検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)について

AdWords 広告の掲載先は、検索ネットワーク(検索結果ページ)だけではありません。Google ディスプレイ ネットワークでは、ウェブ全体でさまざまな広告フォーマットの広告を掲載することができます。このネットワークは、Google と提携している 200 万のウェブサイトで構成されており、インターネット ユーザーの 90% 以上が広告の表示対象になります。ユーザーがお気に入りのウェブサイトを閲覧しているときや、友人に YouTube 動画を見せているとき、Gmail をチェックしているとき、モバイルサイトやモバイルアプリを利用しているときを狙って広告を表示できます。

この記事では、ディスプレイ ネットワークの活用方法について解説します。

仕組み

AdWords 広告の掲載先には、主に検索とディスプレイの 2 つのネットワークがあります。検索ネットワークでは、既に特定の商品情報を検索する段階に入っているユーザーに広告を表示できます。ディスプレイ ネットワークでは、購入経路の初期段階にいるユーザーの関心を引き付けることができます。たとえば画材店を経営している場合は、ユーザーが絵の具メーカーのクチコミを読んでいるタイミングで広告を表示できます。

適切なユーザーを見つけ出せる

Google ディスプレイ ネットワークでは、数百万のウェブサイト上で適切なユーザーを見つけ出すことができます。適切な場所、適切なタイミングを狙って見込み顧客に戦略的に広告を表示できます。

  • キーワードやトピックを使って広告を表示: 広告主様が指定した「キーワード」や「トピック」に基づくコンテンツ ターゲットによって、広告主様が取り扱っている商品やサービスに関心があり、行動を起こす可能性が高いユーザーが割り出されます。
  • 広告の表示場所を選択: ディスプレイ ネットワークでは、広告を表示するページの種類やウェブサイトを選択したり、表示対象とするユーザーを設定したりできます。「手動プレースメント」を利用すれば、特定のウェブページやオンライン動画、ゲーム、RSS フィード、モバイルサイト、アプリを広告の掲載先として指定できます。また、関連性がないと思われるサイトに広告が表示されないように設定することもできます。
  • 取り扱っている商品やサービスに既に関心を示しているユーザーにアプローチ:リマーケティング」を利用すれば、広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザーなど、特定のグループのユーザーがディスプレイ ネットワーク上のウェブサイトを閲覧しているときを狙って広告を表示できます。テレビ広告のように幅広いユーザー層に対してブランド認知度を高めたいときは、「アフィニティ カテゴリ」が適しています。特定の商品やサービスの購入を積極的に検討しているユーザーにアピールするには、「購買意向の強いユーザー層」のリストを作成します。

さまざまな広告フォーマットを利用できる

ディスプレイ ネットワークでは、訴求力のあるさまざまな広告フォーマットでユーザーの関心を引き付けることができます。テキスト広告、イメージ広告、動画広告を表示し、色彩や動きで注意を引くことができます。メッセージを伝えるにはアニメーションや動画が効果的ですが、AdWords のディスプレイ広告ならそれが可能です。

目標を達成できる

ディスプレイ広告なら、ユーザーに強い印象を残せる可能性があります。ディスプレイ ネットワークは、次のような目標達成に適しています。

  • 商品やサービスの販売数を伸ばす
  • 顧客ロイヤルティを生み出す
  • ユーザーのエンゲージメントを高める
  • ブランド認知度を高める

成果を測定できる

AdWords では、目標と照らし合わせて成果を測定することができます。実際に広告が掲載されたウェブページや、最も多くのクリックを獲得している広告、最も収益性の高いサイトなどを正確に把握できます。

レポートのデータを生かしてターゲット設定や入札戦略を調整し、成果を最大限に高めることができます。たとえば、データから Google ネットワーク上のあるページでのクリックがオンライン販売や登録、電話での問い合わせ、ニュースレターの購読申し込みなどの目標達成につながる可能性が高い(または低い)と判断された場合は、自動的に入札単価が調整されるため、予算の範囲内で価値を生み出し、目標達成につなげることができます。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?