Google 動画パートナーについて

Google 動画パートナーとは、YouTube 以外でもユーザーに動画広告を表示できる、質の高いサイト運営者やパブリッシャーのウェブサイトやモバイルアプリのことです。

動画パートナーのサイト運営者やパブリッシャーになるには、十分な審査を受け、広告枠の質に関する Google の基準を満たす必要があります。この記事では、動画パートナーでどのように広告が表示されるか、ご利用いただけるコンテンツ管理機能、動画パートナーをご利用いただくメリットについて説明します。

Google 動画パートナーでは、次の動画広告フォーマットを表示できます。

動画パートナーは、新しい TrueView インストリーム広告とバンパー動画広告にデフォルトで含まれています。既存のキャンペーンに動画パートナーを含めたり、既存のキャンペーンから除外したりするには、キャンペーン設定の [ネットワーク] にある [ディスプレイ ネットワークの動画パートナー] のチェック ボックスのオンとオフを切り替えます。

動画パートナーで広告が表示される位置

動画パートナーに掲載される動画広告は、パソコン、タブレット、モバイルのウェブブラウザ、モバイルアプリに表示できます。動画広告は、動画プレイヤー内で配信されます。モバイルアプリの場合は、インタースティシャル広告として配信されます。動画パートナーのサイトやアプリには、エンターテイメント、スポーツ、ニュース、テクノロジーなど、さまざまなカテゴリのコンテンツが含まれます。

Google 動画パートナーのウェブサイトに表示される TrueView インストリーム広告 Google 動画パートナーのアプリに表示されるインタースティシャル広告

Google 動画パートナーをご利用いただくメリット

ブランドに合うコンテンツに広告を表示

Google 動画パートナーの動画広告には、YouTube と同じ高度な管理機能、コンテンツ設定、ターゲット設定があります。こうした機能を使って、広告を表示するコンテンツのタイプをきめ細かく管理し、ブランドに合わせてキャンペーンを適切にカスタマイズできます。

広告の表示位置をきめ細かく管理する方法は次のとおりです。

  • 上位のコンテンツの入札単価を調整する: 人気があると Google によって評価され、トラフィックとエンゲージメントが増える傾向があるコンテンツの入札単価を高めに設定します。詳細
  • 特定のプレースメントを除外する: [動画ターゲティング] タブ内にある [プレースメント] の下の [広告が掲載された場所] タブで、広告の表示位置を確認します。ブランドに合わないプレースメントや、ターゲット ユーザーの反応が悪いプレースメントを除外できます。詳細
  • コンテンツを除外する: YouTube と同様に、動画パートナーのコンテンツは、デジタル コンテンツのラベルを使用して分類されています。成人向けコンテンツとラベル未設定のコンテンツは、デフォルトで動画キャンペーンから除外されます。デリケートなトピックや埋め込み動画など、除外するカテゴリを追加できます。詳細

YouTube 以外の新しいユーザーにアピール

  • リーチ: 動画パートナーは、YouTube 以外の新しいユーザーにアピールして、動画広告のリーチを拡大するために役立ちます。YouTube と動画パートナーで同じターゲティング オプションを設定し、セグメントを使用して掲載結果を測定できます。
  • YouTube の視聴回数: 動画パートナーで TrueView インストリーム広告が視聴された場合、YouTube 動画の視聴回数が増加します。
  • 広告効果: 動画パートナーに広告を掲載すると、ユーザーが商品に対する認知度を高め、ブランドに関心を持つようになります。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。