カスタム ディメンションの作成とトラッキング コードの更新

ビジネスの分野に合わせて属性を追加します。

分野別の属性情報をアナリティクスで使用するには、次の 2 つを行う必要があります。

  1. 属性ごとにカスタム ディメンションを作成する
  2. 関連するウェブページまたはアプリ画面のアナリティクス トラッキング コードを更新し、属性ごとのデータを収集する

リマーケティングと広告レポート機能を有効にすると、アナリティクスはいつも収集している情報の他に、広告 Cookie やモバイル広告 ID からも情報を収集します(そうした Cookie や ID がある場合)。

ユーザーが分野別の属性でタグ付けされたコンテンツ(たとえば、靴に関連する広告)を閲覧すると、その情報が Google アナリティクスにカスタム ディメンションとして渡され、Google 広告の動的リマーケティング キャンペーンで利用できるようになります。

たとえば、アナリティクスのトラッキング コードを更新してリテール関連の属性 ecomm_prodid を含めると、ユーザーが該当の商品を閲覧した際に商品 ID がアナリティクスで収集され、Google 広告に渡されます。そのユーザーが Google ディスプレイ ネットワーク上の他のサイトを訪問した際には、リマーケティング キャンペーンの情報によって、該当の商品に対応するリマーケティング広告が表示されます。

自分の分野の属性を追加する

以下の各セクションでは、さまざまな分野向けの必須およびオプションの属性を紹介します。また、アナリティクスで作成する必要のあるカスタム ディメンションの例や、アナリティクスの既存のトラッキング コードを修正して該当の属性を含める方法も説明します。

サイトやアプリにアナリティクスのトラッキング コードをまだ設定していない場合は、まずはトラッキング コードの設定を行ってください。

ウェブサイトのトラッキング コードを更新して、分野別の属性を追加する際は、</head> 終了タグの直前に属性のコードを追加します。
小売業者用の属性を追加する

[必須] ecomm_prodid: 商品 ID は、Google Merchant Center フィードの属性(id、item_group_id、または c:drid)のいずれかと一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーが過去に閲覧した商品に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] ecomm_pagetype: ユーザーが閲覧するページを示します。この情報を使ってリストを作成し、購入までの到達プロセス上のあらゆる段階でユーザーにリマーケティングを行います。home、category、product、cart、purchase など、ページタイプに応じたいずれかのサンプル値を渡します。

[オプション] ecomm_totalvalue: サイト上で閲覧された商品の合計額です。合計価格を指定してください(ページで閲覧された商品の価格を合計します)。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for ecommerce vertical of dynamic remarketing
図 1: e コマースのカスタム ディメンション

リテール分野用のコードのサンプル

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','12345, 678910, 98765'); // REQUIRED Product ID value, e.g., 12345, 67890
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, cart, purchase
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga('send', 'pageview');

</script>

教育分野用の属性を追加する

[必須] edu_pid: プログラム ID は、フィードのプログラム ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧したプログラムに対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] edu_pagetype: ユーザーが閲覧するページを示します。この情報を使ってリストを作成し、購入までの到達プロセス上のあらゆる段階でユーザーにリマーケティングを行います。home、searchresults、program、lead、complete など、ページタイプに応じたいずれかのサンプル値を渡します。

[オプション] edu_totalvalue: サイト上で閲覧されたプログラムの合計額です。

[オプション] edu_plocid: 地域 ID を使用する場合、プログラム ID と地域 ID は、フィード内の特定のアイテムの地域 ID とプログラム ID 列の値に一致させる必要があります。これはオプションのキーとなります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧したプログラムや地域に対応する動的広告を表示することができます。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for education vertical of dynamic remarketing
図 2: 教育用のカスタム ディメンション

教育分野用のコードのサンプル

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','12345'); // REQUIRED Program ID value, e.g., 12345, 67890
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, lead, complete
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga(‘set’,’dimension4’, ‘Phoenix, AZ’); // Optional Program location ID value, e.g., Austin, TX
  ga('send', 'pageview');

</script>

航空便分野用の属性を追加する

[必須] flight_destid: 目的地 ID は、フィードの目的地 ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した目的地に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] flight_pagetype: ユーザーが閲覧するページを示します。この情報を使ってリストを作成し、購入までの到達プロセス上のあらゆる段階でユーザーにリマーケティングを行います。home、searchresults、offerdetail、cart、purchase など、ページタイプに応じたいずれかのサンプル値を渡します。

[オプション] flight_totalvalue: サイト上で閲覧された航空便の合計額です。合計価格を指定してください(ページで閲覧された航空便の価格を合計します)。

[オプション] flight_originid: 出発地 ID を使用する場合、目的地 ID と出発地 ID は、フィード内の特定のアイテムの目的地 ID と出発地 ID 列の値に一致させる必要があります。これはオプションのキーとなります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した出発地と目的地に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] flight_startdate: 航空便の予約開始日(形式は YYYY-MM-DD)を示します。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した開始日に応じた最も関連性の高い航空便の動的広告を表示することができます。

[オプション] flight_enddate: 航空便の予約終了日(形式は YYYY-MM-DD)を示します。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した終了日に応じた最も関連性の高い航空便の動的広告を表示することができます。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for education vertical of dynamic remarketing
図 3: 航空便のカスタム ディメンション

航空便分野用のコードのサンプル

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','JFK'); // REQUIRED Flight destination ID value, e.g., SFO, EWR
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga(‘set’,’dimension4’,‘LAX’); // Optional Flight start origin ID value
  ga(‘set’,’dimension5’,‘2014-10-02’); // Optional Flight start date value, in YYYY-MM-DD format
  ga(‘set’,’dimension6’,‘2014-10-08’); // Optional Flight end date value in YYYY-MM-DD format
  ga('send', 'pageview');

</script>
ホテルや賃貸物件分野用の属性を追加する

[必須] hrental_id: プロパティ ID は、フィードのプロパティ ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧したホテルや賃貸物件に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] hrental_pagetype: ページタイプはユーザーが訪問したページを示します。通常、リストの自動生成に使用する値は、home、searchresults、offerdetail、conversionintent、conversion となります。

[オプション] hrental_totalvalue: サイト上で閲覧されたホテルや賃貸物件の合計額です。合計価格を指定してください(ページで閲覧されたアイテムの価格を合計します)。

[オプション] hrental_startdate: ページ上で閲覧されたホテルや物件の賃貸の開始日(形式は YYYY-MM-DD)です。

[オプション] hrental_enddate: ページ上で閲覧されたホテルや物件の賃貸の終了日(形式は YYYY-MM-DD)です。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for hotels and rentals vertical of dynamic remarketing
図 4: ホテルや賃貸物件のカスタム ディメンション

ホテルや賃貸物件用のコードのサンプル

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','1234'); // REQUIRED Hotel Property ID value, e.g., 1234, H256
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga(‘set’,’dimension4’,’2014-10-02’); // Optional Reservation start Date value
  ga(‘set’,’dimension5’,‘2014-10-08’); // Optional Reservation end Date value
  ga('send', 'pageview');

</script>

求人分野用の属性を追加する

[必須] job_id: 求人 ID は、フィードの求人 ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した求人に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] job_pagetype: ページタイプはユーザーが訪問したページを示します。通常、リストの自動生成に使用する値は、home、searchresults、offerdetail、conversionintent、conversion となります。

[オプション] job_totalvalue: サイト上で閲覧された求人の合計額です。

[オプション] job_locid: 地域 ID を使用する場合、求人 ID と地域 ID は、フィード内の特定のアイテムの求人 ID と地域 ID 列の値に一致させる必要があります。これはオプションのキーとなります。この情報に基づき、ユーザーが過去に閲覧した求人や地域に対応する動的広告を表示することができます。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for jobs vertical of dynamic remarketing
図 5: 求人用のカスタム ディメンション

求人分野用のコードのサンプル


<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','12345'); // REQUIRED Job ID value, e.g., 12345, 67890
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga(‘set’,’dimension4’, ‘Phoenix, AZ’); // Optional Job location ID value, e.g., Ann Arbor, MI
  ga('send', 'pageview');

</script>

地域限定セール分野用の属性を追加する

[必須] local_id: セール ID は、フィードのセール ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した地域限定セールに対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] local_pagetype: ページタイプはユーザーが訪問したページを示します。通常、リストの自動生成に使用する値は、home、searchresults、offerdetail、conversionintent、conversion となります。

[オプション] local_totalvalue: サイト上で閲覧された地域限定セールの合計額です。合計価格を指定してください(ページで閲覧された地域限定セールの価格を合計します)。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for local deals vertical of dynamic remarketing
図 6: 地域限定セールのカスタム ディメンション

地域限定セール用のコードのサンプル


<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','12345'); // REQUIRED Deal ID value, e.g., 12345, 67890
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga('send', 'pageview');

</script>

不動産分野用の属性を追加する

[必須] listing_id: リスティング ID は、フィードのリスティング ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧したリスティングに対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] listing_pagetype: ページタイプはユーザーが訪問したページを示します。通常、リストの自動生成に使用する値は、home、searchresults、offerdetail、conversionintent、conversion となります。

[オプション] listing_totalvalue: サイト上で閲覧されたリスティングの合計額です。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for real estate vertical of dynamic remarketing
図 7: 不動産用のカスタム ディメンション

不動産分野用のコードのサンプル


<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','12345'); // REQUIRED Listing ID value, e.g., 12345, 67890
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga('send', 'pageview');

</script>

旅行分野用の属性を追加する

[必須] travel_destid: 目的地 ID は、フィードの目的地 ID 列の値に一致させる必要があります。これは必須のキーとなります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した目的地に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] travel_pagetype: ページタイプはユーザーが訪問したページを示します。通常、リストの自動生成に使用する値は、home、searchresults、offerdetail、conversionintent、conversion となります。

[オプション] travel_totalvalue: サイト上で閲覧された旅行サービスの合計額です。合計価格を指定してください(ページで閲覧された旅行サービスの価格を合計します)。

[オプション] travel_originid: 出発地 ID を使用する場合、目的地 ID と出発地 ID は、フィード内の特定のアイテムの目的地 ID と出発地 ID と一致させる必要があります。これはオプションのキーとなります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した目的地と出発地に対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] travel_startdate: 旅行の予約開始日(形式は YYYY-MM-DD)を示します。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した開始日の旅行サービスに対応する動的広告を表示することができます。

[オプション] travel_enddate: 旅行の予約終了日(形式は YYYY-MM-DD)を示します。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧した終了日の旅行サービスに対応する動的広告を表示することができます。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for travel vertical of dynamic remarketing
図 8: 旅行用のカスタム ディメンション

旅行分野用のコードのサンプル

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','NYC'); // REQUIRED Destination ID value, e.g., NYC, SFO
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga('set','dimension4','SFO'); // Optional Origin ID value, e.g., FTW, CHI
  ga(‘set’,’dimension5’,’2014-10-02’); // Optional Reservation start date value
  ga(‘set’,’dimension6’,‘2014-10-08’); // Optional Reservation end date value
  ga('send', 'pageview');

</script>

カスタム分野用の属性を追加する

[必須] dynx_itemid: ID は、フィードの ID 列の値に一致させる必要があります。この情報に基づき、以前に広告主様のサイトを訪れたユーザーに対して、そのとき閲覧していたアイテムの動的広告を表示できます。

[オプション] dynx_pagetype: ユーザーが閲覧するページを示します。この情報を使ってリストを作成し、購入までの到達プロセス上のあらゆる段階でユーザーにリマーケティングを行います。home、searchresults、offerintent、conversionintent、conversion など、ページタイプに応じたいずれかのサンプル値を渡します。

[オプション] dynx_totalvalue: サイト上で閲覧されたアイテムの合計額です。合計価格を指定してください(ページで閲覧されたアイテムの価格を合計します)。

[オプション] dynx_itemid2: ID2 を使用する場合、ID2 はフィード内の特定のアイテムの ID2 列の値に一致させる必要があります。これはオプションのキーとなります。この情報に基づき、ユーザーがお客様のサイトで過去に閲覧したアイテム ID とアイテム ID 2 の組み合わせに対応する動的広告を表示することができます。

アナリティクスのカスタム ディメンション

Screenshot showing custom dimensions for custom vertical of dynamic remarketing
図 9: 動的リマーケティングのカスタム ディメンション

カスタム分野用のコードのサンプル

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXX-YY', 'auto'); // Insert your GA Web Property ID here, e.g., UA-12345-1
  ga('set','dimension1','12345'); // REQUIRED Item ID value, e.g., 12345, 67890
  ga('set','dimension2',’searchresults’); // Optional Page type value, e.g., home, searchresults
  ga('set','dimension3','99.95'); // Optional Total value, e.g., 99.95, 5.00, 1500.00
  ga(‘set’,’dimension4’, ‘Phoenix, AZ’); // Optional Item ID2 value
  ga('send', 'pageview');

</script>

 

タグマネージャでタグを変更する場合は、こちらの指示をご覧ください。

 

次のステップ

  1. アナリティクスでリマーケティング用ユーザーリストを作成します
  2. 動的リマーケティング用の属性を作成します
  3. Google 広告で動的リマーケティング キャンペーンを作成します

関連資料

カスタム ディメンションとカスタム指標

Google タグマネージャとカスタム ディメンション

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。