検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

広告グループにオーディエンス ターゲティング(インタレスト カテゴリとリマーケティング リスト)を追加する

ゲームファン、ペット愛好家、車や住宅の購入を検討しているなど、特定の事柄に興味や関心を持つユーザーに広告を表示することで、適切なユーザーにアプローチできます。AdWords でこれを行うには、広告グループにユーザーリストを追加します。

この記事では、広告グループやキャンペーン全体にユーザーリストを追加またはコピーする手順を説明します。なお、キャンペーンの種類によっては、オーディエンス ターゲティングを使用できないことがあります。

はじめに

AdWords 従来版では、オーディエンス ターゲティングは次の場所に表示されます。

  • ディスプレイ キャンペーンの [ディスプレイ ネットワーク] タブにある [インタレストとリマーケティング]
  • 検索キャンペーンの [ユーザーリスト] タブ

AdWords リニューアル版では、ページメニューに [オーディエンス] ターゲティングが表示されます。動画キャンペーンについては、動画キャンペーンにターゲティングを追加するをご覧ください。

手順

ご利用中の AdWords が従来版、リニューアル版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

広告グループにオーディエンス ターゲティングを追加する

  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. オーディエンス ターゲティングを追加するキャンペーンと広告グループを選択します。
  4. 検索ネットワーク キャンペーンの場合は、[ユーザーリスト] タブをクリックします。
  5. ディスプレイ ネットワーク キャンペーンの場合は、[ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。
  6. [+ ターゲット設定] をクリックします。
  7. [ターゲティングを追加] ボタンをクリックして、[インタレストとリマーケティング] を選択します。
  8. [カテゴリを選択] ボタンをクリックします。プルダウン メニューから、キャンペーンのターゲットに設定するオーディエンスの種類を選択します。
  9. オーディエンスのターゲット設定オプションは、キャンペーンの種類によってそれぞれ異なります。キャンペーンの種類とリマーケティングの設定に応じて、次のオプションの組み合わせが表示されることがあります。
    • アフィニティ カテゴリ: ライフスタイルや購買傾向、長期的な関心事に基づいて、特定のユーザーに広告を表示します。
    • 購買意向の強いユーザー層: 取り扱っている商品やサービスと類似するものを調査しており、購入に至る可能性が高いユーザーに広告を表示します。
    • リマーケティング リスト: 広告主様のウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザーに広告を表示します。
    • 動画リマーケティング リスト: アカウントと YouTube をリンクしている場合は、動画または動画広告を視聴したユーザーや、チャンネル登録しているユーザーに、広告を表示できます。このリストには、YouTube チャンネルの登録者、YouTube 動画の視聴者、YouTube 広告を視聴したユーザーなどが含まれます。
    • 顧客のメールリスト: メールアドレスを登録しているユーザーに Gmail 広告を表示します。
    • 類似ユーザー: リマーケティング リストや動画の視聴者リストに登録されているユーザーに類似するオーディエンスに広告を表示します。
      • リマーケティング リストに類似
      • 動画の視聴者リストに類似
      • 顧客のメールリストに類似
  10. 追加するオーディエンスの横にある二重矢印をクリックします。そのオーディエンスが [選択済み] に表示されます。
  11. [保存して次へ] をクリックします。

カスタム アフィニティ カテゴリを作成する

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンの場合は、独自のカスタム アフィニティ カテゴリを作成できます。手順は次のとおりです。

  1. [インタレストとリマーケティング] ラジオボタンをオンにします。
  2. [カスタム アフィニティ カテゴリ] をクリックします。
  3. [+ カスタム アフィニティ] をクリックします。
  4. [新しいカスタム アフィニティ カテゴリ] ダイアログで、このアフィニティ カテゴリの名前と説明を入力します。
  5. [ターゲット ユーザーの関心事や、好みのコンテンツがあるウェブサイトを入力してください] の下で、ユーザーが関心を持ちそうなウェブサイトの URL を入力します。また、ユーザーが検索する可能性の高いキーワードを入力します。
  6. [カスタム ユーザーをプレビュー] をクリックして、ユーザーの [上位のウェブサイトのトピック] と [ユーザー属性] の内訳を表示します。
  7. [続行] をクリックします。
  8. キャンペーンのターゲットに設定するオーディエンスをすべて追加したことを確認して、[保存して次へ] をクリックします。

広告グループに複数のオーディエンス カテゴリを追加する場合、価値の高いオーディエンスに対して高めの入札単価を設定できます。ディスプレイ ネットワークの入札機能に関する詳細

コンバージョン オプティマイザーをご利用の場合は、既に広告グループ全体に目標コンバージョン単価が設定されているため、オーディエンスの入札単価は適用されません。

Google は少数の第三者プロバイダからデータを取得し、特定のオーディエンス セグメントのターゲティングの最適化に役立てています。このデータがユーザーリスト キャンペーンに使用される状況は限られますが、使用される場合はサービス手数料が発生することがあります。このサービス手数料が発生した場合、オークションの前に上限入札単価が引き下げられ、手数料はオークションの終値に追加されます。

広告グループにオーディエンスをコピーする

1 つの広告グループにオーディエンスを設定しておくと、オーディエンス ターゲティングをコピーして他の広告グループに使用できます。まず該当のオーディエンスをコピーしてから、そのオーディエンスを新しい広告グループに貼り付けます。

オーディエンスをコピーする手順は次のとおりです。

  • [ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。
  • [インタレスト カテゴリとリマーケティング] タブをクリックします。
  • コピーするオーディエンスの横のチェックボックスをオンにします。
  • [編集] メニューから [コピー]を選択します(または、Windows の場合は Ctrl+C、Mac の場合は Command+C を押します)

コピーしたオーディエンスを貼り付ける手順は次のとおりです。

  • [キャンペーン] タブをクリックします。
  • オーディエンスを貼り付けるキャンペーンの名前をクリックします。
  • オーディエンスを貼り付ける広告グループの名前の横にあるチェックボックスをオンにします。
  • [編集] メニューから [貼り付け]を選択します(または、Windows の場合は Ctrl+V、Mac の場合は Command+V を押します)。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む