検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

コンバージョン トラッキングを設定する

AdWords のコンバージョン トラッキングを利用すると、広告がどの程度、商品購入、申し込み、アプリのダウンロード、資料請求といったウェブサイトでの成果につながっているかを調べることができます。コンバージョンの種類によって設定方法が異なるため、コンバージョン トラッキングを設定する際には、まずコンバージョンの発生元を選択します。

この記事では、各コンバージョンの発生元について説明します。

はじめに

コンバージョン トラッキングのメリットと仕組みについては、コンバージョン トラッキングについてをご覧ください。

コンバージョン トラッキングで AdWords の成果を測定

コンバージョンの発生元を選ぶ

コンバージョン トラッキングでは、以下のコンバージョンを把握できます。各リンクをクリックして、設定方法をご確認ください。

ウェブサイト

意味: ユーザーのウェブサイトでの行動を計測します。ユーザーの行動とは、購入、資料請求、ボタンのクリックなど、ユーザーがウェブサイトで行う、広告主様にとって価値の高い行動のことです。

手順:

アプリ

意味: アプリのインストールやアプリ内の行動(購入など)を計測します。詳しくは、モバイルアプリのコンバージョン トラッキングをご覧ください

手順:

コール数

意味: 広告やウェブサイトに掲載された電話番号からの問い合わせ、モバイルサイトでの電話番号のクリックを計測します。詳しくは、コール コンバージョン トラッキングの詳細についてご覧ください

手順:

インポート

意味: 最終的にオフラインでのコンバージョン(実店舗での販売や電話注文など)につながった広告クリックを計測します。このコンバージョンを計測するには、ファイルをアップロードするか API を使ってデータを送信し、コンバージョンを AdWords にインポートする必要があります。

手順:

ヒント: 複数のコンバージョン タイプを計測する

複数の種類のコンバージョンを計測したい場合、その種類ごとにコンバージョン アクションを設定します。たとえば、ウェブサイトでの購入用のコンバージョン アクションと、広告からの電話によるお問い合わせ用のコンバージョン アクションを並行して設定することができます。

発生元が同じコンバージョン アクションを複数種類設定することもできます。たとえば、「購入」と「資料請求」の 2 種類の操作を計測したい場合、「購入」用と「資料請求」用に 2 つのコンバージョン アクションを設定します。

複数のコンバージョン アクションを計測する場合、[[コンバージョン] に含める] 設定を使って [コンバージョン] 表示項目に含めたいコンバージョンを決めることができます。詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
AdWords ご利用ガイド

AdWords の基本を学びましょう。