G Suite 設定ウィザードを見つける

G Suite にお申し込みいただくと、設定ウィザードを使って新しいサービスのご利用を開始できます。アカウントを作成したら [設定に進む] をクリックし、設定ウィザードの手順で操作します。

""

この初期の設定ウィザードでは、ユーザーの追加、ドメインの所有権の確認、Gmail の設定のみを行うことができます。こうした手順をすべて行ったら(あるいは手順を完了する前にいったん設定ウィザードから離れた場合も)、Google 管理コンソールで Google サービスの設定を続行できます。

管理コンソールから設定ウィザードにアクセスする

すべて開く  |  すべて閉じる

プライマリ ドメインの所有権を確認する
管理コンソールから設定ウィザードを使用して、ドメインの所有権を確認できます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールの [ホーム] ページの上部にある [設定を開始次に [ドメインの所有権を確認] をクリックします。""
  3. ドメインの所有権を確認するには、ホスト固有の手順で操作します。
追加ドメインの所有権を確認する
管理コンソールから設定ウィザードを使用して、追加ドメインの所有権を確認、設定できます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから [ドメイン次に [ドメインの管理] に移動します。

    [ドメイン] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 確認する必要のあるドメインの横にある [ドメインを有効化] をクリックします。

    Activate domain link

  4. ドメインの所有権を確認するには、ホスト固有の手順で操作します。
Gmail を設定する
ドメインの所有権を確認したら、管理コンソールから設定ウィザードを使用して Gmail を設定できます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから [ドメイン次に [ドメインの管理] に移動します。

    [ドメイン] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. メールの転送先となるドメインの横にある [Google MX レコードを設定] をクリックします。
  4. [Google MX レコードを設定] リンク

  5. Gmail の設定を完了するには、ホスト固有の手順で操作します。
G Suite の設定を完了する
ドメインの所有権を確認して Gmail を設定したら、管理コンソールから設定ウィザードを使用して Google サービスの設定を完了できます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから [ドメイン次に [ドメインの管理] に移動します。

    [ドメイン] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. ページの上部にあるその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。