カレンダー リソースを管理する

組織内のユーザーは、Google カレンダーで会議のスケジュールを設定できるだけでなく、他のユーザーが共有しているリソースを管理することもできます。たとえば、会議室はよく使用されるカレンダー リソースの一例です。他にもプロジェクター、社用車、応接室、娯楽設備など、ユーザーが使用時間を予約する可能性のあるリソースにはさまざまなものがあります。

リソースの管理に必要な権限

カレンダー リソースを管理するには、[ビルディングとリソース] > [管理] 権限のある管理者ロールが必要です。これらの権限はサービス管理者の既定のロールで有効になりますので、この既定のロールを使用するか、カスタムの管理者ロールを作成してください。ユーザーに管理者ロールを割り当てるまたはカスタムの管理者ロールを作成するの手順をご覧ください。

: リソースが他のユーザーと共有される前に自分のカレンダーからカレンダー リソースを管理できるのは、特権管理者だけです。

おすすめの管理タスク

  1. ビルディング、設備や機能、リソースの作成
    カレンダー リソースを管理するには、まずカレンダー リソースを作成します。2017 年 10 月 17 日より前に作成されたリソースについては、リソース体系への切り替えをおすすめします。

  2. マイカレンダー リストへのリソースの追加
    リソースを管理するには、リソースのメールアドレスを [マイカレンダー] リストに追加する必要があります。リソースは後で編集、共有したり、通知を受け取ったりすることができます。

  3. カレンダー リソースの共有
    新しいリソースに対して共有オプションを明示的に設定しない場合は、組織の予備カレンダーのデフォルトの共有オプションが継承されます。

  4. 予定へのリソースの追加
    リソースを作成して共有済みの場合、管理者とユーザーはゲストを予定に招待するのと同じようにリソースを予定に追加できます。

  5. リソースの通知の受信
    次の場合に通知を受け取るように設定できます。

    • 新しい予定でリソースが予約された
    • リソースが予約されている予定が変更、キャンセルされた
    • 招待したユーザーやリソースが予定に返信した

    リソースの毎日の予約状況をリクエストすることもできます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。