイスの Chrome ブラウザを管理する

管理者は、Android デバイスを使用しているユーザーを対象に Chrome ブラウザをデプロイして管理できます。管理対象の設定を使用することで、ユーザーが操作しなくても、グループや組織部門単位で Chrome ブラウザを設定できます。また、Chrome ブラウザ用に管理対象の設定を複数作成し、それぞれを別々のグループや組織部門に適用することも可能です。

始める前に

ステップ 1: Chrome ブラウザを承認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [アプリを追加] 次の操作 [アプリを検索] をクリックします。
  4. [アプリ名を入力] をクリックし、「Google Chrome」と入力します。
  5. アプリにカーソルを合わせ、[選択] をクリックします。
  6. ユーザーに許可するアクセス方法を選択します。
    • ユーザーが自分でアプリをインストールできるようにするには、[利用可能] を選択します。この設定では、アプリを必要としないユーザーはアプリをダウンロードする必要がありません。
    • すべての管理対象デバイスにアプリをインストールするには、[自動インストールする] を選択します。この設定では、すべての管理対象デバイスにアプリが自動的にインストールされて無効にできなくなります。
    • アプリを自動インストールする前に管理対象の設定を適用するには、[利用可能] を選択し、次の手順を完了して管理対象の設定を適用してから、アプリの設定を編集してアプリを自動インストールします。
  7. アプリのオプションを設定します。
    1. モバイルの基本管理または詳細管理が適用されているデバイスの場合:

      • ユーザーのデバイスにアプリを自動インストールする。

    2. モバイルの詳細管理が適用されているデバイスの場合:

      • ユーザーがアプリをアンインストールできないようにする。

      • ユーザーがホーム画面にアプリのウィジェット(利用可能な場合)を追加できるようにする。

      • アプリを常時接続 VPN アプリとして設定する。有効にすると、仕事用プロファイルまたは管理対象デバイスからのアプリのトラフィックが必ずこのアプリを通過します。Android 7.0 以降が必要です。この設定により、仕事用プロファイルのトラフィック向けにより安全なネットワーク接続が確立されます。

  8. [完了] をクリックします。アプリの詳細ページが自動的に開きます。[ウェブアプリとモバイルアプリ] のリストに戻ると、追加したアプリがすぐに表示されます。

    ユーザーは、デバイスが次に Google エンドポイント管理と同期されたときに managed Google Play または Play ストアの [ビジネス用] タブから Android アプリをインストールできるようになります。managed Google Play ストアまたは [ビジネス用] タブ以外からインストールされたアプリは、管理対象外となります。

ステップ 2: 管理対象設定を作成する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. 管理する Google Chrome をクリックします。

    ヒント: 特定の組織部門またはグループに対して許可されているアプリのみを表示するには、["" フィルタを追加] をクリックして組織部門またはグループを選択します。

  4. [管理対象の設定] 次に [管理対象の設定を追加] をクリックします。
    アプリで管理対象の設定がサポートされていない場合、このオプションは利用できません。
  5. 設定の名前を入力して、この設定を優先するようにします。
    注: 利用可能な設定オプションを定義するのはアプリ デベロッパーです。設定に関するご不明点は、デベロッパーまでお問い合わせください。
  6. [保存] をクリックします。
  7. 次のセクションで説明する手順に沿って、管理対象の設定を組織部門またはグループに割り当てます。

ステップ 3: 管理対象の設定を割り当てる

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。

  3. [Google Chrome] をクリックします。
  4. [設定] をクリックします。
  5. 左側で、管理対象の設定を割り当てる組織部門またはグループをクリックします。
  6. [管理対象の設定] でメニューをクリックし、適用する管理対象の設定を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

組織部門またはグループから管理対象の設定を削除するには、同じ手順で [デフォルト] を選択します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false