書籍の削除

このページでは、Google ブックスまたは Google Play から書籍を削除する方法について説明します。

その他の Google サービスから不正なコンテンツを削除する必要がある場合は、著作権侵害に関する Google のポリシーとプロセスについての記事をご覧ください。以下の手順のうち、その書籍に設定されているプレビューできる割合に応じた手順が該当します。

送信した書籍を削除する

書籍を Google Play での販売対象から除外する

  1. パートナー センターにログインします。
  2. 左側の [書籍カタログ] をクリックします。
  3. 除外する書籍のタイトルをクリックします。
  4. [ステータス] タブをクリックします。
  5. 販売対象からは除外しても、Google ブックスでプレビュー可能な状態のままにする場合は、[Google Play から削除する] を選択します。Google Play と Google ブックスの両方から書籍を削除する場合は、[完全に無効にする] を選択します。

スプレッドシートを使用すると、複数の書籍をまとめて販売対象から除外できます。

  1. パートナー センターにログインします。
  2. 左側の [書籍カタログ] をクリックします。
  3. [書籍をエクスポート] をクリックして、生成されたスプレッドシートをダウンロードします。
    注: チェックボックスの項目はどれもオンにする必要はありません。
  4. スプレッドシート プログラムでファイルを開きます。
  5. 販売対象から除外するすべての書籍で、[販売対象にしますか?] と表示されている列の値を [いいえ] に変更します。
  6. [書籍カタログ] に戻って、[詳細設定]、[CSV をアップロード] の順にクリックします。
  7. 編集したスプレッドシート ファイルを選択してアップロードします。

Google ブックスの書籍のプレビューを削除する

  1. パートナー センターにログインします。
  2. 左側の [書籍カタログ] をクリックします。
  3. プレビューを削除する書籍のタイトルをクリックします。
  4. [ステータス] タブをクリックします。
  5. Google ブックスから書籍を削除するには、[完全に無効にする] をクリックします。
    注: Google Play で書籍の販売を続ける場合は、Google ブックスからその書籍を削除することはできません。

多数の書籍のプレビューを削除する場合は Google ブックスのサポートチームにご連絡ください。すべての書籍の削除をご希望の場合は、サポートチームがアカウントの閉鎖をお手伝いすることもできます。

無効にした書籍は書籍カタログには表示されなくなりますが、その後に書籍の設定を変更する場合には書籍を検索できます。書籍に関する基本情報は引き続き Google ブックスに表示されますが、ユーザーがコンテンツを表示することはできません。

以前のバージョンの書籍を削除する

更新した書籍ファイルを送信すると、正常に処理された後、古いファイルはその新しいファイルに置き換えられます。ファイルとアップロードの概要の記事をご覧ください。

  • 既存の書籍のファイルが更新されたことをシステムが認識できるように、できる限り同じファイル名を使用してください。また、まったく新しい書籍のファイルは送信しないでください。
  • 更新したバージョンを送信すると、表紙のファイルとコンテンツのファイルの両方が置き換えられます。
  • それまでのバージョンは、書籍の [コンテンツ] タブに引き続き履歴情報として表示されます。詳しくは、[コンテンツ] タブについての記事をご覧ください。

送信していない書籍を削除する

権利をお持ちの書籍が、ご自身では送信していないのに Google Play や Google ブックスに表示される場合は、その書籍に設定されているプレビューできる割合に応じて、該当する削除の手続きを行うようお願いいたします。Google ブックスで書籍を検索すると、どのように表示されているかを確認できます。

注: 書籍の表示設定から、Google ブックスに書籍が追加された方法がわかります。

Google Play で販売中または Google ブックスでプレビュー可能な書籍を削除する

​その書籍の責任者(Google ブックスのプレビュー ページで、Google に書籍のページの表示を許可した人を確認できます)に問い合わせるか、このコンテンツの削除についてご連絡ください。

Google ブックスに一部(スニペット)が表示可能となっている書籍を削除する

スニペット表示で表示される書籍は、Google と図書館が連携して蔵書をデジタル化する取り組みである図書館プロジェクトにより表示されています。これらの書籍は検索可能ですが、Google ブックスで表示されるのは検索キーワードの前後数行の抜粋のみで、全ページが表示されるわけではありません。

図書館プロジェクトから除外する書籍をご登録ください

Google ブックスで「プレビュー不可」の書籍を削除する

問題の書籍は、Google ブックスのインデックスに多数登録されている、メタデータのみが表示される書籍に該当します。この結果には、書籍の著作権保護されたページは含まれていないことをご理解ください。代わりに、この記録には書籍に関する情報が表示されます。たとえば、ライセンス許諾を受けた書誌データ(ISBN コード、著者、出版社、出版日など)や、公開されているウェブサイトからの検索結果などがあります。これはオンラインで図書館の分類カタログを検索するようなものです。Google では、できるだけ総合的な Google ブックス インデックスの作成を目指しています。そのため、1 つの書籍について、海外で出版された翻訳版や過去に出版された版など、複数の書籍データが表示される場合があります。

通常、Google ではメタデータのみの結果をインデックスから削除することはしていません。ただし、この情報が表示されることで著作権保有者としての権利が侵害されていると思われる場合は、正式な法的申し立てを行うことができます。ご提出いただいた内容は Google で直ちに確認いたします。メタデータを Google に提供したサードパーティを確認したい場合はお問い合わせいただくこともできます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。