自動転送を無効にする

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

Gmail では受信メールを別のアドレスに自動転送できるのがデフォルトの設定ですが、管理者はこのオプションを無効にし、ユーザーに自動転送の設定を許可しないようにすることができます。自動転送を無効にすると、Gmail の設定画面に転送設定の項目が表示されなくなり、転送ルールやフィルタが設定されていた場合でもメールが転送されなくなります。

Gmail の詳細設定を行った後、その設定が各ユーザー アカウントに反映されるまで最大で 1 時間ほどかかる場合があります。以前の変更内容は、管理コンソールの監査ログで確認できます。

自動転送を無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Gmail] 次へ [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

    注: G Suite のバージョンによっては、上記の設定は [アプリ] > [G Suite] > [Gmail の設定] > [エンドユーザーのアクセス] にある場合があります。

  3. [組織] で、設定の適用先となるドメインまたは組織部門をハイライト表示します(詳しくは、組織に合わせた Gmail の設定の調整をご覧ください)。
  4. [自動転送] セクションで、[別のメールアドレスへの受信メールの自動転送をユーザーに許可する] チェック ボックスをオフにします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。