Android デバイスで Chrome ブラウザを管理する

管理者は、ユーザーの Android デバイスに Chrome ブラウザをデプロイして管理できます。管理対象設定を使用することで、ユーザーが操作しなくても、Chrome ブラウザをグループや組織部門用に設定できます。Chrome ブラウザ用の管理設定を複数作成し、それらを別々のグループや組織部門に適用することもできます。

始める前に

ステップ 1: Chrome ブラウザを承認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側にある [アプリの管理] 次に [Android デバイス向けアプリを管理する] をクリックします。
  4. [許可リスト登録アプリを管理] をクリックします。
  5. 右下にある追加アイコン 質問を追加 をクリックします。
  6. Google Play の上部で、「Google Chrome」を検索してクリックします。
  7. [承認] をクリックします。
  8. アプリの権限を確認し、[承認] をクリックします。
  9. アプリからの新しい権限リクエスト(アプリ内購入や ID 情報へのアクセスなど)に対する処理方法を選択します。次の選択肢があります。
    • アプリから新しい権限のリクエストがあった場合、自動的にそのアプリを再承認する。
    • 管理者が再承認するまで、許可リストからアプリを削除する。
  10. [保存] をクリックします。
  11. アプリの許可リストを適用するユーザーを選択し、[続行] をクリックします。
    次のユーザーに対してアプリの許可リストを適用できます。
    • 組織内のすべてのユーザー
    • 特定のユーザー グループ
  12. アプリの設定項目を指定し、[保存] をクリックします。次の操作を指定できます。
    • ユーザーのデバイスに今すぐアプリを自動インストールする。
    • ユーザーがアプリをアンインストールできないようにする。
    • ユーザーがホーム画面のショートカットにアプリのウィジェット(利用可能な場合)を追加することを許可する。

登録したアプリはすぐに許可リスト内に表示されます。デバイスが Google モバイル管理と次回同期されたときに、ユーザーは managed Google Play または managed Google Play ストアの [ビジネス用] タブからそのアプリをインストールできるようになります。managed Google Play ストアまたは [ビジネス用] タブ以外からインストールされたアプリは、管理の対象外となります。

ステップ 2: 管理対象設定を作成する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側にある [アプリの管理] 次に [Android デバイス向けアプリを管理する] をクリックします。
  4. [許可リスト登録アプリを管理] をクリックします。
  5. [Google Chrome] を探してクリックします。
    特定のユーザーまたはユーザー グループに対して、許可リストに登録されているアプリのみを表示するには、左側にあるフィルタを使用します。組織部門、グループ、ユーザーを選択できます。一般公開のアプリまたは限定公開のアプリのみを表示するように選択することもできます。
  6. [設定の管理] で [管理対象の新しい設定を作成してください] をクリックします。
    この項目は、管理対象設定に対応しているアプリでのみ使用できます。
  7. 名前を入力し、設定を指定します。
    注: 管理者が設定可能な項目については、アプリのデベロッパーが定義しています。設定についてご不明な点がございましたら、デベロッパーまでお問い合わせください。
  8. [保存] をクリックします。

ステップ 3: 管理対象設定を割り当てる

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側にある [アプリの管理] 次に [Android デバイス向けアプリを管理する] をクリックします。
  4. [許可リスト登録アプリを管理] をクリックします。
  5. [Google Chrome] を探してクリックします。
    特定のユーザーまたはユーザー グループに対して、許可リストに登録されているアプリのみを表示するには、左側にあるフィルタを使用します。組織部門、Google グループ、ユーザーを選択できます。一般公開のアプリまたは限定公開のアプリのみを表示するように選択することもできます。
  6. 新しい組織部門やグループ用に Chrome ブラウザの設定を管理するには:
    1. [さらに追加] をクリックします。
    2. アプリの設定を変更するグループまたは組織部門を選択します。
      • [組織部門] を選択 次に メニューから組織部門を選択します。
      • [グループ] を選択 次に グループ名の入力を開始 次に 編集するグループを選択します。
    3. [次へ] をクリックします。
    4. グループまたは組織部門に適用する管理対象設定を選択します。
    5. [保存] をクリックします。
  7. 既存の組織部門またはグループ用に Chrome ブラウザの設定を管理するには:
    1. アプリの設定を変更するグループまたは組織部門の横にある、その他アイコン その他 次に [設定を編集] をクリックします。
    2. 適用する管理対象設定を選択します。
    3. [更新] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。