広告主様の身元確認を完了する

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

広告主様の身元確認を行っていただく必要のある広告主様には、確認の手順を記載したメールとアカウント内通知が届きます。この時点で提出できるのは、身元確認を求められたアカウントのみです。それ以外のリクエストは、すべて破棄されます。

選挙広告を掲載する場合は、代わりに選挙広告での適格性の確認を受けてください。広告主様の身元確認を完了しただけでは、選挙広告を掲載することはできません。

初回の確認メールは、対象となるアカウントのすべての Google 広告ユーザー、または親クライアント センター(MCC)アカウントに送信されます。

Google 広告アカウントでの広告主様の身元確認に必要な手順は、アカウントの構成、お支払い情報の設定、およびお客様が組織または個人に代わって広告を掲載しているかどうかによって異なります。

詳しい手順については、次のいずれかを選択してください。どちらを使用すべきかわからない場合は、お支払い情報の設定を確認する方法に関する記事をご覧ください。

広告主として、自分自身または自分の組織の代表者を務めている

Google 広告アカウントで自動支払いまたは手動支払いを設定している

重要

  • 広告主様の身元確認を行う必要があるのは、身元確認プロセスの開始をリクエストする通知メールに記載された Google 広告アカウントのみです。
  • 身元確認書類の提出が求められている場合は、お支払いプロファイルの管理者が提出する必要があります。
  • 身元確認の書類は 30 日以内に提出してください。この期限内に書類をご提出いただけない場合、アカウントは一時停止されます。詳細については、広告主様の本人確認と広告開示情報に関するよくある質問をご覧ください。

始める前に

各 Google 広告アカウントで行う身元確認手続きの詳しい手順は、メール通知およびアカウント内通知に記載されています。

広告主様が組織の場合:

  1. 情報を送信する前に、Google 広告のお支払いプロファイルで [アカウントの種類] が [組織] に設定されているかどうかご確認ください。

    注: Google 広告のお支払いプロファイルの「アカウントの種類」は、[請求とお支払い] ページの [設定] で確認できます。組織として確認手続きをする必要があるにもかかわらず、[アカウントの種類] が [個人] になっている(またはその逆の)場合は、確認手続きを開始する前に Google にお問い合わせください。

  2. 組織の正式名称と国名が記載された登録書類を提出するよう求められます。地域別の有効な書類はこちらでご確認いただけます。この名前と国名は、お客様が掲載するすべての広告の開示テキストに表示されます。広告の開示に関する詳細
  3. 身元確認プロセスは、Google 広告アカウントの管理者が始める必要があります。料金の支払いに使用しているお支払いプロファイルの管理者は、身元確認を完了するために、書類の提出が必要になる場合があります。お支払いサービスのユーザーに関する詳細

広告主様が個人の場合:

  1. 情報を送信する前に、Google 広告のお支払いプロファイルの [アカウントの種類] が [個人] に設定されているかどうかご確認ください。

    注: Google 広告のお支払いプロファイルの「アカウントの種類」は、[請求とお支払い] ページの [設定] で確認できます。組織として確認手続きをする必要があるにもかかわらず、[アカウントの種類] が [個人] になっている(またはその逆の)場合は、確認手続きを開始する前に Google にお問い合わせください。

  2. 身元確認用の書類を提出します。お支払いプロファイルの名前は身元確認書類の記載と一致している必要があります。地域別の有効な書類はこちらでご確認いただけます。身元確認書類に記載されている名前と国名は、お客様が掲載するすべての広告の開示テキストに表示されます。広告の開示に関する詳細

手続き方法

  1. メールまたはアカウント内通知の [開始] をクリックすると、Google 広告アカウントの [お支払い情報の設定] ページが開きます。
  2. [本人確認] の欄で [開始] をクリックすると、広告の開示テキストに名前と国名を表示することに同意するためのポップアップが表示されるので、[同意する] をクリックして、続行します。Google 広告アカウントの管理者でない場合は、身元確認を始める前に、アカウントの管理者に連絡する必要があります。
  3. 身元確認を行うよう求められるので、必要な書類を確認してアップロードし、[送信] をクリックします。書類を提出できるのは、お支払い管理者のみです。

注:

  • お支払い管理者でない場合は、アカウントのお支払い管理者に、このセクションに記載されている手順に沿って、身元確認を完了するよう依頼するメール通知を送ることができます。
  • お支払いプロファイルの名前と国名は、お客様が提出するすべての書類に記載されている名前および国名と完全に一致している必要があります。名前が一致しない場合は、ビジネス名の横にある鉛筆アイコンをクリックして、お支払いプロファイルの名前を変更してください。
  • 編集権限がない場合は、Google にお問い合わせのうえ、ビジネス名の更新を依頼していただく必要があります。

お客様の申請を Google が審査し、3~5 営業日以内に確認ステータスをメールでお知らせします。確認ステータスは、Google 広告アカウントの [請求とお支払い] の [設定] で確認できます。

Google 広告アカウントで毎月の請求書発行によるお支払いを設定している

重要

始める前に

お客様の情報は、ご利用限度額の設定プロセスで確認済みのため、追加の情報や書類を提出する必要はありません。

各 Google 広告アカウントで正式名と国名の使用を承認するために必要な手順の詳細は、メール通知およびアカウント内通知に記載されています。この名前と国名は、お客様のお支払いプロファイルに記載されている名前と国名になります。お支払いプロファイルの情報が最新でない場合は、確認プロセスを開始する前に Google にお問い合わせください。

広告の開示テキストの名前および国名は、Google 広告アカウントの管理者が確認する必要があります。

手続き方法

  1. メールまたはアカウント内通知の [開始] をクリックすると、Google 広告アカウントの [お支払い情報の設定] ページが開きます。
  2. [本人確認] の欄で [開始] をクリックすると、広告の開示テキストに表示される名前と国名を確認するためのポップアップが表示されるので、
  3. [確認] をクリックします。

注: Google 広告アカウントの管理者でない場合は、身元確認を始める前に管理者に連絡する必要があります。アカウントのアクセス権に関する詳細

身元確認が完了したことを確認するメールが届きます。お支払いプロファイルの名前と国名は、その Google 広告アカウントでお客様が掲載するすべての広告の開示テキストに表示されます。透明性と広告の開示に関する詳細

代理店または第三者として、組織または個人の広告掲載を代行している

自分が代表している代理店または第三者が、Google 広告アカウントに関連付けられたお支払いプロファイルを所有している

重要

  • 複数の組織または個人の Google 広告アカウントのお支払いを行っている場合は、認証済みのアカウントごとに確認ステップ 1 を完了する必要があります。
  • 身元確認を行う必要があるのは、身元確認プロセスの開始をリクエストする通知メールに記載されたアカウントのみです。
  • 組織または個人の代わりに確認を行うには、お客様が正式な代表者である必要があります。
  • 身元確認書類は 30 日以内に提出してください。また、身元確認プロセスは 30 日以内に完了する必要があります。この期限内に書類をご提出いただけない場合、アカウントは一時停止されます。広告主様の身元確認についての詳細

Google では、2 つのステップで身元確認を行う場合があります。ステップ 1 では、クライアントに関する情報を収集します。ステップ 2 では、代理店であるお客様の情報を収集します。

始める前に

情報をご提出いただく前に、Google 広告のお支払いプロファイルの「アカウントの種類」が「組織」に設定されているかどうかご確認ください。

Google 広告のお支払いプロファイルの「アカウントの種類」は、[請求とお支払い] ページの [設定] で確認できます。[アカウントの種類] が [個人] の場合は、確認プロセスを開始する前に Google にお問い合わせください。

手続き方法

  1. メールまたはアカウント内通知の [開始] をクリックすると、Google 広告アカウントの [お支払い情報の設定] ページが開きます。
  2. [本人確認] の欄で、[他のユーザーの代理で広告を掲載しています] をクリックして、クライアントの名前を確認します。[開始] はクリックしないでください。
  3. 広告情報の開示への同意を求められたら、[同意する] をクリックします。
  4. クリックすると、身元確認を完了するためのヘルプセンターのフォームに移動します。

注: Google 広告アカウントの管理者でない場合は、身元確認を始める前に管理者に連絡する必要があります。詳細

ステップ 1: ヘルプセンターのフォームに入力し、お客様が代理を務める広告主様に代わって必要な情報と書類をすべて提出する

  1. 選択した国は、お客様が代理を務める広告主様が登録している国であり、提出する書類の記載と一致している必要があります。この国名は、広告主様が掲載するすべての広告の開示テキストに表示されます。透明性と広告の開示に関する詳細
  2. 広告主名として提出する名前は、代理店の名称ではなく、お客様が代理を務める広告主様の名前であり、フォームを通じてご提出いただく法的文書と完全に一致している必要があります。この名前は、この Google 広告アカウントから掲載されるすべての広告の開示テキストに表示されます。
  3. 提出する登録書類には、お客様が代理を務める広告主様の名前と国名が記載されている必要があります。地域別の有効な書類はこちらでご確認いただけます。
  4. お客様の申請を Google が審査し、3~5 営業日以内にステップ 1 の確認ステータスをメールでお知らせします。

ステップ 1 が完了すると、ステップ 2 の完了を求めるメールとアカウント内通知(Google 広告アカウント上部)が届きます。

ステップ 2: アカウントに対する身元確認を完了します。正式な代表者と代理店に必要とされるすべての情報と書類(身分証明書を含む)を提出してください

注:

  • ステップ 2 では、Google 広告アカウントにリンクされているお支払いプロファイルの代理店情報を確認いたします。
  • 身元確認書類の提出が求められている場合は、お支払いプロファイルの管理者が提出する必要があります。お支払いサービスのユーザーに関する詳細
  • お支払い管理者は政府機関発行の写真付き身分証明書を提出する必要があります。地域別の有効な書類はこちらでご確認いただけます。
  • ご提出いただいた情報は、Google セーフティ センターに掲載されている Google のプライバシー ポリシーおよびセキュリティ ポリシーに従って処理されます。
  • このステップはお支払いプロファイルごとに 1 回のみ求められ、手続きはお支払いプロファイルの管理者が行う必要があります。
  • 毎月の請求書発行によるお支払いをご利用の Google 広告アカウントは、ステップ 2 が免除されます。
  1. メールまたはアカウント内通知の [開始] をクリックすると、Google 広告アカウントの [お支払い情報の設定] ページが開きます。
  2. [本人確認] の欄で [開始] をクリックすると、ポップアップが開き、代理店の身元の確認が求められます。Google 広告アカウントの管理者でない場合は、身元確認を始める前に、アカウントの管理者に連絡する必要があります。
  3. お支払いプロファイルの管理者が、代理店の身元確認書類を確認し、アップロードする必要があります。地域別の有効な書類はこちらでご確認いただけます。
  4. [送信] をクリックします。

注:

  • お支払い管理者でない場合は、アカウントのお支払い管理者に、このセクションに記載されている手順に従って、身元確認を完了するよう依頼するメール通知を送ることができます。
  • お支払いプロファイルに記載されている正式名および国名は、ご提出いただくすべての書類に記載されている正式名および国名と一致している必要があります。名前が一致しない場合は、ビジネス名の横にある鉛筆アイコンをクリックして、お支払いプロファイルの名前を変更してください。
  • 編集権限がない場合は、Google にお問い合わせのうえ、ビジネス名の更新を依頼していただく必要があります。

お客様の申請を Google が審査し、3~5 営業日以内にステップ 2 の確認ステータスをメールでお知らせします。確認ステータスは、Google 広告アカウントの [請求とお支払い] の [設定] で確認できます。

クライアントが Google 広告アカウントに関連付けられたお支払いプロファイルを所有している

重要

  • 代理店としてクライアントに代わって広告を掲載しているものの、広告費用はクライアントが支払っている場合、確認手続きはクライアントが行います。その場合、Google 広告アカウントで、[他のユーザーの代理で広告を掲載しています] ではなく [開始] をクリックする必要があります。
  • 広告主様の身元確認は、身元確認プロセスの開始をリクエストする通知メールに記載されている Google 広告アカウントについてのみ行っていただきます。
  • 広告主様の身元確認の書類は、クライアントから 30 日以内にご提出いただく必要があります。この期限内に書類をご提出いただけない場合、アカウントは一時停止されます。詳細については、広告主様の本人確認と広告開示情報に関するよくある質問をご覧ください。

手続き方法

クライアントには、「広告主として、自分自身または自分の組織の代表者を務めている」のセクションの手順に沿ってお手続きいただく必要があります。クライアントに Google 広告アカウントのアクセス権がない場合は、クライアントに代わってお客様が Google 広告アカウントで身元確認を行う必要があります。お支払いプロファイルの管理者に、Google お支払いセンターに書類を提出して身元確認を完了するよう求めるメールが届きます。

Google Ad Grants アカウントを持っている

重要

  • 複数の Google Ad Grants アカウントをお持ちの場合は、それぞれのアカウントで以下に記載された手順を完了する必要があります。
  • 身元確認を行う必要があるのは、身元確認プロセスの開始をリクエストする通知メールに記載されたアカウントのみです。
  • 組織または個人の代わりに確認を行うには、お客様が正式な代表者である必要があります。
  • 身元確認の書類は 30 日以内に提出してください。この期限内に書類をご提出いただけない場合、アカウントは一時停止されます。広告主様の身元確認についての詳細

各 Google 広告アカウントで行う身元確認手続きの詳しい手順は、メール通知およびアカウント内通知に記載されています。

手続き方法

  • メールまたはアカウント内通知の [開始] をクリックすると、Google 広告アカウントの [お支払い情報の設定] ページが開きます。
  • [本人確認] の欄で、[他のユーザーの代理で広告を掲載しています] をクリックして、クライアントの名前を確認します。[開始] はクリックしないでください。
  • 広告情報の開示への同意を求められたら、[同意する] をクリックします。
  • クリックすると、身元確認を完了するためのヘルプセンターのフォームに移動します。
注: Google 広告アカウントの管理者でない場合は、身元確認を始める前に管理者に連絡する必要があります。詳細

フォームの全項目に記入し、組織に代わって必要な情報と書類をすべて提出する

  1. 広告主名として提出する名前は、お客様が代理を務める Google Ad Grants 承認団体の名前である必要があります。この名前は、この Google 広告アカウントから掲載されるすべての広告の開示テキストに表示されます。透明性と広告の開示に関する詳細
  2. 選択した国は、お客様が代理を務める Google Ad Grants 承認団体が登録している国であり、提出する書類の記載と一致している必要があります。この国名は、広告主様が掲載するすべての広告の開示テキストに表示されます。
  3. 提出する登録書類には、お客様が代理を務める広告主様の名前と国名が記載されている必要があります。地域別の有効な書類はこちらでご確認いただけます。
  4. お客様の申請を Google が審査し、3~5 営業日以内に確認ステータスをメールでお知らせします。確認ステータスは、Google 広告アカウントの [請求とお支払い] の [設定] で確認できます。

重要

広告主様の身元確認を完了した広告主様が掲載する広告には、確認プロセスで提供された名前(またはお客様が代表する組織の名称)と国名が、Google によって自動生成される開示テキストの一部として表示されます。広告主の透明性と開示に関する詳細

お困りの場合

ポリシーについてご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false