ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのターゲティングについて

Google ディスプレイ ネットワークは、Google と提携する 200 万以上のウェブサイトで構成され、リーチ範囲はインターネット ユーザーの 90% 以上にのぼります。このネットワークを掲載先に指定することで、膨大な数のウェブサイトやモバイルアプリ、動画コンテンツに広告を掲載できます。

ディスプレイ ネットワークの広範なリーチを成果につなげるためには、キャンペーンの対象を絞ることが重要です。設定やターゲティングによって、自社にとって重要なユーザーに広告を届けましょう。この記事では、ディスプレイ ネットワークにおけるターゲティング手法の概要を説明します。

ディスプレイ ネットワークでの広告の掲載先

ディスプレイ ネットワークにおける広告の表示先は、キャンペーンで使用するターゲティングの種類によって決まります。ここではさまざまなターゲティング オプションについて解説します。

ターゲティング オプション

ディスプレイ ネットワークでは、広告グループのターゲティングによって、特定のユーザー層または特定のコンテキストやコンテンツに向けて広告を表示することが可能です。

  • ユーザー層のターゲティングでは、たとえば一定の条件に合致するオーディエンス(例: 自社のサイトを訪問したことがあるユーザー、ある商品の購入を積極的に検討していると思われるユーザー)や、特定の属性に当てはまるユーザー層(例: 若い男性)を狙って広告を表示します。詳細
  • 状況に基づくターゲティングでは、キーワードやトピックを指定することで特定のコンテンツに関係するコンテキストで広告を表示したり(例: 自転車に関するコンテンツに広告を表示)、ウェブサイトを具体的に指定して広告を表示します(例: nytimes.com を手動プレースメントとして追加)。詳細

リーチ

「リーチ」とは、あるターゲティング設定において獲得可能なインプレッションの件数です。一般に、ターゲティング タイプを追加すればするほど、広告のリーチは狭まります。たとえば、家の購入を積極的に検討している女性をターゲットに設定すると(「ユーザー属性:性別:女性」、「ユーザー:購買意向の強いユーザー層:不動産」)、不動産の購買意向の強いユーザー層全体をターゲットにするより、広告のリーチは狭まります。

一方、同じターゲティング タイプの中でターゲットを追加すれば、リーチは広がります。たとえばターゲット地域として東京都を指定していたところに、新たに神奈川県を指定すれば、その分だけリーチが拡大することになります。詳細

入札単価設定

あるターゲティング手法の影響力を高めるには、そのターゲティングを基準とした入札単価調整を設定します。たとえば、子供がいるユーザーに向けて広告を表示することで特に大きな成果が期待できる場合は、入札単価調整によって子供がいるユーザーに対する入札単価を引き上げます。

自動ターゲティング

時間や手間をかけずにターゲティングを最適化したい場合は、自動ターゲティングが効果的です。自動ターゲティングなら、ターゲティングのさまざまな要素を個別に管理する必要はありません。広告主様にとって最も効果的なアプローチを、Google のシステムが自動的に探り当てます。詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。