検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

検索広告向けリマーケティング リストの概要

検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)は、広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザー向けに、検索広告をカスタマイズする機能です。該当ユーザーが Google や検索パートナーのサイトで検索を行っているときに、そのユーザーに合った広告を表示したり、入札単価を調整したりできます。

仕組み

たとえば、広告主様のサイトを訪れたものの何も購入しないで離脱したユーザーがその後 Google 検索で何か探しているときに、自社商品を再度思い出してもらうことが可能です。入札単価の設定、広告の作成、キーワードの選択も、そうした訪問歴を踏まえて行うことができます。検索広告向けリマーケティング リストでは、こうしたカスタマイズを行うためにリマーケティング リストを使用します。

検索広告向けリマーケティング リストの活用方法:

  • リマーケティング リスト内のユーザーを対象に、入札単価を調整します。たとえば、過去 30 日間に広告主様のウェブサイトを訪問したユーザーに対して、入札単価を 25% 引き上げることができます。または、ショッピング カートに商品を追加したものの購入しなかった訪問者に対して、通常とは別の広告を表示します。
  • 広告主様のサイトを最近訪れたユーザーや購入履歴のあるユーザーに対して、通常とは異なるキーワードを選びます。これは売り上げ増加につながります。たとえば、購入履歴のあるユーザーに限って、通常であれば競争率が高くなりがちな一般的なキーワードにも入札します。

留意点: リマーケティング リストのユーザー登録期間は 540 日が上限です。詳細については、リマーケティング リストの概要をご覧ください。

リストの設定方法

検索広告向けリマーケティング リストを利用するには、リマーケティング リストの作成に加え、リマーケティング タグと呼ばれるコードを AdWords から取得してサイトに挿入する必要があります。サイト内のすべてのページにタグを追加すると、すべてのサイト訪問者がリストに追加されます。ユーザーがサイトを訪問すると、ブラウザに関連付けられている Cookie がリマーケティング リストに追加されます。

サイトにリマーケティング タグを設置したら、既存のキャンペーンや広告グループにリマーケティング リストを追加して、そのリストに登録されたユーザーに対する入札単価を調整します。

また、組み合わせリストを作成して、ウェブサイトの特定ページを訪問したユーザーをターゲットに設定することもできます。

留意点: Google 検索ネットワークでリマーケティング リストを使用できるようになるのは、リストに 1,000 件以上の Cookie が記録されてからになります。これは、ユーザーのプライバシーを保護するためです。

ランニング シューズを探しているユーザーが、スポーツ用品サイトでシューズ関連のページをチェックしたとします。こうしたユーザーを「シューズ」のリストに追加しておけば、同じユーザーが次に Google でランニング シューズを検索したときに広告が表示されやすくなるよう、入札単価を高めることができます。

 

検索広告向けリマーケティング リストの利用例

ヨーロッパでタイヤのオンライン販売を手がける Tirendo では、コンバージョン率が 161% 向上し、結果として総売上が 22% 増加しました。詳細については、事例紹介(英語のみ)をご覧ください。

 Google 運用ガイド: チェックマーク アイコン Google 運用ガイド

RLSA を使用して購入見込みの高いユーザーに広告を表示する方法については、Google 運用ガイドをご覧ください。

  • 効果的なリマーケティング広告
  • AdWords で RLSA ユーザーを分類する
  • AdWords で RLSA の入札単価を適切に設定する

Google 運用ガイド: RLSA を使って適切なユーザーに広告を表示する

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。