AdWords での費用の計算方法

  • AdWords の広告費用はご自身で自由に管理できます。
  • 費用の最低金額は決まっていません(ただし、広告を表示するには一定の広告ランクを維持する必要があります)。1 日の平均予算を設定し、予算の運用方法を選びます。

目標に合った単価制を選択する

ユーザーが Google で検索するたびにオークションが行われ、検索結果ページに表示する広告とその掲載順位が決定されます。このオークションに入札するには、まず入札単価の設定方法(単価制)を決める必要があります。利用する単価制は、広告掲載の目標(クリック重視、表示回数重視、コンバージョン数重視など)に合わせてお選びください。

Click on ad 広告のクリック数を重視

クリック単価(CPC)と呼ばれる単価制で、ウェブサイトにトラフィックを集めることを目標とする場合におすすめです。
Several ads 視認範囲のインプレッション(広告の表示回数)を重視

視認範囲のインプレッション単価(vCPM)と呼ばれる単価制で、ブランドの認知度を高めたい場合に適しています。vCPM 単価制は、ディスプレイ ネットワークのキャンペーンでのみご利用いただけます。
コンバージョン数(広告をクリックしたユーザーがウェブサイトで所定の行動をとった回数)を重視

コンバージョン単価(CPA)と呼ばれる単価制で、購入や資料請求といったコンバージョンの獲得を重視する、AdWords 上級者の広告主様におすすめです。

AdWords の基本
オークション: 表示される広告と掲載順位が決まる仕組み

単価制には複数の種類があります。以下で各単価制の詳細をご説明します。

単価制を選択

AdWords を初めて利用される広告主様のほとんどは、基本的な単価制であるクリック単価制を選びます。クリック単価制では、広告がクリックされた回数に基づいて課金されます。

クリック単価制をご利用の場合、設定いただく上限クリック単価を基に、1 回のクリックあたりの課金額が決まります。この上限クリック単価は、広告の 1 回のクリックに対してお支払いいただく上限額です(入札単価調整や拡張 CPC をご利用の場合を除きます)。ただし、実際にお支払いいただく額は、毎回の広告掲載順位を確保したり、特定の広告フォーマットで広告を表示したりするために必要な最低限の額になります(ディスプレイ ネットワーク キャンペーンに適用されるサービス手数料がある場合は、それも含まれます)。このため、実際のお支払い額は上限クリック単価よりも少なくなることがほとんどです。実際にお支払いいただく金額は、実際のクリック単価と呼ばれます。

広告の上限クリック単価を 100 円に設定したとします。(自動入札を使用しない限り)ユーザーがお客様の広告をクリックしたときにお支払いいただく金額は、最大 100 円となります。

広告費用の管理

ここまで、AdWords 費用の基本的な計算方法について説明しました。次は、費用の管理方法について説明します。

1 日の予算を設定して費用の総額を管理する
注: この動画では、最新の AdWords 管理画面のデザインは反映されていません。手順の参考にご利用ください。
ヘルプセンター動画に関するアンケートにご協力ください

1 日の予算は、広告費用として 1 日に使用できる平均額で、キャンペーンごtに設定します。予算の額は自由で、いつでも変更できます。

上限クリック単価を設定した場合、オークションを経て広告がクリックされた際に発生する料金は、上限額よりも低くなる可能性があります。つまり、広告のクリック 1 回に対して実際にお支払いいただく額(「実際のクリック単価」)は、オークションごとに異なります。実際のクリック単価はこのように変動しますが、1 日に発生するクリック費用の上限は 1 日の予算によって固定することができます。

Google ではクリック数を 1 日の予算の 20% 増まで許容しています。これを「超過分」と言います。超過分は、トラフィックが少なく広告が十分に表示されなかった日の埋め合わせになります。ただし、1 回の請求期間の請求額は、1 日の予算に 1 か月の平均日数(30.4 日)をかけた金額を超えないよう調整されます。

キャンペーンの 1 日の予算が 1 か月間を通じて 1,000 円に設定されている場合、そのキャンペーンに対するその月の請求限度額は 30,400 円(1 日の予算 1,000 円×1 か月の平均日数 30.4)になります。トラフィックが特に多い日や少ない日には、1 日の予算が 1,000 円を超えたり満たなかったりする場合もあり、こうした変動は超過分で調整されます。

入札単価を調整する

クリック単価制を利用する場合、上限クリック単価を設定する必要があります。入札単価はいつでも引き下げることができますが、実際に引き下げると、検索結果の最初のページに広告が表示されるものの、掲載順位が下がったり、ページの上部ではなく下部に表示されたり、最初のページに表示されなくなったりする可能性があります。一般的には、上限クリック単価が高いほど、ページの上位に広告を掲載できます。

ヒント

自動入札を使用すると、設定いただいた 1 日の予算内でクリック数が最大になるよう、クリック単価が自動的に調整されます。

予算を最大限に活用する

Google では、広告、キーワード、リンク先ページについて、広告が表示されたユーザーに対する関連性の高さを表す指標として、品質スコアを採用しています。通常は、品質スコアが高いほど費用が抑えられ、広告掲載順位は高くなります。

品質スコアを改善するには、質の高いキーワードを設定し、関連性の高い広告を作成します。以下に、品質スコア向上のヒントをご紹介します。

  • ユーザーが商品やサービスを検索するときに使いそうな単語やフレーズをキーワードに設定します。質が高く、関連性の高いキーワードを設定すれば、ご希望のユーザー層にご希望のタイミングで広告を表示できる可能性が高まります。
  • 設定したキーワードと、宣伝する商品やサービスの両方に関連性の高い広告を作成します。関連性の高い広告はクリック数が増え、高い順位で掲載されるため、結果として高い成果をもたらします。

上限クリック単価を 200 円に設定したとします。一方、競合他社は上限クリック単価を 300 円に設定しましたが、広告の品質は平均を下回っています。この場合、お客様の広告の方が品質が高いため、上限クリック単価は低くても、この競合他社よりもページの上位に表示されます。

AdWords の基本
関連性: 広告の品質が費用や掲載結果に与える影響
費用とお支払いの履歴を確認する

AdWords アカウントの [請求とお支払い] > [ご利用履歴] ページで、お支払いに関する情報を確認できます。毎日の広告費用やお支払いの詳細などをご覧いただけます。詳しくは、お支払い情報を確認する方法をご覧ください。

おすすめの方法

AdWords の無料ツールであるキーワード プランナーをお試しください。適切な入札単価と予算を決める際に参考になります。入札単価や予算を指定すると、キーワードのクリック数などのトラフィックの見積りが表示されるため、キーワードのおおまかな成果を予想できます。なお、キーワード プランナーで見積もることができるのは、検索ネットワークのデータに限られます。

ご不明な点については、お問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。