検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

モバイル端末のアプリの管理

従来の Google Apps(無償版)をご使用の場合、この機能を使用するには G Suite にアップグレードしてください。

mdm appsG Suite 管理者は、ユーザーの端末の個人用アプリはユーザー自身の管理下に置いたまま、仕事用アプリを安全に管理することができます。推奨する仕事用アプリを Android 搭載端末に自動インストールしたり、おすすめのアプリをユーザーがインストールできるように、Android 搭載端末と Apple® iOS® 端末用にホワイトリストを作成したりできます。

ホワイトリストの仕組み

Google Play からアプリを選択するか、iOS 向けのアプリを選択してホワイトリストに追加すると、ユーザーの端末にアプリのカタログが表示されます。ホワイトリストに登録したアプリをユーザーがインストールすると、そのアプリは組織の管理対象となるため、ユーザーは業務でアプリを安全に使用できます。従業員が退職した場合は、その G Suite アカウントを削除すれば、管理対象アプリも端末から削除されます。端末の紛失や盗難が発生した場合に管理対象アプリを削除することもできます。

はじめる前に

モバイル端末ユーザー用のアプリを管理するには、まず詳細モバイル管理を設定する必要があります。詳しくは、モバイル端末管理機能を設定するをご覧ください。

すべて開く   |   すべて閉じる

ホワイトリストの作成

Android アプリをホワイトリストに登録する

管理者は Google 管理コンソールで Android アプリをホワイトリストに登録できます。仕事用プロファイルがサポートされている端末の場合、ユーザーはこの仕事用プロファイルを設定して仕事用アプリと個人用アプリを区別できます。この場合は managed Google Play ストアから管理対象アプリを入手でき、インストールした管理対象アプリには Android エンタープライズのマーク Android for Work が表示されるため、簡単に個人用アプリと見分けられます。端末で仕事用プロファイルがサポートされていない場合は、Play ストア([ビジネスツール] タブ)からアプリを入手できます。詳しくは、managed Google Play についてをご覧ください。

注: ユーザーが managed Google Play ストアまたは [ビジネスツール] タブ以外からインストールしたアプリは、管理の対象外となります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側にある [アプリの管理] 次へ [Android 端末向けアプリの管理] をクリックします。
  4. Android アプリを管理するためのリンクをクリックします。
  5. 右下の追加アイコン 追加 をクリックして、Google Play ストアを開きます。
  6. 右上のボックスでホワイトリストに登録するアプリを検索し、目的のアプリを見つけてクリックします。
  7. [承認] をクリックしてアプリの権限を確認し、もう一度 [承認] をクリックします。
  8. アプリの新しい権限リクエスト(アプリ内購入や ID 情報へのアクセス権など)の処理方法を決定します。

    • 新しい権限がリクエストされたときに自動的にそのアプリを再承認する場合は、[このアプリから新しい権限をリクエストされたときにアプリの承認を維持します] をオンにします。リクエストされた新しい権限の内容に関係なく、アプリは自動的に再承認されます。
    • 再承認するまでホワイトリストからアプリを削除するには、[このアプリから新しい権限をリクエストされたときにアプリの承認を取り消します] をオンにします。

    アプリの権限の詳細については、アプリの権限の更新をご覧ください。
    注: すでに承認済みのアプリについては、[承認の設定] をクリックしてアプリの新しい権限リクエストの処理方法を選択し、[保存] をクリックしてから [選択] をクリックします。

  9. [保存] をクリックします。
  10. アプリ設定を指定します。指定できる操作は次のとおりです。
    • すぐにユーザーの端末にアプリを自動インストールする。
    • ユーザーがアプリをアンインストールできないようにする。
    • ユーザーがホーム画面にアプリのウィジェット(利用可能な場合)を追加できるようにする。
  11. [ホワイトリスト] をクリックします。
  12. (省略可)ホワイトリストに登録されたアプリの詳細を表示するには、アプリの横にあるその他アイコン その他 次へ [Play ストアで開く] をクリックします。

通常はすぐにアプリがホワイトリスト内に表示されますが、managed Google Play または Play ストアの [ビジネスツール] タブからアプリをインストールできるようになるまでに 1 時間程度かかる場合があります。

iOS アプリをホワイトリストに登録する

管理者は Google 管理コンソールで iOS アプリをホワイトリストに登録できます。ユーザーがアプリを入手するには、Google Device Policy アプリをインストールする必要があります。このアプリをインストールすると、個人用アプリと区別するために、管理対象 iOS アプリのアイコンには緑色のチェックマークが表示されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側にある [アプリの管理] 次へ [iOS 端末向けアプリケーションの管理] をクリックします。
  4. iOS アプリを管理するためのリンクをクリックします。
  5. 右下の追加アイコン 追加 をクリックします。
  6. アプリの名前(または Apple iTunes® のアプリの URL)を入力して [検索] をクリックします。
  7. (省略可)アプリの詳細を表示するには、アプリのリンクをクリックします。
  8. 目的のアプリを選択して [ホワイトリスト] をクリックします。
  9. (省略可)ホワイトリストに登録されたアプリの詳細を表示するには、アプリの横にあるその他アイコン その他 次へ [App Store で開く] をクリックします。
  10. ホワイトリストに登録されたアプリを入手できるように、ユーザーに Google Device Policy アプリをインストールしてもらいます。

通常はすぐにアプリがホワイトリスト内に表示されますが、ユーザーの端末で Google Device Policy アプリにこのアプリが表示されるまでには 1 時間程度かかることがあります。

アプリをホワイトリストから削除する

ホワイトリストから Android アプリを削除すると、managed Google Play ストアまたは Play ストアの [ビジネスツール] タブからユーザーがそのアプリをインストールすることはできなくなります。ユーザーがすでにアプリをインストールしている場合は、端末から削除されることはありません。まだインストールしていないユーザーは引き続き Play ストアからインストールできますが、そのアプリは管理対象外となります。

ホワイトリストから iOS アプリを削除すると、ユーザーが Google Device Policy アプリからそのアプリをインストールすることはできなくなります。すでにインストール済みである場合は、次に端末が同期されたときにアンインストールされます。ただし、この場合も Apple App Store® からそのアプリをインストールすることはできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側にある [アプリの管理] 次へ [Android 端末向けアプリの管理] または [iOS 端末向けアプリケーションの管理] をクリックします。
  4. Android アプリまたは iOS アプリを管理するためのリンクをクリックします。
  5. 次のいずれかを行います。
    • 削除するアプリを見つけて、その他アイコン その他 次へ [削除] をクリックします。
    • アプリのアイコンにカーソルを合わせて、表示されたチェックボックスをオンにします(一度に複数のアプリを選択できます)。右上のゴミ箱アイコン ゴミ箱 をクリックします。
  6. [削除] をクリックします。

選択したアプリがホワイトリストから削除されたことを知らせるメッセージが表示されます。

注: Android ホワイトリストから Google Apps Device Policy アプリを削除することはできません。

Android ホワイトリストの管理

Android アプリの設定を管理する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側にある [アプリの管理] 次へ [Android 端末向けアプリの管理] をクリックします。
  4. Android アプリを管理するためのリンクをクリックします。
  5. 管理するアプリをクリックします。
  6. [アプリ設定] をクリックします。
  7. アプリ設定を指定します。指定できる操作は次のとおりです。
    • すぐにユーザーの端末にアプリを自動インストールする。
    • 自動インストールしたアプリをユーザーがアンインストールできないようにする。
    • ユーザーがホーム画面にアプリのウィジェット(利用可能な場合)を追加できるようにする。
  8. [保存] をクリックします。

注: 変更内容がすべてのユーザーの端末に反映されるまでに 1 時間程度かかることがあります。

Android アプリの権限の更新を承認する

Android アプリをホワイトリストに登録すると、組織内のユーザーに代わってアプリがアクセスできる対象(権限)を制御できます。アプリが必要とする権限には、端末の連絡先や位置情報を使用する権限などがあります。管理者が許可した権限にかかわらず、ユーザーは端末にアプリをインストールした後でその権限を変更できます。

ホワイトリストに登録されたアプリの権限は、アプリの更新時に変更されることがあります。権限の更新に管理者の承認が必要なアプリには、Google 管理コンソールで例外のマーク Exception が表示されます。権限の更新リクエストを承認する手順は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側にある [アプリの管理] 次へ [Android 端末向けアプリの管理] をクリックします。
  4. Android アプリを管理するためのリンクをクリックします。
  5. 例外 Exception が表示されているアプリの横で、その他アイコン その他 次へ [Play ストアで開く] をクリックします。
  6. [承認] をクリックして権限を確認し、もう一度 [承認] をクリックします。
  7. (省略可)アプリの新しい権限リクエスト(アプリ内購入や ID 情報へのアクセス権など)の処理方法を決定します。
    • 新しい権限がリクエストされたときに自動的にそのアプリを再承認する場合は、[このアプリから新しい権限をリクエストされたときにアプリの承認を維持します] をオンにします。リクエストされた新しい権限の内容に関係なく、アプリは自動的に再承認されます。
    • 再承認するまでホワイトリストからアプリを削除するには、[このアプリから新しい権限をリクエストされたときにアプリの承認を取り消します] をオンにします。
    アプリの権限の詳細については、アプリの権限の更新をご覧ください。
    注: すでに承認済みのアプリについては、[承認の設定] をクリックしてアプリの新しい権限リクエストの処理方法を選択し、[保存] をクリックしてから [選択] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。