検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

クロスドメイン トラッキングを設定する(analytics.js)

クロスドメイン トラッキングを使用すると、2 つの関連サイト(e コマースサイトと、別のショッピング カート サイトなど)でのセッションが 1 回のセッションとしてアナリティクス レポートに記録されます。これは「サイト間のリンク」とも呼ばれます。

クロスドメイン トラッキングを設定するには、HTML の編集や JavaScript コードに関する知識、または経験豊富なウェブ開発者のサポートが必要です。

基本的なトラッキング コードの設定については、こちらをご覧ください。

この記事の内容:

クロスドメイン トラッキングの概要

アナリティクスでは、セッションをトラッキングするために、各ヒットの Client-ID 値を取得します。Client-ID の値は Cookie に保存されます。Cookie はドメイン別に保存されており、あるドメインのウェブサイトが別のドメインの Cookie にアクセスすることはできません。複数のドメインをまたいでセッションをトラッキングする場合は、Client-ID 値を元のドメインから別のドメインに転送する必要があります。これを実現するために、アナリティクス トラッキング コードではリンク機能が提供されており、元のドメインでリンクの URL パラメータに Client-ID を含めて、転送先ドメインからアクセスできるようにします。

Google タグマネージャを使ってクロスドメイン トラッキングを設定する

Google タグマネージャでアナリティクス トラッキングを管理するには、クロスドメイン トラッキングの手順を参照してください。

トラッキング コードを変更してクロスドメイン トラッキングを設定する

複数のトップレベル ドメインでクロスドメイン トラッキングを設定するには、各ドメインでアナリティクス トラッキング コードに修正を加えます。HTML と JavaScript の基本的な知識が必要です。HTML や JavaScript に不慣れな方は、サイトのデベロッパーに設定のサポートを依頼してください。下記の例では、ユニバーサル アナリティクスのトラッキング コード スニペット(analytics.js)を使用しています。

  1. アナリティクス管理画面でプロパティを設定する
    アナリティクスの管理画面で、クロスドメイン トラッキング用にプロパティを 1 つ設定します。すべてのドメインでこのプロパティのトラッキング コード スニペットとトラッキング ID を使用します。

    クロスドメイン トラッキングを使用するには、トラッキング コード スニペットの編集が必要です。まだすべてのウェブページにスニペットを挿入していない場合は、スニペットをコピーしてテキスト エディタに貼り付けてから、下の手順を続けてください。そうすれば、すべてのウェブページでスニペットを変更するのではなく、挿入する前に一度だけ変更すれば済みます。

  2. プライマリ ドメインのトラッキング コードを編集する
    スニペットの create 行に注目してください。たとえば、example-1.com というウェブサイトでは次のようになります。

     

      ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'example-1.com');

    次のようにスニペットを修正します(赤い太字部分)。

      ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
      ga('require', 'linker');
      ga('linker:autoLink', ['example-2.com'] );

    例に示したトラッキング ID(UA-XXXXXX-Y)とセカンダリ ドメイン(example-2.com)は、実際のトラッキング ID とセカンダリ ドメイン名に置き換えてください。



    プライマリ ドメインのすべての挿入箇所で、このトラッキング コードを上記のとおりに修正してください。

     

    ドメインが 3 つ以上ある場合

    上の例と同じように編集しますが、3 つ目以降のドメインをオートリンク プラグインに追加します。下記のとおりカンマを付け加えます。

    ga('linker:autoLink', ['example-2.com', 'example-3.com'] );
    トラッキング コード スニペットの全体を確認する

    プライマリ ドメインに挿入されたトラッキング コード スニペットは、次のようになります。

    <script>

    (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

    ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
    ga('require', 'linker');
    ga('linker:autoLink', ['example-2.com'] );

    ga('send', 'pageview');

    </script>
  3. セカンダリ ドメインのトラッキング コードを編集する

    まず、create 行を見つけます。次のようにスニペットを修正します(赤い太字部分)。

      ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
      ga('require', 'linker');
      ga('linker:autoLink', ['example-1.com'] );

    例に示したトラッキング ID(UA-XXXXXX-Y)とプライマリ ドメイン(example-1.com)は、実際のトラッキング ID とプライマリ ドメイン名に置き換えてください。

    セカンダリ ドメインのすべての挿入箇所で、このトラッキング コードを上記のとおりに修正してください。

    ドメインが 3 つ以上ある場合

    上の例と同じように編集しますが、3 つ目以降のドメインをオートリンク プラグインに追加します。下記のとおりカンマを付け加えます。

    ga('linker:autoLink', ['example-1.com', 'example-3.com'] );
    トラッキング コード スニペットの全体を確認する

    セカンダリ ドメインに挿入されたトラッキング コード スニペットは、次のようになります。

    <script>

    (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

    ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
    ga('require', 'linker');
    ga('linker:autoLink', ['example-1.com'] );

    ga('send', 'pageview');

    </script>

レポートビューを設定してフィルタを追加する

デフォルトでは、アナリティクスにはページのパスとページ名のみ表示され、ドメイン名は表示されません。たとえば、サイト コンテンツ レポートではページが次のように表示されます。

  • /about/contactUs.html
  • /about/contactUs.html
  • /products/buy.html

しかし、ドメイン名が表示されないこの状況では、各ページが属するドメインを識別できません。

ドメイン名をレポートに表示するには、すべてのドメインのデータを表示するレポートビューのコピーを作成し、新しい方のビューにアドバンス フィルタを追加します。このフィルタにより、アナリティクスのレポートにドメイン名が表示されるようになります。

クロスドメイン トラッキングを設定した後は、レポートにドメイン名を表示するビューフィルタを次の例のとおり設定します。以下の項目について、プルダウン メニューからアイテムを選択するか、文字列を入力してください。

  • フィルタの種類: カスタム フィルタ > アドバンス
  • フィールド A --> 引用 A: ホスト名 = (.*)
  • フィールド B --> 引用 B: リクエスト URI = (.*)
  • 出力先 --> 構成: リクエスト URI = $A1$B1

[保存] をクリックして、フィルタを作成します。

フィルタを正しく作成できたかどうか確認するには、Google Tag Assistant Recordings を使用します。Tag Assistant Recordings では、フィルタによってどのようにトラフィックが変化したかを正確に確認できます。

参照元除外リストにドメインを追加する

ユーザーが最初のドメインから 2 番目のドメインに移動した場合、アナリティクスでは、ユーザーが最初のドメインから 2 番目のドメインを参照したものと見なされ、新しいセッションが作成されます。複数のドメインにまたがる単一のセッションをトラッキングするには、複数のドメインを参照元除外リストに追加してください。

クロスドメイン トラッキングが機能しているか確認する

クロスドメイン トラッキングが正しく設定されていることを確認するには、Google Tag Assistant Recordings を使用することをおすすめします。実際にドメインをまたいだセッションを開始すると、正常に機能しているかどうかすぐに確認できます。

クロスドメイン トラッキングが正常に設定されていない場合の例については、Tag Assistant Recordings レポートの例をご覧ください。

関連資料

analytics.js

gtag.js

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false