目標コンバージョン単価制とは

この自動入札戦略を活用すると、設定した目標値の水準にコンバージョン単価を維持しつつ、コンバージョン数を最大化するように入札単価を自動的に調整できます。

注: コンバージョン オプティマイザーは目標コンバージョン単価制に改称されました

コンバージョン目標に合わせて入札単価を自動的に調整する機能はコンバージョン オプティマイザーだけではなくなったため、この入札戦略を「目標コンバージョン単価制」と改称することを決定いたしました。変更点は名称だけです。目標コンバージョン単価制を使用しているキャンペーンには、コンバージョン オプティマイザーと同じ方法が適用されます。各自動入札戦略の詳細

  • 広告掲載の主な目標がコンバージョンの獲得(購入、登録、モバイルアプリのダウンロードなど)である場合は、目標コンバージョン単価制を利用することで、より多くのコンバージョンを予算内で自動的に獲得できるようになります。また、商品の購入を促進するとともに、購入につながるクリックにかかる料金を抑えることもできます。
  • 目標コンバージョン単価制では、コンバージョン トラッキングのデータを基に収益性の低いクリックを避けることで、費用を抑えながらコンバージョンを増やすことができます。広告掲載のチャンスが生まれるたびに、キャンペーンで発生した過去のコンバージョンのデータに基づいて最適なクリック単価が自動的に計算されます。価値の高いクリックに対してはクリック単価を引き上げ、価値がそれほど高くないクリックに対してはクリック単価を引き下げます。
  • 目標コンバージョン単価制では、目標コンバージョン単価(1 回のコンバージョンに対する平均お支払い額としてご希望の金額)を設定する必要があります。目標コンバージョン単価シミュレーションを利用すると、目標コンバージョン単価の変更がコンバージョン数に及ぼす影響を推測できます。
  • 同じように購入などのコンバージョンの拡大に役立つ機能として、拡張クリック単価(eCPC)があります。主な違いは、拡張クリック単価では手動で設定した上限クリック単価に調整を加えますが、目標コンバージョン単価の場合は設定した目標のコンバージョン単価を達成できるように入札単価が自動的に生成されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。