ユーザーのパスワードを再設定する

ユーザーが管理対象の Google アカウント(Google Workspace や Cloud Identity アカウントなど)のパスワードを忘れた場合や、ユーザーのアカウントが不正使用されている疑いがある場合、管理者は Google 管理コンソールからユーザーのパスワードを再設定できます。

管理者アカウントがサードパーティの ID プロバイダによるシングル サインオン(SSO)を使用している場合、ここに記載する手順は当てはまりません。詳細

パスワードを変更する

: 複数のユーザーのパスワードをまとめて再設定する場合は、CSV ファイルから複数のユーザーを追加または更新するをご覧ください。

ユーザーのパスワードを再設定する

管理者は、アカウントのセキュリティを維持するためにユーザーのパスワードを再設定できます。パスワードを再設定するには、パスワードの再設定の権限を持つ管理者アカウントでログインする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストで対象となるユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザー アイコン 次に にカーソルを合わせて、右側にある [パスワードを再設定] をクリックします。

    "A user is selected and a blue arrow points to the Reset password option."

    このオプションは、ユーザーのアカウント ページの左側にもあります。

  5. 次のいずれかを行います。
    • パスワードを自動的に生成する。
      ""
    • 自分でパスワードを入力する。作成したパスワードを表示するには、プレビュー アイコン "" をクリックします。
      ""
      : デフォルトのパスワード要件は 8 文字以上です。必要に応じて管理者が組織のパスワード要件を変更できます。
  6. (省略可)次回ログイン時に、ユーザーにパスワードの変更を要求するよう指定します。
    ""
  7. [リセット] をクリックします。
  8. (省略可)パスワードを別の場所(このユーザーとの Google Chat の会話など)に貼り付けるには、[パスワードをコピー] をクリックします。
  9. パスワードの再設定を終了するには、次のいずれかを行います。
    • パスワードをユーザーにメールで送信するために、[パスワードをメール送信] 次に [送信] をクリックする。
    • [完了] をクリックする。
別の管理者のパスワードを再設定する

別の管理者のパスワードを再設定するには、特権管理者の権限が必要です。特権管理者の権限がある場合は、上述のユーザーのパスワードを再設定する場合と同じ手順で再設定できます。

自分の管理者パスワードを再設定する

管理コンソールにログインできず、自分の管理者パスワードを再設定する必要がある場合は、管理者パスワードを再設定するをご覧ください。

パスワードの変更後

パスワードの再設定後、ユーザーはすべてのアクティブなセッションからログアウトされます。再びアプリを開くには、次のようにします。

  • Google ウェブアプリ(Gmail や Google ドライブなど) - ユーザーは新しいパスワードで再ログインする必要があります。
  • Android の Google アプリ - 本人確認のためにアカウントへのログインが必要である旨がユーザーに通知されます。すでに同期されているデータ(Gmail で受信済みのメールなど)にはアクセスできますが、新たにメールを送受信できるようになるのは新しいパスワードでログインし直した後です。
  • Apple iOS の Google アプリ - そのユーザーの Google アカウントはアカウント リストから削除されています。アカウントをもう一度追加してから、新しいパスワードでログインする必要があります。
  • OAuth 経由で接続されたサードパーティ製アプリ - Apple Mail や Mozilla Thunderbird などのサードパーティ製のメールアプリ、およびメールスコープを使用してユーザーのメールにアクセスするアプリでは、新しい OAuth 2.0 トークンが付与されるまでパスワード再設定後のデータの同期が停止されます。新しいトークンは、ユーザーが Google アカウントのユーザー名と新しいパスワードでログインしたときに付与されます。詳しくは、パスワード変更時の OAuth 2.0 トークンの自動取り消しをご覧ください。
  • アプリケーション固有のパスワードが必要なサードパーティ製アプリ - 2 段階認証プロセスを適用している場合、OAuth に対応していない従来型アプリケーションを使用するにはアプリケーション固有のパスワードが必要な場合があります。パスワードを再設定するとアプリケーション固有のパスワードはすべて取り消されるため、再生成する必要があります。詳しくは、アプリ パスワードでログインするをご覧ください。

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。