ユーザーのパスワードを再設定する

ユーザーが管理対象の Google アカウント(G Suite や Cloud Identity のアカウントなど)のパスワードを忘れた場合や、ユーザーのアカウントが不正使用されている疑いがある場合、管理者は Google 管理コンソールからユーザーのパスワードを再設定できます。

管理者アカウントがサードパーティの ID プロバイダによるシングル サインオン(SSO)を使用している場合、ここに記載する手順は当てはまりません。詳細

パスワードを変更する

ユーザーのパスワードを再設定する

管理者は、アカウントのセキュリティを維持するためにユーザーのパスワードを再設定できます。

ユーザーのパスワードを再設定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. パスワードを再設定するユーザーにカーソルを合わせて、右側にあるパスワードを再設定アイコン Reset Password icon をクリックします。
     

    更新対象のパスワードを使用するユーザーが表示されている行を参照します

    このオプションは、ユーザーのアカウント ページの左上にもあります。

    注: この項目を表示するには、パスワードの再設定の権限を持つ管理者アカウントでログインする必要があります。

  5. [パスワード] 次へ [パスワードを再設定] をクリックします。
  6. パスワードを自動生成するか、パスワードを入力します。

    デフォルトでは、パスワードは 8 文字以上にする必要があります。必要に応じて、管理者が組織のパスワード要件を変更できます。

  7. (省略可)プレビュー アイコン プレビュー をクリックしてパスワードを確認します。
  8. (省略可)ユーザーが次回ログインしたときにパスワードの変更を求めます。
  9. [再設定] をクリックします。
  10. (省略可)設定したパスワードを別の場所(ユーザーとの Hangouts Chat の会話など)に貼り付けるには、[クリックしてパスワードをコピー] をクリックします。
  11. (省略可)ユーザーが自分でパスワードを再設定できるようにします。
  12. ユーザーにパスワードをメールで送信するか、[完了] をクリックします。
管理者のパスワードを再設定する

別の管理者のパスワードを再設定するには、特権管理者の権限が必要となります。特権管理者の権限を持っている場合は、上記のユーザー パスワードを再設定する手順と同じ手順で再設定できます。

管理コンソールにログインできず、自分の管理者パスワードを再設定する必要がある場合は、管理者パスワードの再設定をご覧ください。

パスワードの変更後

2 段階認証プロセスを使用しているユーザー

2 段階認証プロセスを使用しているユーザーは、パスワードの再設定後、アカウントに接続しているサードパーティ製アプリケーション(メール クライアントなど)用に、アプリケーション固有のパスワードを新しく生成することが必要となる場合があります。

OAuth 2.0 トークンを使用しているユーザー

OAuth 2.0 トークンを使用して特定のサービスにアクセスしているユーザーは、パスワードの再設定後、新しいトークンをリクエストする必要があります。新しいパスワードでログインして新しい OAuth 2.0 トークンを生成するようにユーザーに伝えてください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。