ユーザー向けにドライブを有効または無効にする

G Suite 管理者は、組織で Google ドライブを利用できるユーザーを指定できます。Google 管理コンソールで、該当するユーザーに対してドライブを有効または無効にするだけです。ドライブが有効になっているユーザーは、ドライブを使用して各自のアカウントでファイルを保存、共有することができます。

特定のユーザーに対してドライブを無効にすると、そのユーザーは自分のアカウントでドキュメントやドライブのファイルにアクセスしたり、ファイルを作成したりできなくなります。そのユーザーの既存のドキュメントへのアクセス権を持つ他のユーザーは、これまでどおりドキュメントにアクセスできます。ドライブ サービスを再び有効にすると、再びドキュメントを作成したり、ドキュメント(以前作成したものを含む)にアクセスしたりできるようになります。なお、ドライブが無効になっている場合、組織外のユーザーとのドキュメントの共有を必要とする Google フォームは送信できません。

ドライブの使用を許可する組織内のユーザーを指定するには

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには: 部門ごとにアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントをアクセス グループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  4. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  5. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、組織部門についてのページをご覧ください。

  6. 組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。
通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映をご覧ください。  

次のステップ

ドライブをオンにした後: チーム向けの Google ドライブの設定

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。