自動転送を無効にする

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

Gmail では受信メールを別のアドレスに自動転送できるのがデフォルトの設定ですが、管理者はこのオプションを無効にし、ユーザーに自動転送の設定を許可しないようにすることができます。自動転送を無効にすると、Gmail の設定画面に転送設定の項目が表示されなくなり、転送ルールやフィルタが設定されていた場合でもメールが転送されなくなります。

Gmail の詳細設定を行った後、その設定が個々のユーザー アカウントに反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。変更内容は、管理コンソールの監査ログで確認できます。

自動転送を無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [エンドユーザーのアクセス] にアクセスします。

    ヒント: [エンドユーザーのアクセス] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. [組織部門] で、設定の適用先となるドメインまたは組織部門を選択します(詳しくは、組織に合わせて Gmail の設定を調整するをご覧ください)。
  4. [自動転送] で、[受信メールを別のメールアドレスに自動転送することをユーザーに許可する] チェックボックスをオフにします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false