Google サイト運営者タグ(GPT)スタート ガイド

Google サイト運営者タグの概要

Google サイト運営者タグ(GPT)は広告タグ設定のライブラリで、これを使って動的に広告リクエストを作成できます。GPT は、広告ユニットコード、広告サイズ、Key-Value といった主要な情報の取得、リクエストの作成、ウェブページやモバイルアプリへの広告表示を行います。

GPT を使うと、ページ上の個々の広告に同じターゲティングを定義する代わりに、ターゲティングなどの共通設定をページ単位で定義できます。また、広告リクエストを作成する方法とタイミングも設定できます。たとえば、ページ上の他の要素の読み込みも同時に行われるように、広告を非同期でレンダリングすることができます。シングル リクエスト アーキテクチャを利用すれば、ページのヘッダーですべての広告を一度に呼び出すことができます。

GPT のメリット

Google サイト運営者タグを使用すると、さまざまなメリットがあります。

  • マルチレベルの広告枠階層: Google サイト運営者タグを使用すると、アド マネージャーの管理画面で細かい分類の広告枠を指定できます。マルチレベルの階層により、サイト コンテンツに基づく具体的なターゲティングを作成できるようになります。詳細
  • ページ読み込み時間の短縮: 非同期の JavaScript タグを使用すると、アド マネージャー サーバーから JavaScript が返されるのを待つことなくページがレンダリングされ、サーバーからクリエイティブが返されたときに広告が iframe に読み込まれます。詳細
  • Google サイト運営者コンソール: Google サイト運営者タグを含んでいるすべてのページで、Google サイト運営者コンソールというデバッグとサポート用の組み込みのツールを使用できます。詳細
  • シングル リクエスト アーキテクチャ(SRA): 広告リクエストを 1 つずつアド マネージャー サーバーに送信する代わりに、1 回のリクエストでページ上のすべての広告ユニットの情報をブラウザからサーバーに送信できます。これは推奨されるリクエスト モードです。SRA を使用すると、高度なロードブロッキング表示が可能になり、ページの読み込み時間が短縮されます。詳細
  • インタースティシャル用の自動設定: タグがページ外ユニット用であることをアド マネージャーで指定すると、それに応じたコードが自動的に追加されます。コードを手動で追加する必要はありません。詳細
  • SafeFrame 機能: SafeFrame 技術により、ページ コンテンツと広告の間の透過的でリッチな通信が実現します。サイト運営者側ではこの通信を制御でき、機密データへの外部からのアクセスを防止できます。詳細
  • レスポンシブ デザインのサポート: GPT を使用して、サイトにアクセスするユーザーのブラウザに応じたレスポンシブ広告を作成できます。これにより、PC、タブレット、スマートフォンなど、どのような環境でも最適に広告が表示されます。詳細
  • 自動キャッシュ無効化: ページビューに対応する広告リクエストが GPT で作成されるときには、自動的に「correlator」値が含められます。タグにキャッシュ無効化の値を手動で挿入する必要はありません。* 詳細
    * 新しいページビューをシミュレートする必要がある場合は、correlator 値を更新することもできます。詳細

GPT の仕組み

Google サイト運営者タグは、ネットワークで利用可能な広告スロットを定義するために使用します。ページにタグを挿入すると、広告サーバーとユーザーのブラウザがこのタグによって通信できるようになります。Google サイト運営者タグを含むページがレンダリングされると、次の順序でイベントが発生します:

  1. ユーザーのブラウザから広告サーバーに対して、タグを設定している JavaScript の gpt.js がリクエストされます。

  2. タグ設定 JavaScript により、ページのタグに設定されている広告のリクエストが作成され、広告サーバーに送信されます(SRA が有効かどうかによってリクエスト数は異なります)。

  3. リクエストに含まれている広告ユニットと Key-Value が広告サーバーで認識されます。

  4. 広告サーバーで最適な広告が選択され、その広告が返されます。

  5. 広告タグに関連付けられた JavaScript コードにより、ページに広告が表示されます。

GPT とセキュアページ(https://

GPT は、URL が「https://」で始まるセキュアなウェブページに自動的に対応します。セキュアページに配信するためにタグを修正する必要はありません。

HTTPS とは、HyperText Transfer Protocol Secure(ハイパー テキスト転送プロトコル セキュア)の略です。これは、TLS(トランスポート層セキュリティ)プロトコルと SSL(セキュア ソケット レイヤ)プロトコルの上層にある通信プロトコルです。TLS / SSL プロトコルは、第三者によるデータの改ざんや傍受を防ぐため、サーバーとクライアント間の通信の特定要素を暗号化する役割を果たします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。