オートリンク プラグインの仕組み(analytics.js)

トラッキング コードに追加したオートリンク プラグインはページと同時に自動的に読み込まれ、すべてのリンクで部分文字列の照合を行います。この処理では、トラッキング コードで指定したドメイン名が含まれるリンクを識別します。そのドメインにつながるリンクをクリックしたトラフィックは、クロスドメイン トラフィックとしてカウントされます。

たとえば example1.com と example2.com にクロスドメイン トラッキングを設定している場合は、オートリンク プラグインで example-2.com につながる example-1.com 上のリンクが認識されます。ユーザーが example-1.com のページを訪問して example-2.com につながるリンクをクリックすると、オートリンク プラグインでその移動がクロスドメイン トラフィックとしてカウントされます。

プラグインが作動しないように設定されているページもあります。このため、プラグインをサイト全体に導入する前に、任意のページでプラグインをテストしておくことをおすすめします。

オートリンク プラグインを設定するには、トラッキング コードにプラグインを追加し、トラッキングするドメインを指定して、すべてのページでプラグインを実行できるように設定します。

関連資料

analytics.js

gtag.js

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。