カスタム ディレクトリを作成する

Example of user visibility for a Custom DirectoryG Suite 管理者はカスタム ディレクトリを作成することで、どのユーザーが仕事用ディレクトリに表示されるようにするかを指定することができます。カスタム ディレクトリを使用すると、オートコンプリート リストや検索に表示するユーザーを限定できます。さらに、ユーザーが誰のプロフィール情報を表示できるかを制御することができます。

たとえば、正規従業員用のディレクトリと臨時従業員用のディレクトリを別々に作成することができます。

始める前に

カスタム ディレクトリを作成するまで、プロフィール情報を表示しない場合は、グローバル ディレクトリをオフにします

手順 1: 組織部門を追加する

選択したグループのユーザーにのみディレクトリを表示するには、そのグループのユーザーを組織部門に移動します。たとえば、臨時従業員用のディレクトリとは別のディレクトリに正規従業員をアクセスさせるには、これらの従業員のグループを別々の組織部門に配置します。

詳しくは、組織部門を追加するを参照してください。

手順 2: グループを作成する

カスタム ディレクトリにユーザーを含めるには、Google グループを使用して、そこにユーザーを追加します。たとえば、正規、時間給、臨時の従業員用に個別のグループを作成することができます。

グループを作成して管理するには、次のいずれかの操作を行います。

ヒント: 組織のユーザーがグループのメンバーを確認できないようにするには、グループのアクセスレベルを [制限付き] に設定します。

手順 3: カスタム ディレクトリを作成する

連絡先の共有が有効になっている場合、組織内のすべてのユーザーがグローバル ディレクトリの対象になります。組織の特定のユーザー グループに対して表示するユーザー情報を制御するには、カスタム ディレクトリを作成して、ユーザーのサブセットをそのディレクトリに含めます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、メニュー アイコン メニュー アイコン 次に [ディレクトリ] 次に [ディレクトリ設定] にアクセスします。
  3. [ディレクトリ] ページで、[公開設定] をクリックします。
  4. 左側で、ディレクトリを作成する組織部門を選択します。
  5. [ディレクトリの公開設定] で [カスタム ディレクトリ内のユーザー] を選択します。
  6. 下部の [新規作成] をクリックします。
  7. ディレクトリ名を入力します。
  8. [グループを含める] で、カスタム ディレクトリに含めるグループの横にあるチェックボックスをオンにします(特定のグループを見つけるには、グループの名前を入力して [検索] をクリックします)。

    : カスタム ディレクトリを作成してグループを選択すると、該当の組織部門に属するユーザーにはディレクトリに含まれるグループ メンバーが表示されるようになりますが、ディレクトリ内でのグループの表示設定には影響しません。連絡先の共有が有効になっていて、グループがディレクトリに表示されるように設定されている場合は、ディレクトリに含まれるグループ アドレスが引き続きすべてのユーザーに対して表示されます。

  9. [作成] をクリックし、[保存] をクリックします。

手順 4: ディレクトリの公開設定を指定する

組織部門は、その親のディレクトリ設定を自動的に継承します。個々の組織単位のユーザーに対して表示されるユーザーを制御するには、公開設定を変更します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、メニュー アイコン メニュー アイコン 次に [ディレクトリ] 次に [ディレクトリ設定] にアクセスします。
  3. [ディレクトリ] ページで、[公開設定] をクリックします。
  4. 左側で、項目を設定する組織部門を選択します。
  5. [ディレクトリの公開設定] で、この部門のユーザーが表示できるユーザー(ディレクトリ情報)を選択します。
    • 表示できるユーザーなし: 組織の他のユーザーを一切表示できません。
    • すべてのユーザー: 連絡先情報を共有しているすべてのユーザーを表示できます。
    • カスタム ディレクトリのユーザー: カスタム ディレクトリのメンバーを表示できます。プルダウン リストから既存のディレクトリを選択するか、[新規作成] をクリックします。
  6. [保存] をクリックします。

組織部門の設定を変更して、最上位の設定に戻すには、[継承を使用] をクリックします。

手順 5: グローバル ディレクトリを有効にする

ユーザーがディレクトリ情報を参照できるようにするには、グローバル ディレクトリをオンに設定し、連絡先の共有を有効にします。

カスタム ディレクトリが使用できるようになるまで、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。