ピクセルタグに基づいて自社セグメントを構築する

広告を配信せずにセグメントにユーザーの情報を収集する

Google アド マネージャー 360 でのみご利用いただけます。

オーディエンス ソリューションは Google アド マネージャー 360 の機能の 1 つで、ネットワークによってはこの機能が有効になっていない可能性があります。

1x1 の透明なオーディエンス ピクセルタグをサイトまたはモバイルアプリに追加する方法により、広告を配信せずに自社オーディエンス セグメントを作成します。このピクセルタグは追加費用を支払わずに使用できます。アド マネージャー インプレッションの配信について課金されることはありません。たとえば、ピクセルタグを使用すると、購入レジのページにはアクセスしても購入確認のページまでは進まないユーザーをトラッキングできます。

オーディエンス ピクセルの使用方法

  • 広告タグがないときに、サイトページまたはアプリの領域にアクセスしたユーザーの情報を収集する
  • 第三者のサイトまたはアプリ(たとえば広告主のランディングページ)からユーザーの情報を収集する
  • 特定のクリエイティブを目にしたユーザーの情報を収集する(ピクセルをクリエイティブ コードに埋め込む)
オーディエンス ピクセルは、独自の広告枠から収集したユーザーの情報の収集には使用しないでください。
1 つのセグメントへのデータの入力では、独自の広告枠かピクセルのどちらかを使い、両方は使用しないことをおすすめします。広告枠とオーディエンス ピクセルを使ってユーザーの情報を収集する必要がある場合は、[行動] ターゲティングで、2 つのセグメントを含む第 3 のセグメントを作成できます。

ウェブとモバイルアプリでユーザーの情報を収集する

ウェブとモバイルアプリの両方に、同じピクセルタグ プロセスを使用して自社セグメントを作成できます。ただし、Cookie やモバイル広告 ID(AdID または IDFA)を追加する方法が異なることがあります。

  • ピクセルタグに含まれる固有の広告ユニットや Key-Value に一致する Cookie は、自動的にセグメントに追加されます。
  • モバイル広告 ID は、モバイルアプリのデベロッパーがコンバージョン トラッキング SDK を使用している場合にのみ、自動的に追加されます。SDK を使用しないでモバイル広告 ID を渡す方法について

オーディエンス セグメントには、Cookie やモバイル広告 ID の代わりにサイト運営者指定の識別子(PPID)を使用することもできます。PPID を使うと、デバイス間で一貫した識別子を使用できます。詳細

特定の広告を見たユーザーの情報を収集する

オーディオ ピクセルタグをカスタマイズしてカスタムまたは第三者のクリエイティブ コード スニペットに含めて、そのクリエイティブを見たユーザーの情報をオーディエンス セグメントに追加できます。

<img src="http://pubads.g.doubleclick.net/activity;dc_iu=/{ad-manager-network-code}/DFPAudiencePixel;ord=1;dc_seg={segment_ID}?" width=1 height=1 border=0/>

オーディエンス ピクセル セグメントを作成する

オーディエンス ピクセルタグを使用するには、アド マネージャーで自社セグメントを作成します。各オーディエンス ピクセルでは特定のユーザー アクティビティがトラッキングされるため、オーディエンス ピクセルタグごとにセグメントを作成することをおすすめします。そうすると、アクティビティごとに個別のレポートを作成できます。

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [広告枠] 次に [オーディエンス] をクリックします。
  3. [新しいオーディエンス セグメント] をクリックします。
  4. セグメントの [名前] と [説明] を入力します。
  5. 右上の [有効] はデフォルトのセグメントのステータスです。
  6. (省略可、ただし推奨)セグメントに「カテゴリ」を割り当てます。
  7. [オーディエンス ピクセル セグメント] を有効にします。

    このオプションを選択すると、「DFPAudiencePixel」という名前の新しいトップレベルの広告ユニットが作成されます(この広告ユニットが存在しない場合)。また、[行動] セクションには、必要な広告枠と Key-Value のターゲティングが入力されます。デフォルトのターゲティングの値は削除しないことをおすすめします。別のターゲティングが必要な場合は追加できます。セグメントを保存すると、セグメント ID 値が割り当てられます。

    ネットワークでチームを使用している場合、「DFPAudiencePixel」広告ユニットをターゲットとするオーディエンス ピクセル セグメントを作成するには、チームとこの広告ユニットを関連付けておく必要があります。
  8. メンバーシップ条件を定義します。

    ユーザーがページまたはアプリの領域を表示したら必ずセグメントに追加されるように、セグメントへの追加はページビューまたはアプリの操作 1 回を条件にすることをおすすめします。このメンバーシップ条件の値としては、以下のものが自動的に設定されます。この値は、必要に応じて変更できます。

         ページビュー数: 1

         期限: 1 日(メンバーシップに必要なページビューは 1 回だけなので、どの値を設定しても関係ありません)

         メンバーシップ有効期間: 30 日間(デフォルト、他の値も選択できます)

  9. [保存して入力] をクリックします。
  10. 画面上部のメッセージに表示される [オーディエンス ピクセルタグを取得] をクリックします。オーディエンス ピクセルタグをコピーしてサイトまたはアプリに追加します。

オーディエンス ピクセルタグを作成する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [広告枠] 次に [オーディエンス] 次に [オーディエンス セグメント] をクリックします。
  3. [新しいオーディエンス セグメント] をクリックします。
  4. セグメントの名前を入力します。
  5. (省略可)セグメントの説明を入力し、カテゴリを選択します。
  6. [オーディエンス ピクセル セグメント] を有効にします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. 目的のオーディエンス セグメントの名前を検索してクリックします。
  9. [タグを作成] をクリックします。
  10. [タグをコピー] をクリックし、生成されたコードをデベロッパーに送付してコンテンツに実装してもらいます。

関連トピック

サイト運営者指定の識別子(PPID)を追加する

オーディエンス セグメントに、Google マーケティング プラットフォーム Cookie またはモバイル広告 ID の代わりにサイト運営者指定の識別子(PPID)を使用する場合は、手動で ppid パラメータを追加します。タグは次のようになります。

<script type='text/javascript'>
var axel = Math.random() + '';
var a = axel * 10000000000000;
document.write('<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;dc_iu=/network_code/DFPAudiencePixel;ord=' + a + ';dc_seg=segment_ID;ppid=our_ID?" width=1 height=1 border=0/>');
</script>
<noscript>
<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;dc_iu=/network_code/DFPAudiencePixel;ord=1;dc_seg=ppid=your_ID?" width=1 height=1 border=0/>
</noscript>

オーディエンス ピクセルの予測

広告タグと同様に、オーディエンス ピクセルタグも、完全な広告枠予測の作成に十分なデータを収集するまでに 28 日かかります。予測に必要な Cookie またはモバイル広告 ID の数については特に要件はありません。

キャンペーンを開始してすぐ予測データのレポートを作成するには、キャンペーン開始の 28 日前までにオーディエンス ピクセルをサイトまたはアプリに設定します。また、ピクセルタグで呼び出す広告タグをターゲティングしたオーディエンス セグメントを必ず作成しておきます。

第三者ウェブサイトにオーディエンス ピクセルを配置している場合は、ネットワーク外のウェブサイトでセグメント メンバーシップが収集されることになるため、予測結果は最初のうち不完全で精度の低いものになります。第三者ピクセルタグとオーディエンス セグメントの導入から 30 日が経過する頃には利用可能なデータ量が増え、この機能の精度は通常のレベルに近づきます。したがって、第三者ピクセルタグと関連するオーディエンス セグメントはできるだけ早く導入することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。