通知

改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

ポリシー

AdSense プログラム ポリシー

すべてのパブリッシャー様には、Google パブリッシャー向けポリシーおよび以下のポリシーを遵守していただく必要がありますので、よくお読みください。Google が許可しないポリシー違反があった場合、Google はサイトへの広告配信を停止したり、AdSense アカウントを無効にしたりする権利をいつでも行使できます。アカウントが無効になると、AdSense プログラムにはご参加いただけなくなります。

ポリシーは変更される可能性がありますので、更新情報は随時ご確認ください。オンラインの利用規約に記載のとおり、パブリッシャー様にはご自身の責任で、ここに記載される最新のポリシーを常に確認し、遵守していただく必要があります。ポリシーの遵守に関して例外が認められるのは、Google から承認を得ている場合に限られます。

Google パブリッシャー向け制限コンテンツに該当するコンテンツが含まれるページには、AdSense コードを配置してもかまいませんが、そうしたコンテンツでは、制限対象でない他のコンテンツよりも広告配信が少なくなる可能性があります。

すべて開く すべて閉じる

無効なクリックとインプレッション

パブリッシャー様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数クリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

詳細

Google 広告のクリックは、ユーザーの純粋な関心に基づいて行われる必要があります。Google 広告を作為的にクリックまたは表示する行為は固く禁止されています。禁止されている行為には、反復的な手動のクリックや表示、クリックや表示を自動生成するツールの使用、ロボットや不正なソフトウェアの使用などがありますが、これらに限定されません。パブリッシャー様がご自身のサイトに表示される広告をクリックする行為は、どのような理由があっても認められません。

クリックや表示を促す(リワード広告枠以外)

リワード広告枠を除き、パブリッシャー様がご自身の広告をクリックしたり表示したりするようユーザーに促すこと、およびクリック数や表示数を増やすために不正な方法を使うことは禁止されています。これには、広告の閲覧や検索に対してユーザーに報酬を提供すること、そうした行為に対して第三者に支払いを約束すること、および個々の広告の横に画像を配置することなどが含まれますが、これらに限定されません。

詳細

ユーザーと広告主の良質なエクスペリエンスを確保するため、AdSense プログラムに参加するパブリッシャー様には次の行為が禁止されています。

  • 広告の閲覧や検索に対してユーザーに報酬を提供すること、またはそうした行為に対して第三者に支払いを約束すること。
  • 「広告をクリック」、「ご協力ください」、「これらのリンクへアクセス」、またはその他の類似表現を使用して、Google 広告をクリックするようにユーザーを誘導すること。
  • 矢印またはその他の画像やレイアウトを使用して、広告にユーザーの注意を向けさせること。
  • 広告の近くに誤解を招くような画像を表示すること。
  • フローティング ボックス スクリプト(コンテンツなどの上に表示されるウィンドウのようなボックス型の表示領域で、通常はマウスなどで移動できるもの)に広告を表示すること。
  • ページの他のコンテンツと見分けがつかないような広告のデザインやレイアウトを使用すること。
  • 広告と見分けがつかないようなデザインやレイアウトを、サイトで使用すること。
  • Google の広告ユニットの上に誤解を招くようなラベルを表示すること。たとえば、「スポンサーリンク」や「広告」は使用してもかまいませんが、「お気に入りサイト」や「本日の特典」などの表現は使用できません。

トラフィック ソース

特定のソースからのトラフィックが発生しているページには、Google 広告を表示できません。たとえば、AdSense パブリッシャー様が有償クリック プログラムに参加したり、不特定多数のユーザーに迷惑メールを送信したり、ソフトウェア アプリケーションで行われる操作に応じて広告を表示したりすることはできません。また、パブリッシャー様がオンライン広告を使用している場合、すべてのページで Google のランディング ページの品質に関するガイドラインに準拠する必要があります。

詳細

インターネット ユーザーおよび Google の広告主の良質なエクスペリエンスを確保するため、Google 広告を表示するサイトでは次のことが禁止されています。

  • 有償クリック、有償閲覧、自動誘導、クリック交換プログラムなど、クリックやインプレッションを生み出す第三者のサービスを使用すること。
  • 不特定多数のユーザーに迷惑メールを送信したり、第三者のウェブサイトに迷惑な広告を掲載したりして販売の促進を図ること。
  • ツールバーなどのソフトウェア アプリケーションで行われる操作によって、Google 広告、検索ボックス、検索結果を表示させること。
  • ポップアップを表示したり、不適切なウェブサイトにユーザーを転送したり、ブラウザ設定を変更したり、サイトでの操作を妨げたりするソフトウェアを使って、サイトを読み込むこと。広告ネットワークまたはアフィリエイトがこうした方法でパブリッシャー様の AdSense コードを含むページにトラフィックを集めないようにすることは、パブリッシャー様ご自身の責任です。
  • Google のランディング ページの品質に関するガイドラインに準拠していないサイトでオンライン広告を掲載してトラフィックを集めること。たとえば、広告に記載される内容を、ランディング ページでユーザーが簡単に見つけられるようにしなければなりません。

広告の動作

パブリッシャー様は、広告の掲載結果を作為的に高めたり、広告主様に損害を与えたりすることがない場合に限り、AdSense 広告コードに変更を加えることができます。詳しくは、AdSense 広告コードの修正に関する説明をご確認ください。

広告のプレースメント

Google では、パブリッシャー様に広告のさまざまなプレースメントやフォーマットを検証するようおすすめしています。ただし、AdSense コードをポップアップ上、メール内、ソフトウェアの内部など、不適切な場所で使用することはできません。また、利用する各サービスのポリシーを遵守していただく必要があります。詳しくは、広告のプレースメントに関するポリシーをご覧ください。

広告のプレースメントに関するポリシーの全文を読む

Google 広告、検索ボックス、検索結果については、次の行為が禁止されています。

  • その種類にかかわらず、ツールバーなどのソフトウェア アプリケーション(AdMob はこれに該当しない)に組み込むこと。
  • ポップアップまたはポップアンダーに表示すること(Google 広告、検索ボックス、検索結果を含むページが、ポップアップやポップアンダーで読み込まれる場合も含む)。
  • メール内に組み込むこと、またはメールの内容が主なコンテンツであるウェブページに組み込むこと。
  • 主なコンテンツが動的なもの(チャット、インスタント メッセージ、自動更新コメントなど)であるウェブページに組み込むこと。
  • コンテンツがないウェブページに組み込むこと(検索向け AdSense とモバイル検索向け AdSense では可能)。
  • 広告表示のみを目的として公開されているページに組み込むこと。
  • ロゴや商標またはその他のブランド要素を不適切に使うことで、Google と関係があるとユーザーを誤解させる可能性があるコンテンツや URL を含むページで使用すること。
  • 他の Google サービスのポリシーに違反する形で、そのサービス上、サービス内部、サービスの横で使用すること。
  • コンテンツをフレーム処理するページに組み込むこと。サイトやアプリ上のフレームまたはウィンドウ内に、他者のサイトがそのコンテンツの所有者の許可なく表示されている場合、他者のコンテンツをフレーム処理していると見なされます。

サイトの動作

Google 広告を表示するサイトは、ユーザーが簡単に閲覧できるものでなければなりません。ユーザーの設定の変更、求められていないウェブサイトへのユーザーのリダイレクト、ダウンロードの開始、マルウェアの組み込み、ユーザーの操作を妨げるポップアップやポップアンダーの表示は禁止されています。

操作性に問題があるサイト

クリック数や視聴回数を獲得する目的でメニュー、ナビゲーション、ダウンロード リンクと誤認させるような形で広告を掲載するといった、不正な方法を使用することは禁止されています。現在の広告掲載が広告のプレースメントに関するポリシーに準拠しているかどうかを確認することは、各パブリッシャー様の責任となりますのでご注意ください。

これには以下のようなコンテンツが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

  • 虚偽のダウンロード / ストリーミング配信コンテンツの提供を謳っている
  • 存在しないコンテンツにリンクしている
  • 無関係なページや誤解を招くページにユーザーをリダイレクトしている
  • その他、ユーザーを欺くことを目的とした誘導
  • ナビゲーション用機能であると直感的に認識されるような配置で広告が表示されるページ

アプリのウェブ コンテンツ表示フレームの技術要件

ウェブ コンテンツ表示フレームを介して AdSense とアド マネージャーのディスプレイ広告を掲載して収益化するには、次のいずれかの統合オプションを使用する必要があります。

  1. WebView API for Ads
    アプリ デベロッパーは、WebView API for Ads を統合して、WebView インスタンス(Android: WebView、iOS: WKWebView)を Google Mobile Ads SDK に登録することをおすすめします。

    デベロッパー向けドキュメント詳しくは、デベロッパー向けドキュメント(Android 用iOS 用)をご覧ください。

    AdMob およびアド マネージャーのアプリ内広告は、Google Mobile Ads SDK が使用されていて、パブリッシャー様が他のすべての関連するプログラム ポリシーとガイドライン要件を遵守している場合に限り、WebView の横にあるアプリで表示できます。

    なお、WebView のコンテンツには、ブラウザの場合と同じコンテンツ ポリシー要件が適用されます。
  2. サポートされているその他の表示フレーム:

デリケートな事象

「デリケートな事象」とは、Google が質の高い的確な情報と実証データを提供する能力、および Google が著名な収益化対象機能から配慮に欠けたコンテンツや搾取的なコンテンツを減らす能力に対して、重要なリスクをもたらす不測の事象や出来事です。デリケートな事象が起きている間、Google はこうしたリスクに取り組むためにさまざまなアクションを取る場合があります。

プロダクト固有のポリシー

最終更新日: 2024 年 2 月 9 日

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Show your support to promote DEI in Gaming by turning intentions into action!

Check out the newly launched Diversity in Gaming website, where you can find video stories and written pledges from global gaming developers. This campaign centers on 3 pillars: diverse teams, diverse games and diverse audiences showing how diversity is not just good for gamers, but for business as well. Show your support by taking the pledge to promote DEI in Gaming and share it on social!

Learn More

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
7575957920228883863
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true