10 件以上のビジネス情報について一括確認をリクエストする

一括確認を行う理由

一括確認を行うと、Google マップや Google 検索などで同じビジネスの 10 件以上のビジネス情報を管理できるようになります。

一括確認を利用できない場合

  • 場所が 10 か所に満たないお店またはサービス: こちらの手順で場所ごとの確認をリクエストしてください。
  • 非店舗型ビジネス: こちらの手順で場所ごとの確認をリクエストしてください。
  • 複数のビジネス情報を管理している代理店: 組織アカウントでビジネス情報を管理してください。代理店が 10 か所以上に拠点を持つチェーン ビジネスを管理している場合、そのチェーンは一括確認を申請する必要があります。申請を行った後で、代理店はそのチェーンのビジネス グループ(一括確認を行った拠点を含む)への共有アクセスをリクエストする必要があります。

注: 重複、停止中、または無効の状態のリスティングは、必要最低数の 10 件の中にカウントされません。

一括確認が完了したら:

  • 連絡先の詳細、写真、営業時間など、ビジネス情報に加えた変更を Google マップなどの Google サービスに表示できるようになります。
  • ダッシュボードに、他のユーザーによりオーナー確認されていない新しいビジネス情報を追加すると、その情報も Google に表示されます。

Google では、多くの情報源からのデータを利用して、Google マップや Google 検索などの Google サービスに表示されるローカル ビジネス情報を作成しています。ご提供いただく情報は、Google 上のビジネス情報を確実に正確かつ最新のものにするうえで重要な役割を果たします。

詳しくは、ビジネス情報の Google による使用方法場所の最適化についてのページをご覧ください。

: Google 広告の住所表示オプションは、アカウントのオーナー確認を行わなくても使用できます。

一括確認をリクエストする

一括確認はアカウント単位で行います。次の 2 種類の Google マイビジネス アカウントで一括確認を行うことができます。

  • 個別のユーザー アカウント: アカウントが確認されると、他のユーザーがオーナーになっていない、アカウント内の有効なビジネス情報すべてがオーナー確認されます。
  • ビジネス グループ(旧称「ビジネス アカウント」): アカウントのメインのオーナーが確認されると、他のユーザーがオーナーになっていないビジネス グループ(ビジネス アカウント)内の有効なビジネス情報すべてが、オーナー確認されます。ビジネス グループ(ビジネス アカウント)の詳細 

他のユーザーによってオーナー確認済みのビジネス情報をアカウントに追加する場合、そのビジネス情報を管理するためのアクセス権限をリクエストする必要があります。

ビジネス情報のオーナー確認をリクエストする前に次の点をご確認ください。

  • スプレッドシートには、同じビジネスのビジネス情報を 10 件以上含める。 品質ガイドラインに定められているとおり、Google でビジネスの確認手続きを行えるのはビジネス オーナーまたは正式な代理人のみです。
    • 複数のビジネス情報を 1 つのアカウントで管理している代理店は、一括確認を行えません。
  • スプレッドシートには、管理するビジネス情報をすべて含める。すべてのビジネス情報を含めないと、ビジネス情報の更新が大幅に遅れることがあります。
  • ビジネスの種類がオーナー確認の対象になっている。 対象のビジネスモデルに関する詳細をご覧ください。
  • 非店舗型ビジネスではない。 非店舗型ビジネスの場合、こちらの手順でビジネス情報ごとの確認をリクエストしてください。
  • 既に確認済みのアカウントが存在しない。 他の従業員や委任代理人と連携して、アカウントを管理している人が会社の場所情報を提供する代表者として適しているか確認してください。所属する組織でビジネス グループ(ビジネス アカウント)を作成し、複数のビジネス情報を共同管理することをおすすめします。
  • アカウントにエラーがない。 エラーや品質ガイドライン違反があると、一括確認の処理が遅れる場合があります。確認手続きの遅延の原因となる一般的な問題と、特定のエラー メッセージについてのページをご覧ください。

スプレッドシートをアップロードしても確認のリクエストは自動的に送信されません。以下の手順で確認をリクエストしてください。

ビジネス情報の一括確認リクエストを送信するには:

  1. Google マイビジネスにログインします。
  2. ビジネス情報の横にある [オーナー確認を行う] をクリックします。
  3. [チェーン] をクリックします。
  4. 確認フォームにはすべての情報を正確に入力してください。
    • ビジネス名: ビジネスが親会社によって所有され運営されている場合は、確認するビジネスの名称に加え、その情報をこちらに入力してください。
    • ビジネスの所在国または地域: アカウントで管理するビジネスの国または地域を入力します。たとえば、あなたが米国とカナダでビジネス情報を管理し、他のユーザーがフランスとドイツで管理している場合、Google ではこれら 2 つのアカウントをそれぞれ別個のビジネス情報を管理する異なるアカウントであると認識します。
    • 担当者名: 複数の担当者がこのアカウントを管理している場合は、担当者全員の名前をこちらに入力してください(例: 鈴木一夫(マーケティング)、伊藤晴美(業務))。
    • 連絡先の電話番号: アカウントの確認に必要な情報をお伺いする際に連絡のつく電話番号を入力してください。
    • ビジネス管理者のメールアドレス: あなたが正式な管理者であることを証明できる人物(ビジネスの担当者)のメールアドレスを入力してください。
    • Google アカウント マネージャーのメールアドレス: 一緒に作業したことのある Google の担当者の名前またはメールアドレスを入力してください。Google の他のプロダクト(Google オファー、Google 広告など)に影響が出る可能性があるため、プロダクト間の一貫性と継続性を確保できるよう、アカウント マネージャーにアカウントの状態を知らせておくことが重要です。
  5. 確認リクエスト フォームを送信してから処理が完了するまで 1 週間ほどかかる場合があります。Google はリクエストを審査して、アカウントが品質ガイドラインを遵守していることを確認し、ビジネスを代表する方のオーナー確認を行います。不明点や問題がある場合はメールでご連絡を差し上げます。また、アカウントの一括確認が完了しましたらお知らせいたします。

常に確認された状態にする

Google マップの情報源を常に最新の状態にしておくために、Google ではビジネス情報が適切に管理されていないと考えられる無効なアカウントについて、定期的に確認を解除しています。アカウントにエラーがないかどうか定期的に確認し、ビジネス情報を更新して常に一括確認された最新の状態にしておくことが重要です一括確認のステータスが変更されると、メールで通知されます。

Google では引き続き、アカウントの修正または最適化をお願いするためにご連絡を差し上げる場合があります。また、Google でビジネス情報が最も的確に表示されるように、随時 Google のポリシーとサービスを更新しています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。