Exchange または Office 365 から G Suite に移行する

Microsoft® Exchange から G Suite に移行する主な手順は次のとおりです。手順をクリックすると、ツール、リソース、おすすめの方法など、スムーズに移行するための参照情報が表示されます。

1. G Suite でユーザーをプロビジョニングする

移行の最初の手順は、ユーザーのために G Suite ユーザー アカウントを作成することです。Google でユーザー アカウントを作成する方法はいくつかあります。詳しくは、ユーザー アカウントの作成オプションに関する記事をご覧ください。

ユーザー数があまり多くない場合、ユーザー情報を記載したカンマ区切り値(CSV)ファイルを作成して G Suite にアップロードすれば、簡単にユーザーをプロビジョニングすることができます。

Microsoft Exchange から移行する場合は、次のような高度な方法もあります。

  • Google Cloud Directory Sync を使用して、Microsoft Active Directory などの LDAP ディレクトリのデータに基づいてユーザー、グループ、プロフィール、共有の連絡先をプロビジョニングする。
  • Security Assertion Markup Language(SAML)標準を使用して、シングル サインオン(SSO)サービスを実装する。

Google Cloud Directory Sync では、設定ウィザードを利用して LDAP ユーザーリストから G Suite ユーザー、グループ、プロフィール、共有の連絡先にデータをマッピングすることができます。マッピングには、住所、電話番号、役職など、詳細なユーザー プロフィール データを含めることができます。マッピングを設定すると、Directory Sync が G Suite に接続し、LDAP ディレクトリからの一方向の同期を実行します。LDAP ディレクトリでの変更を反映するために、定期的に同期するようスケジュールを設定することもできます。

注: Google Cloud Directory Sync は、ほとんどの場合パスワードを同期しません。これは、パスワードが LDAP ディレクトリ内で暗号化されているためです。パスワードをテキスト形式、Base16 エンコード SHA-1 ハッシュ、Base16 エンコード MD-5 ハッシュで格納する LDAP 属性が存在する場合のみ、パスワードを同期することができます。

G Suite では、組織、学校、ISP などでの大規模な導入に便利な SAML ベースの SSO サービスを提供しています。このサービスを利用すると、G Suite にアクセス権を持つホストされたユーザー アカウントの承認と認証を詳細に制御することができます。詳しくは、SSO サービスの設定に関する記事をご覧ください。

通常、G Suite チームでは SSO に関して対処的なサポートのみを提供しますが、G Suite Marketplace で Google のパートナーから SSO の設定に関する専門的な支援を受けることもできます。

2. G Suite へのメール配信を設定する

G Suite ユーザー アカウントを設定したら、それらのアカウントにメールを配信するようにドメインを設定します。詳しくは、配信オプションに関する記事をご覧ください。

メール配信の設定で最も簡単な方法は、G Suite のメールサーバーへの直接配信です。最初の移行の際に二重配信を設定することもできます。

二重配信では、受信メールは引き続き Microsoft Exchange サーバーに配信され、そこで各メールが処理されるとともにコピーが G Suite に転送されます。この設定の利点は、ドメインの MX(Mail Exchange)レコードを変更する必要がないことです。

二重配信を設定する際は、Microsoft Exchange サーバーから転送されたメールを G Suite 側で受け取れるように、ドメイン内の各ユーザーが G Suite に予備のメールアドレスを持つ必要があります。予備のメールアドレスを作成する方法は次の 2 つです。

Microsoft Exchange サーバーを使用した二重配信設定の詳細については、二重配信の設定: 従来のサーバーをプライマリに設定する場合をご覧ください。

3. 必要に応じて、以前のシステムから G Suite にデータを移行する

この移行ガイドでは、組織でお使いのメール、連絡先、カレンダーを Microsoft® Exchange® または Office 365® から G Suite の Gmail に読み込む方法をご紹介します。以下のツールを選択できます。

 

目的

方法

ユーザーに代わって次のいずれかからメール、連絡先、カレンダーを移行する

  • Office 365(Exchange Online)

  • Exchange Server(2016、2013、2010、2007)

データ移行サービス

特権管理者である必要があります

ユーザーに代わって次のいずれかからメール、連絡先、カレンダーを移行する

  • Exchange Server(2010、2007、2003、2000)

  • PST アーカイブ

G Suite Migration for Microsoft Exchange(GSMME)

特権管理者である必要があります

ローカル パソコンに保存されているメール、連絡先、カレンダーを移行する

G Suite Sync for Microsoft Outlook(GSSMO)

組織のユーザーが自分の Exchange データを移行できるようにする(ユーザー数が 20 以下の場合に推奨)

G Suite Migration for Microsoft Outlook(GSMMO)

 
  1. 特権管理者として、組織の GSMMO を設定します。

  2. GSMMO を実行するようユーザーに伝えます。

4. G Suite の環境を設定する

以前のシステムから移行するユーザーが G Suite にスムーズになじめるよう、以前のシステムに似た環境を設定することができます。このセクションでは、Microsoft Exchange のいくつかの機能を G Suite で設定する方法を説明します。

ユーザーは Microsoft Outlook やその他のメール クライアントを引き続き使用できますか?

はい。G Suite Sync for Microsoft Outlook は、ユーザーが Outlook クライアントから G Suite メール、カレンダー、連絡先にアクセスするための Microsoft Outlook プラグインです。これにより、G Suite と Outlook の間ですべてのデータが同期されます。

また、G Suite はモバイル デバイスを含め、IMAP を使用するあらゆるメール クライアントの使用をサポートしています。

ユーザーは自分のアカウントへのアクセスを他のユーザーに委任することはできますか?

はい。管理者がその機能を有効にしていれば可能です。ユーザーがアクセスを他のユーザーに委任できるようにするには、管理者が Google 管理コンソールで [アプリ] > [G Suite] > [Gmail] > [ユーザー設定] を選択し、[ユーザーが、ドメインの他のユーザーに自分のメールボックスへのアクセスを委任できるようにします] チェックボックスをオンにします。

管理コンソールでこのチェックボックスがオンになっている場合、ユーザーは自分のメール アカウントへのアクセスを委任できます。

共有の連絡先のグローバル アドレス帳を作成することはできますか?

はい。ドメイン内のすべてのユーザーとグループは、自動的にグローバル アドレス帳に追加されます。エントリを追加するには、Shared Contacts API を使用します。

詳しくは、G Suite Sync for Microsoft Outlook を使用した連絡先の共有に関する記事をご覧ください。

共有カレンダーは作成できますか?

はい。管理者がその機能を有効にしていれば可能です。カレンダーの共有に関する管理オプションについては、こちらのヘルプセンター記事をご覧ください。カレンダーの共有に関してユーザーが使用できるオプションは、管理コンソールでの設定によって決まります。

G Suite Sync for Microsoft Outlook では、Microsoft Outlook と G Suite の間でユーザーのカレンダーを同期します。どちらかでカレンダーを作成して、もう一方で表示することができます。詳しくは、Outlook の予定表に関するおすすめの方法を紹介した記事と、G Suite Sync for Microsoft Outlook によるカレンダーの共有に関する記事をご覧ください。

パブリック フォルダを作成するにはどうすればよいですか?

G Suite では、Microsoft Exchange で使われているパブリック フォルダはサポートしていません。ただし、グループを使用して共有メールボックスを作成するか、Google ドライブの共有フォルダを使用して、類似の機能を実装することはできます。

Google がホストする SMTP サーバーを使用して、プリンタ、スキャナ、FAX、ウェブフォームの代わりにメールを送信することはできますか?

はい。送信側のデバイスが SSL をサポートしていれば、ポート 465 または 587 で smtp.gmail.com にアクセスして、ドメイン外のユーザーを含め、誰にでもメールを送信することができます。SSL 接続には、G Suite のユーザー名とパスワードによる認証が必要です。送信側のデバイスが SSL をサポートしていない場合は、ポート 25 で aspmx.l.google.com に接続して、ドメイン内のユーザーにメールを送信することができます。標準の G Suite メールサーバーである aspmx.l.google.com を使用してメールを送信する場合は、認証が不要です。

5. ユーザーにG Suiteのトレーニングを行う

G Suite の導入を成功に導く秘訣のひとつは、導入前にユーザーに対してトレーニングを行うことです。Google では、動画チュートリアル、導入ガイド、クイック リファレンス シートなど、ユーザー トレーニング用のリソースを多数ご用意しています。また、G Suite の導入サイトG Suite ラーニング センターでは、ユーザー向けの多くのリソースをご利用いただけます。

6. 組織に G Suite を導入する

G Suite の導入サイトには、計画から導入後のユーザー サポートまで、G Suite の試験的な導入や全面導入を管理するための各種リソースが用意されています。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。