通知

改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

IAB EU TCF v2.2 の実装に関するトラブルシューティング

IAB は 2023 年 5 月 16 日、IAB TCF v2.2 を発表しました。2023 年 7 月 11 日より、Google はベンダーとして、TCF v2.2 を使用した TC 文字列のサポートを開始します。この日付より前に TCF v2.2 文字列を含むリクエストが送信された場合、エラーが発生する可能性があります。
  • TCF v2.1: TCF v2.1 文字列は引き続き利用可能ですが、業界が TCF v2.2 に移行するのに合わせて、CMP(同意管理プロバイダ)の皆様には IAB ガイドラインの実装マイルストーンに沿って 実装を進めていただくことをおすすめします。
  • Google の同意管理ソリューション: Google の同意管理ソリューション(アド マネージャー、AdSense、AdMob の [プライバシーとメッセージ] タブで利用可能)では、IAB が更新した CMP による実装の期限(2023 年 11 月 20 日)に合わせ、11 月上旬までに GDPR 同意メッセージを TCF v2.2 に対応させる予定です。

IAB Europe は、IAB Tech Lab および参加企業と共同で開発してきた透明性と同意のフレームワーク v2.0 を最終決定しました。Google では現在、TCF v2.0 を完全にサポートしています。

IAB Europe の透明性と同意に関するフレームワーク v2.0 のリリースに関連するエラーや設定ミスに対応するための時間を確保する目的で、Google ではパブリッシャーに対し、検出されたエラーのレポートを提供し、150 日間の猶予期間の間にエラーを解決するよう求める予定です。


この記事では、TCF v2.2 の実装に関する次のようなエラーへの対処方法について説明します。

 


更新されたガイドライン

更新情報

一般的なエラーの修正

アド マネージャー、AdSense、AdMob でよくあるエラーの一部は、以下の方法でトラブルシューティングできます。

収益化につながっていない TC 文字列について、ユーザーからの同意の再取得を検討する
(エラー 1.1、3.1、4.1、5.1、5.2、6.1)

関連するエラー

エラー 1.1。このガイドラインは、エラー 3.14.15.15.26.1 にも適用される場合があります。

更新されたガイドライン

ユーザーの同意の再取得を検討してください。

根拠

パブリッシャーが帯域外またはグローバル スコープの文字列、無効な CMP ID(テスト用)、無効な GVL ID(テスト用)を以前に使用したことがある場合、または、Google が適切な同意のもとにベンダーとして許可されていなかった期間が実装中に少しでも存在した場合に、パブリッシャーには同意を再取得するメリットがあります。

エラー 1.1、1.2、1.3: これらのエラーが発生した場合は、大部分のトラフィックでエラーが発生しているのかどうかを確認することが重要です。トラフィックの多くの部分でエラーが発生している場合は、CMP 側の問題を検討し、Google が必要な目的においてだけでなく、同意および正当な利益のもとベンダーとして同意を得ていることを確認してください(ベンダー ID 755)。

IAB 仕様

IAB の仕様に従って、CMP では同意の文字列を 13 か月間キャッシュに保存できます。

一部の CMP では、最初の同意日を保持しつつ、保存期間を延長することで対応していましたが、これは正しい手順ではありません。同意日は同意を再取得した日とすべきで、新しい日付に設定する必要があります。
推奨: CMP が AddEventHandler からの呼び出しを 500 ミリ秒以内に返すようにする
(エラー 2.1a、2.1b、2.0a、2.0b、2.0c)

関連するエラー

エラー 2.1a。このガイドラインは、エラー 2.1b、2.0a、2.0b、2.0c にも適用される場合があります。

更新されたガイドライン

タイムアウト要件は削除されましたが、CMP の実装が AddEventListener getTCData への呼び出しを直ちに返すようになっているかどうか詳しく確認することをおすすめします。

CMP から応答がない場合、リクエストは収益化されない可能性があります。

根拠

Google は、CMP が AddEventListener 関数に直ちに応答する必要があるとする IAB の仕様を遵守しています。CMP が直ちに応答しないと、リクエストは収益化されない可能性があります。

また、CMP の応答は、広告リクエストが送信されるまでの時間に影響を与える一連のイベントの一部です。ページの読み込みから広告リクエストまでの時間を短くすると、パブリッシャーのインプレッション損失を軽減できます。

IAB 仕様

適用可能な IAB 仕様: IAB AddEventListener 仕様(GitHub)

CMP ステータスが loading で、CMP に含まれる TC データが不完全な場合でも、AddEventListener コールバックは、現在の TC データに登録され次第呼び出される必要があります。これにより、呼び出し元のスクリプトが、登録済みの listenerId にアクセスできるようになります。さらに、RemoveEventListener を使用してコールバックを削除しない限り、TC 文字列を変更するたびにコールバックを呼び出す必要があります。

ポリシー センター

アプリまたはサイトが Google の同意管理に関する要件に準拠していない場合、ポリシー センターからパブリッシャーに通知が届きます。

エラーレポート

サイトやアプリに関連付けられた TC 文字列に問題がある場合は、該当サービスの管理画面でお知らせします。エラーが発生した場合、パブリッシャーはアカウントの [EU ユーザーの同意] ページで [TCF エラーレポートをダウンロード] をクリックして、過去 7 日間に検出されたエラーの詳細レポートをダウンロードできます。

このレポートは、過去 7 日間にエラーが検出された場合にのみ利用できます。
[EU ユーザーの同意] ページと TCF エラーレポートにアクセスするには:
  • アド マネージャー: [管理者] 次に [EU ユーザーの同意] の順にクリックします。
  • AdMob および AdSense: [ブロックのコントロール] 次に [EU ユーザーの同意] の順にクリックします。

レポートには、検出された各エラーに関する次の情報が含まれます。

  • ドメイン / MobileAppID: 不適切な設定が検出されたサイトまたはモバイルアプリ。
  • 広告ユニットのパス: エラーに関連付けられている広告ユニット。
  • エラーコード: エラーに割り当てられたコード。
  • エラー数: 前週に検出されたエラーを含むクエリの数。
  • 最終検出日: エラーが最後に検出された日付。

パブリッシャーは、レポート上のエラーコードを次のトラブルシューティング表に照らし合わせ、エラー解決のために推奨される措置を調べることができます。

トラブルシューティング

パブリッシャーが IAB TCF v2.2 の統合を適切に設定できるように、一般的な TC 文字列のエラーの種類と推奨される対応策を下の表にまとめました。

この表を参照して、広告リクエストのレベルで発生する問題と、問題発生時のシステムの動作を確認してください。

制限付き同意のシナリオ

これらの 3 つのシナリオは、リクエストに複数のエラーがある場合でも、不適切な設定エラーよりも常に優先されます。

シナリオ 説明 推奨される措置
1.1 同意または正当な利益のもとで、Google がベンダーとして許可されていません。 ユーザーが意図的に Google をベンダーとして拒否したかどうか、CMP の実装エラーが発生したかどうか、またはパブリッシャー向け制限コンテンツがあるかどうかを確認します。
1.2 EEA 加盟国と英国で、目的 1 への同意がありません。

ユーザーが目的 1 を意図的に許可しなかったのか、それとも CMP 実装エラーが原因なのかを確認します。

スイスのパブリッシャーは、ユーザーに同意を求めない場合、PublisherCC フィールドと PurposeOneTreatment フィールドを正しく設定する必要があります。
 

ドイツの電気通信およびテレメディア データ保護法に基づく、ドイツから送信された広告リクエストの PurposeOneTreatment は、2021 年 12 月より対応いたしません。

1.3 目的 1 について同意が得られているが、基本広告の法的根拠がありません。

ユーザーが他の目的での正当な利益を拒否したのかどうか、または CMP の実装エラーが原因で発生したものかどうかを確認します。

不適切な設定

不適切な設定エラーがあると、広告リクエストに対して広告が返されません。

エラー 説明 推奨される措置
2.1a CMP ステータスが stubloading、または error であるため、タグまたは SDK が TC 文字列を受信していません。

広告をリクエストするのに手動で関数を呼び出している場合は、getTCData に対するレスポンスが TCData.eventStatus = 'tcloaded' または 'cmpuishown' + 'useractioncomplete' であることを確認してください。これらのステータスは、CMP が同意の選択肢をユーザーに提供できる状態にあることを示しています。

広告をリクエストする関数を手動で呼び出していない場合は、CMP で getTCData のサポートが実装されており、TCData.eventStatus = 'tcloaded' または 'cmpuishown' + 'useractioncomplete' が返されることを確認してください。これらのステータスは、ユーザーの同意が API を介して使用できる状態であることを示しています。

2.1b

次の両方の条件が満たされています。

  • CMP により &gdpr=1 に設定されている
  • &gdpr_consent= がリクエストに含まれているが、TC 文字列が空になっている。
IAB TCF 技術仕様に基づいて API が適切に実装されているかどうか、CMP に確認します。
2.0a

TC 文字列が base64 でエンコードされていないため、解析できません。

例: “2”

CMP(またはパブリッシャー)は、gdpr_consent= パラメータで base64 エンコード データのみを送信する必要があります。
2.0b

デコードエラーのため、TC 文字列を解析できません。

例: ビット数が正しくない

CMP が TC 文字列の実装エラーを解決する必要があります。
2.0c

データエラーのため、TC 文字列を解析できません。

例: タイムスタンプが間違っている、ベンダー ID が大きすぎる
 

CMP が TC 文字列の実装エラーを解決する必要があります。

TC 文字列に関する問題

広告リクエストに関連付けられた TC 文字列に問題がある場合、広告リクエストは削除され、広告が配信されなくなります。

エラー 説明 推奨される措置
3.1 CMP ID が無効です。

IAB 検証済みの CMP を使用していること、その CMP の ID が TC 文字列に正しく設定されていることを確認します。

TC 文字列の生成時に有効だった CMP が IAB によって削除された場合は、有効な CMP を使用して同意を再取得する必要があります。

3.2 使用されなくなりました。 なし。使用時の意味: TC 文字列の作成日が 13 か月以上前です。

同意の再取得が必要

ユーザーから同意を得る必要があります。13 か月以上前にユーザーから同意を得ているか、Google がまだ含まれていない GVL のバージョンを使用している場合は、ユーザーの同意を再取得する必要があります。同意が得られなかった場合、広告リクエストは削除され、広告が配信されなくなります。

エラー 説明 推奨される措置
3.3 TC 文字列の最終更新日が 13 か月以上前です。

CMP が、古い TC 文字列を削除して同意を再取得する必要があります。

CMP で無効になったユーザーの同意を再取得する前に、期限切れの TC 文字列を含む広告リクエストが送信された場合、こうしたエラーが少数発生する可能性があります。

アプリで Google の同意管理ソリューションと UMP SDK を使用している場合は、UMP SDK が正しく実装され、requestConsentInfoUpdate がアプリの起動時に毎回呼び出されていることを確認してください。

4.1 TC 文字列が、まだ Google が含まれていない GVL のバージョンを使用して生成されています。 最新バージョンの GVL を使用して同意を再取得します。

グローバル スコープと帯域外スコープ

グローバル スコープと帯域外スコープ(アド マネージャーAdMobAdSense)に関する問題がある場合です。TC 文字列が「帯域外」または「グローバル スコープ」を示している場合、広告は配信されません。

エラー 説明 推奨される措置
5.1 TC 文字列で帯域外の同意が許可されています。 TC 文字列から帯域外シグナルを削除するよう CMP に指示します。
5.2 グローバル スコープの TC 文字列です。 サービス固有の文字列に更新するよう CMP に指示します。

制限付き広告の配信

制限付き広告が配信されます。

エラー 説明 推奨される措置
6.1 TC 文字列バージョンが 1 または 1.1(v1.0 文字列)です。 CMP が TCF v2.2 文字列を送信する必要があります。

Google が問題に対処

この問題が発生した場合、必要に応じて Google が自ら問題に対処し、通常の TCF の手続きに進みます。

エラー 説明 推奨される措置
7.1 gdprApplies が定義されていないか、無効または判読できない値に設定されていますが、有効な TC 文字列が存在します。 なし
7.2 TC 文字列が、Google の広告配信技術で認識されている現在のバージョンよりも新しい GVL バージョンで生成されています。 なし
7.3 範囲外(不明)の目的、機能、ベンダーがあります。 なし
7.4 TC 文字列の tcf_policy_version が、最新の GVL よりも古いものです。 CMP が、古い TC 文字列を削除し最新の GVL を使用して同意を再取得する必要があります。
7.5

リクエストに &gdpr=1 が含まれていますが、リクエスト URL に &gdpr_consent パラメータがまったく含まれていません。

なし
7.6 パブリッシャーの国コードが無効ですが、目的 1 への同意はあります。 CMP が TC 文字列の実装エラーを解決する必要があります。
7.7 言語コードが無効です。 CMP が TC 文字列の実装エラーを解決する必要があります。
7.8 TC 文字列のバージョン フィールドが 1 でも 2 でもありません。

無効な TC 文字列が検出された場合は、CMP が同意を新たに取得して、TC 文字列の実装エラーを解決する必要があります。

アプリで Google の同意管理ソリューションと UMP SDK を使用している場合は、UMP SDK が正しく実装され、requestConsentInfoUpdate がアプリの起動時に毎回呼び出されていることを確認してください。

7.9 AC 文字列のバージョンが 1 でも 2 でもありません。 CMP が AC 文字列のバージョンを 1 または 2 に設定する必要があります。

AC 文字列に関する問題

この種類のエラーが発生する場合、Google は追加同意(AC)文字列を無効として処理し、TC 文字列以外で追加されるベンダーは対象外となります。

エラー 説明 推奨される措置
8.1 AC 文字列で、バージョンの区切り文字(~)が使用されていません。 CMP は、AC 文字列の 2 番目の文字として「~」を使用し、同意済みのベンダーのリストとバージョン番号とを区切る必要があります。
8.2 AC 文字列に、適切な形式(「.」で区切られた int64 のリスト)に従っていないベンダーリストが含まれています。 CMP が AC 文字列の実装エラーを解消する必要があります。

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Show your support to promote DEI in Gaming by turning intentions into action!

Check out the newly launched Diversity in Gaming website, where you can find video stories and written pledges from global gaming developers. This campaign centers on 3 pillars: diverse teams, diverse games and diverse audiences showing how diversity is not just good for gamers, but for business as well. Show your support by taking the pledge to promote DEI in Gaming and share it on social!

Learn More

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー