停止中の Gmail アカウントを再開する

このページは、会社や学校など、各種団体のメール アカウントの管理者を対象としています。個人用の gmail.com アカウントを再開する方法については、無効になったアカウントに関する説明をご覧ください。

ユーザーが Google のメールポリシーに違反したために、Google によって Gmail アカウントが停止された場合、管理者はそのユーザーのメールサービスを再開できることがあります。再開するには、Google 管理コンソールに G Suite 管理者としてログインする必要があります。

ユーザーのアカウントが停止されている間は、ユーザーはメールを送受信できません。ただし、ドライブやカレンダーなど、他の Google サービスはそのまま利用できます。

Gmail アカウントを再開できない場合

  • その年の 1 月 1 日以降、同じユーザーのアカウントがすでに 5 回停止されている場合。
  • Google から 24 時間待機するよう求められている場合。24 時間経過すると、アカウントは自動的に再開されます。極端なケースでは、Google システムの健全性を維持するためにこのような措置が必要となります。
  • ユーザーの不正行為のためにそのアカウントが Google によって自動的に停止された場合。
  • 以前の Google Apps(無償版)を使用している場合。

停止中の Gmail アカウントを再開する

Google によって停止された Gmail アカウントを再開する手順は下記のとおりです。G Suite 管理者によって停止されたアカウントを再開する方法については、停止中のアカウントを再開する手順をご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [ユーザー] にアクセスします。
  3. ユーザーリストで、目的のユーザーを見つけます
  4. ユーザーの名前をクリックして、そのユーザーのアカウント ページを開きます。

    左上に、ユーザーの Gmail アカウントが停止されている理由を示すメッセージが表示されます。

  5. (省略可)[詳細] をクリックして、今後ユーザーが帯域幅制限を超えないようにする方法を確認します。

  6. 右上にある [Gmail を復元] をクリックします(復元オプションを利用できない場合は、制限が自動的に解除されるまで最長で 24 時間ほど待つ必要があります。なお、この期間でもユーザーは他の Google サービスは利用できます)。
  7. [リセット] をクリックして確定します。

    15 分以内に Gmail アカウントが有効になり、ユーザーはそのアカウントにログインしてメールにアクセスできるようになります。

1 年につき 5 回の上限

同じ Gmail アカウントを管理者が再開できるのは、1 年(1 月 1 日から 12 月 31 日までの間)につき 5 回までに限られています。アカウントの停止回数がこの上限を超過した場合、誰もこのアカウントをリセットすることはできません(Google サポートでもリセットできません)。

アカウントの停止を避けるために、Google メールポリシーを読むようユーザーにお伝えください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。