ライセンス割り当ての仕組み

Google 管理コンソールで管理されている Google Workspace、Essentials、Cloud Identity、その他のサービスが対象となります。

Google サービスを使用するには、ライセンスが必要です。たとえば、Gmail や Google ドライブなどの Google Workspace ツールを使用するには、Google Workspace のライセンスが必要です。複数のサービスのライセンスをユーザーに割り当てることができますが、それぞれのユーザーがサービスの一部しか使用しないとしても、複数のユーザーで 1 つの Google Workspace ライセンスを共有することはできません。

ここでは、Google 管理コンソールで管理されるすべての Google サービスに適用される全般的なライセンスについて説明します。Cloud Identity のライセンスについては、Cloud Identity のライセンス割り当ての仕組みをご覧ください。

サイトベースのライセンスとユーザーベースのライセンス

Android などの一部の Google サービスの場合、ライセンスはサイトベースになります。サービスへのお申し込み時に、すでに別のサービスのライセンスが割り当てられているユーザーを含め、ドメイン内のすべてのユーザーにライセンスが自動的に割り当てられます。サイトベースのライセンスを管理者が割り当てる必要はありません。

Google Workspace などのその他の Google サービスの場合、ライセンスはユーザーベースであるため、そのようなサービスを利用するにはライセンスが割り当てられている必要があります。ユーザー単位のライセンスの割り当てについては、次の項目をご覧ください。

ユーザーベースのライセンスの割り当て

購入した Google サービスが 1 つだけで、それがユーザーベースのライセンスである場合は、すべてのユーザーにデフォルトでそのサービスのライセンスが割り当てられるため、管理者がライセンスを割り当てる必要はありません。

次のいずれかに当てはまる場合は、ライセンスを割り当てる必要があります。

  • Google Workspace と Google Voice など、ユーザーベースの Google サービスを 2 つ以上購入した。複数の追加サービスを含むサービスについては、基本サービスのライセンスのみが必要です。たとえば、Google Workspace のライセンスを持つユーザーは、Gmail、Google カレンダー、Google ドライブなど、Google Workspace に含まれるすべてのサービスにアクセスできます。
  • Google Workspace の複数のエディションなど、同じサービスの複数のサブスクリプションを購入した場合。

ライセンスは、個々のユーザー、組織部門内のすべてのユーザー、または組織内のすべてのユーザーに割り当てることができます。

重要: 年間プランで申し込んだ場合は、以下で説明する割り当て方法(自動または手動)のどちらを使用する場合でも、購入した数だけライセンスを割り当てられます。購入したライセンスより多くのライセンスを割り当てようとすると、エラー メッセージが表示され、ライセンスは割り当てられません。このような場合は、ユーザーを削除するかライセンスを追加する必要があります。

ユーザーベースのライセンスの割り当て方法

ユーザーベースのライセンスの自動割り当て

組織内のすべてのユーザーが利用するサービスについて、ライセンスがデフォルトでは割り当てられていない場合は、ライセンスの自動割り当てをオンにすることができます。ライセンスの自動割り当てをオンにすると、そのサービスのライセンスを持っていないユーザー(今後追加する新規ユーザーを含む)にライセンスが割り当てられます。複数の Google サービスや同じサービスの複数のサブスクリプションをご利用の場合は、1 つのサービスまたはサブスクリプションにのみライセンスの自動割り当てをオンにできます。

既存のユーザー ライセンスは、同じサービスのライセンスや同じサービスの異なるサブスクリプションを含めて、どの組織階層でも変更されません。

最上位組織の下に組織部門がある場合は、特定の組織部門に対してライセンスの自動割り当てオプションを設定できます。

年間プランの Google Workspace

年間プランで Google Workspace を使用している場合、ライセンスの自動割り当てをオンにすると、作成できるユーザーの数が制限されることがあります。ユーザー単位のライセンスを使用するサービスも併せてご利用の場合に、そのサービスまたは Google Workspace に対してライセンスの自動割り当てを最上位組織でオンにすると、作成できるユーザー数は、ユーザー単位のサービスの中で最も少ないライセンス数までになります。

例: Google Workspace を 20 ライセンス、Google Voice Premium を 5 ライセンス購入したとします。最上位組織でライセンスの自動割り当てをオンにすると、作成できるユーザー数は 5 になります。

ユーザーベースのライセンスの手動割り当て

ユーザーベース ライセンスの Google サービスが複数ある場合や、同じサービスの複数のサブスクリプションを使用している場合は、次のように手動によるライセンス割り当てを行います。

  • 1 つのサービスまたはサブスクリプションにライセンスを自動的に割り当てる場合は、他のサービスまたはサブスクリプションのライセンスを手動で割り当てる必要があります。
  • すべてのサービスとサブスクリプションでライセンスの自動割り当てをオフにしている場合は、すべてのライセンスを手動で割り当てる必要があります。

ライセンスは、個々のユーザー、アップロードしたユーザーリスト、組織部門全体に手動で割り当てることができます。詳しくは、ライセンスの割り当て、削除、再割り当てをご覧ください。

組織にライセンスを手動で割り当てる場合、その組織のユーザーにのみライセンスが付与されます。下位組織のユーザーにはライセンスが自動的に付与されないため、手動で割り当てる必要があります。

ライセンス数を減らす

Google Workspace などの有料サービスのライセンス数を削減し、月々の支払い額を下げることができます。無料サービスの不要なライセンスを削減することもできます。

  • 年間プランをご利用の場合 - 契約更新時にのみライセンス数を減らすことができます。
  • フレキシブル プランを使用している場合や、サイトベースのライセンスでその他の Google サービスを使用している場合、ライセンス数を直接減らすことはできませんが、ユーザーの削除はいつでも可能です。削除したユーザーのライセンスはアカウントから削除されます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー