検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

AdSense ポリシーに関するよくある質問

AdSense ポリシーは、広告主様、ユーザー、サイト運営者様のために、Google のコンテンツと検索ネットワークの安全性と健全性を維持することを目的として施行されています。Google では、AdSense にご参加いただくサイト運営者様に Google との良好な提携関係を長く続けていただけるよう願っております。そのためには、AdSense のプログラム ポリシーを十分にご理解いただくことが重要です。ページを訪れたユーザーの誤解を招くような手法や、偶発的クリックを誘発するような広告表示は避けてください。詳細については、AdSense の広告掲載に関するポリシーをご覧ください。

内容:

パート 1: サイトのコンテンツ

サイト上のコンテンツがすべて合法にもかかわらず、「アダルト コンテンツ」を含むと判断されるのはなぜですか?

AdSense は一般向けのネットワークです。アダルト向け、成人向けのコンテンツに関するポリシーの対象には、一部のユーザーにとって不適切なコンテンツも含まれる場合があります。こうしたコンテンツには、オールヌードや性行為だけでなく、露骨な性的表現が見られるコンテンツ、わいせつなポーズや挑発的なポーズを扱った画像や動画、部分的に隠されたヌード、肌が透けて見えるシースルーの衣服、ヌードで表示することが不適切な体の一部の拡大画像なども含まれます。また、性に関する健康や性行為に関する助言といったトピックも、より高度で厳格な行動規範が求められるため、成人向けに該当する場合があります。ページ上ではアダルト コンテンツがホストされていなくても、アダルトページへのリンクやサードパーティのアダルト関連広告を表示している場合は、アダルト コンテンツと見なされます。画像やテキストがアダルト コンテンツかどうか判断が付かない場合は、それが子どもに見せたくないコンテンツではないか、同僚の前で閲覧するのが恥ずかしくないかを目安にしてください。そのようなコンテンツは一般向けではないので、AdSense 広告コードを設定しないでください。

ビキニを身に付けた女性の画像はアダルト コンテンツに該当しますか?

AdSense ポリシーでは、わいせつなポーズや挑発的なポーズのほか、乳房、尻、股間の拡大表示を含む画像または動画コンテンツは、性的欲求を刺激するコンテンツと見なされます。そのため、該当のビキニの画像にわいせつまたは性的なものを暗示する印象がある場合は、アダルト コンテンツと見なされます。

アダルト サイトの名前やリンクが含まれているだけでも、ポリシー違反に該当しますか?

はい。アダルト向け、成人向けのコンテンツにトラフィックを誘導するリンクや広告が含まれているページに広告を表示することは許可されません。たとえば次のような要素を含むページには広告を表示できません。

  • アダルト サイトへのリンク
  • サードパーティ ネットワークのアダルト関連広告
ユーザーのアダルト関連のキーワード検索が原因で警告を受けましたが、そのようなキーワードに対する有効な検索結果はありません。なぜ警告を受けたのでしょうか?

有効な検索結果がない場合は、AdSense ポリシーに従い、コンテンツがないページでの広告表示を中止してください。通知メールが届いた場合は、次のように対処することが推奨されます。

  1. ただちに例に挙げられているページから広告を削除するか、そのページを削除する
  2. 検索結果がない場合は広告を表示しないよう設定する
  3. アダルト関連のキーワードに対するフィルタを設定する
アダルトやデリケートなカテゴリに属するキーワードのリストは参照できますか?

アダルト関連のキーワードのリストを提供することはできませんが、Google 検索で「キーワード フィルタ」、「コンテンツ フィルタ」といった語句で検索を行うことをおすすめします。

著作権で保護されているコンテンツへのリンク設定は、著作権に関するポリシーにも抵触しますか?

はい。収益化や配信の許可を得ていないコンテンツに広告を表示することはできません。また、そのようなコンテンツをサイトで直接ホストしていなくても、著作権に関するポリシーに明確に違反するサイト等へのリンクを設定するだけで、違反と見なされます。

ソフトウェアのダウンロードやシリアル ナンバーの提供は、著作権に関するポリシーの違反に該当しますか?

提供しているソフトウェアが所有者の許可を得ずにクラックされたものである場合は、著作権で保護されたコンテンツと見なされます。所有者の許可を得ずにシリアル ナンバーを提供することも、ソフトウェアのクラックと見なされます。

他の動画ホスティング サイトの動画を含むページに AdSense 広告コードを配置することはできますか?

その場合は 2 つのポリシーを考慮する必要があります。第一に、それらの動画を配信して収益化に利用することが、著作権に関するポリシーに抵触していないか考慮する必要があります。収益化できるのは、ご自分で所有しているか、その許可があるコンテンツのみである点にご注意ください。第二に、ユーザーに提供する価値を考慮する必要があります。AdSense 広告を表示するページでは、関連性が高い独自のコンテンツを用意することでユーザーに十分な価値を提供することが重要です。独自のコンテンツがほとんどないページに広告を表示しても価値はありません。

ブログ ホスティング サイトが提供しているデフォルトのテンプレートを使用して作成したサイトは、テンプレート サイトと見なされますか?

無料のホスト テンプレートを使用しただけではポリシー違反には該当しませんが、そのテンプレート上で提供されているコンテンツの品質と独自性は調査されます。サイトには、情報量が豊富で利便性に富み、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを用意する必要があります。同様のコンテンツ、重複するコンテンツを含む似たようなサイトが多数作成されている場合、それらのサイトはテンプレート サイトと見なされます。

ユーザーが作成したコンテンツに対して、サイト運営者は責任を負いますか?ユーザーが作成したコンテンツを監視する際のヒントを教えてください。

はい。サイト運営者様は、そのコンテンツを所有しているのか、それとも作成したのかにかかわらず、広告コードを配置しているすべてのコンテンツに対して責任を負います。ページ上にユーザーが作成したコンテンツが多数ある場合は、ポリシーに抵触するコンテンツを含むページに広告を表示することを回避するため、対策を講じることをおすすめします。たとえばフィルタを使用して、アダルト コンテンツを含むページには広告を表示しないよう設定します。また、Google 検索で「site:」演算子を使用して定期的にサイトをチェックし、ポリシーに抵触するコンテンツを削除する方法もあります。ユーザーが作成したコンテンツを管理する際のその他のヒントについては、ユーザー作成コンテンツ ガイドをご覧ください。

トップへ戻る

パート 2: 広告の設定

スクロールせずに見せる範囲に広告を表示することはポリシー違反に該当しますか?

スクロールせずに見える範囲に広告を表示しても、その範囲内に十分なコンテンツが表示されているのであれば、ポリシー違反にはなりません。コンテンツがすべてスクロールしなければ見えない位置に配置されており、初期画面では広告しか見えないようなページ レイアウトは禁止されています。これは、ユーザーがコンテンツと Google 広告を区別しにくくなるためです。

サイトに広告を配置する際、コンテンツとの区別が付きやすい適度な広告を用意するためには、どのような点に注意すればよいですか?

広告を設置する際は、常にユーザーの視点を持ちましょう。初めてページを訪問したユーザーでも広告とコンテンツを区別できるようになっているかどうかを考える必要があります。ページのデザインに合った適切な広告のサイズや色、背景を選択することが大切です。ページ上に表示される他のコンテンツとの区別が付きにくくなるような方法で広告を設定することは避けてください。意図しないクリックの発生を避けるため、広告とコンテンツを近付けすぎないよう常に注意してください。

スクロールしても画面の左右に固定されている広告を見かけることがあるのですが、これはポリシー違反に該当しますか?

そのような広告は「追尾広告」と呼ばれるもので、Google から承認されたサイト運営者のみが配置できます。適切に承認されていないサイト運営者によるこの種の広告が確認された場合は、何らかの措置を講じます。

どのようなラベルを広告の上部に追加できますか?

いかなる場合でも、ユーザーの誤解を招くような手法は禁止されています。広告上部のラベルとして許可されるのは、「スポンサーリンク」または「広告」のみです。

「ダウンロード」リンクまたはボタンの下に広告を配置してもよいですか?

「ダウンロード」ボタンの周囲に広告を配置すると、その広告がダウンロード リンクであるとユーザーに誤解させてしまう危険性があります。そのため、広告と「ダウンロード」リンクは十分な距離を置いて配置し、「ダウンロード」ボタンは見やすく配置してください。

ソフトウェアの iframe ウェブページに広告を表示することはポリシー違反に該当しますか?

はい。まず、別のページのフレーム内に広告を表示することは禁止されています。例外が認められるのは、iframe の有効な使用方法として Google から承認を得ている場合のみです。また、サイト運営者様が自身のソフトウェア内に広告を表示することも禁止されており、たとえば広告を含むウェブページと、そのページを読み込んで表示するアプリとが同じサイト運営者様によって管理されている場合、違反として対処させていただきます。

トップへ戻る

パート 3: モバイル関連

ウェブアプリ(ウェブに組み込まれているアプリ)には、AdSense と AdMob のどちらの広告コードを使用すればよいですか?

AdSense をアプリで使用することは明確なポリシー違反に該当するため、おやめください。また、AdMob を使用する際は次のポリシーにも違反しないようにしてください。ブラウザの機能を持つアプリや、外部のページをフレーム表示しようとするアプリでは、次のポリシーに注意する必要があります。まず、AdMob と AdSense の広告を同じ画面上に表示することはできません。また、外部のページのコンテンツをフレーム表示するページに Google 広告を表示するには、その外部ページの所有者に許可を得る必要があります。AdMob のポリシーについて詳しくは、AdMob ヘルプセンターをご覧ください。

トップへ戻る

 

パート 4: 収益の減額に関するよくある質問

 

サイト運営者様の収益は、さまざまな理由で減額されることがあります。アカウントで不正なクリック操作が確認された場合や、広告の掲載方法が AdSense のポリシーに違反している場合は、Google でサイト運営者様の収益を調整いたします。詳細については、ポリシーとトラフィックの品質ガイドラインに関するよくある質問をご覧ください。

収益が減額されたのはどうしてですか。
アカウントで無効なクリック操作や Google ポリシーに反する操作が確認されると、そうした操作で発生した収益が減額されます。Google では、サイト運営者様のアカウントを定期的に審査し、そのような操作が行われていないかどうかを確認しております。アカウントで不正な操作が確認された場合は、サイト運営者様の収益を調整し、不正なクリックに対して料金を支払った広告主には返金で対応します。
減額に異議を申し立てることはできますか。
申し訳ございませんが、減額に異議を申し立てることはできません。アカウントのトラフィックを調査する際には、間違いのないよう万全を期しておりますのでご安心ください。前述のように、収益の減額は、アカウントで不正なクリック操作が検出されるか、Google のポリシーに反する操作が確認されたときのみ実施されます。
収益の確定額と見積もり収益額が違うのですが、減額された理由を教えてください。
管理画面に表示される見積もり収益額は、アカウントの最近の広告掲載に対して支払われる収益をなるべく正確に見積もった金額であり、アカウントでトラフィックが発生している場合に限り表示されます。一方、収益の確定額には、有効なクリックやインプレッションに対して支払われるすべての収益が含まれています。ただし、既にサイト運営者様へのお支払いが済んでいる分について、後から無効な操作や Google のポリシーに反する操作があったことが確認されることがあります。そのような場合は、サイト運営者様のアカウントに減額を適用することにより調整いたします。AdSense の収益について詳しくはこちらをご覧ください。見積もり収益額と収益の確定額の違いについては、こちらをご覧ください。
減額が適用された期間を教えてください。
減額が適用された期間はお知らせすることができません。Google の利用規約では、請求日から 60 日前までさかのぼり、その期間に発生した無効なトラフィックについては広告主のアカウントにクレジットを適用することになっています。また、調査を完了してクレジットの手続きを開始してから、実際にクレジットがアカウントに表示されるまでには 30 日ほどかかります。
減額の原因となったチャネルやドメインなど、詳しい情報を確認することはできますか。
無効な操作の検出システムの信頼性を確保し、システムが迂回されるのを防ぐため、アカウントでどのような操作が検出されたかをお知らせすることはできません。詳細については、AdSense ポリシーに関するよくある質問をご覧ください。
再発を防ぐにはどうすればよいですか。
AdSense アカウントで無効なクリック操作が発生していないか、常に監視するようにしてください。トラフィックについては、そのソースを把握しておくことが重要です。Google では、ウェブページをアピールするために広告キャンペーンを運用することの必要性を理解していますが、そうしたプロモーション活動から生まれるトラフィックの種類を把握することも等しく重要であると考えています。ページに誘導されるトラフィックの監視には、Google アナリティクスなどのウェブ解析ツールをご利用ください。トラフィックを複数のチャネルに分けて、チャネル単位で監視するのも有効です。
不正な操作の発生が疑われる場合はどのように対応すればよいですか。{/0}
アカウントで不審な操作が検出された場合は、こちらのオンライン フォームを使用して Google までお知らせください。その際には、なるべく詳しい情報をご記入くださいますようお願いします。ご提供いただいた情報は Google で保存いたしますが、お客様のアカウントで大きな問題が見つからない場合は、返信しないこともあります。

トップへ戻る

パート 5: お申し立てと違反報告

サイトの無効化についての通知メールにあった指示に従い、例に挙げられていたページのポリシー違反を解消しましたが、ウェブサイトへの広告配信が再開されないのはなぜですか?

通知メールで例に挙げられていたページのポリシー違反を解消したとしても、同様の違反がサイト全体に残っている場合もあります。通知メールでお知らせした URL はあくまで例であり、サイト内の同様の違反箇所をすべて網羅したものではありません。そのため、サイトの他の部分にも目を通し、ポリシー違反がないか確認することをおすすめします。サイト上のすべてのポリシー違反を解消したら、ヘルプセンターからお申し立てを送信してください。

ページやサイトに広告が表示されません。解決方法を教えてください。

広告が表示されない場合のトラブルシューティングをご覧ください。ページやサイトでの一般的な問題の解決に役立ちます。

ポリシーに関する通知メールが届いた場合、AdSense チームに問い合わせるにはどうすればよいですか?

警告を受けた場合に Google までお問い合わせいただく必要はありません。警告の内容に合わせた適切な措置を講じ、サイト全体からポリシー違反を解消してください。ポリシー関連の問題でページやサイトが無効化された場合は、ヘルプセンターにある申し立てフォームからお問い合わせいただくことができます。その場合でも、お問い合わせの前に問題を解消しておいてください。ヘルプセンターで関連するポリシーの記事を読み、当面の問題について把握していただくことをおすすめします。違反に対する申し立てを提出される場合は、違反通知に対するお申し立てに関するトラブルシューティングをご覧になり、申し立てを行うための適切な手順をご確認ください。

お申し立ての送信について詳しくは、ブログ記事の Policy refresher: Appeals process(英語)をご覧ください。

アカウントが停止され、申し立てが却下された場合でも、AdSense の運用を再開できる方法はありますか?

Google では、プログラム ポリシーの遵守に関する問題を深刻に受け止めております。プログラム ポリシーは、サイト運営者様、ユーザー、広告主様にとっての利便性を高い状態に維持することを目的として施行されています。よって、Google によるこういった判断は、最終決定であることが一般的です。


今回の決定に誤りがあると思われ、ポリシー違反がお客様やお客様の監督下にある方の作為的な操作や過失によるものでないことを確信できる場合は、アカウントの無効化に対して申し立てを行うことができます。その場合は、ポリシー違反の審査 - アカウントの無効化フォームからのみお問い合わせいただけます。

お送りいただいたお申し立ては、AdSense スペシャリストが順次審査いたします。ただし、Google はプログラム ポリシーに違反するアカウントを無効にする権利を有しており、アカウントの再開を保証することはできませんのでご了承ください。

お申し立てはアカウントにつき 1 件のみとなっております。2 件目以降のお申し立ては審査されません。

自分のサイトまたはページにポリシー違反があるという指摘を受けましたが、同じ状態の他のサイトが複数あります。こういったサイトが同様の措置を受けないのはなぜですか?

Google では、すべてのサイト運営者様に対してポリシーの遵守を徹底させることで AdSense の品質と評判の維持に努めているため、ポリシー遵守の徹底に役立つお客様からのご報告は大変貴重です。ポリシー違反が見られるページやサイトを発見された場合は、広告の「Ads by Google」または「Ad Choices」ラベルをクリックして Google までご報告ください。担当者が調査し、適切な対応を取らせていただきます。

サイトがハッキングの被害を受け、ハッカーに広告コードを設定されました。解決方法を教えてください。

そのような行為については、「許可されていない広告コードがサイトに挿入されている」フォームからご報告ください。Google でその件について調査し、適切な処置を取らせていただきます。該当する広告は Google に認識されることなくお客様のウェブサイトに表示されていました。まだサイトから広告を削除していない場合は、サイトのソースから広告コードを削除すると、広告も削除されます。加えて、お客様のサイトのセキュリティを確認し、承認されていないユーザーがウェブサイトのソース コードにアクセスできないようにすることをおすすめします。

他のユーザーによって自分の広告コードがいくつかの不正サイトに設定されています。解決方法を教えてください。

そのような場合は「サイトの認証」機能を使用することをおすすめします。サイトの認証は、Google 広告コードの使用を許可しているサイトだけを識別可能にするオプション機能です。認証済みのリストに入っていないサイトまたは URL での違反行為については、お客様のアカウントに悪影響を与えることはありません。

詳細については、自分の広告コードを表示できるサイトのリストにサイトまたは URL を追加する方法をご覧ください。

トップへ戻る

パート 6: その他の関連情報

トップへ戻る

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。