ビジネス向け Google グループの共有オプションの設定

この機能を利用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

管理者はビジネス向け Google グループの共有オプションで次のことを指定できます。

  • 組織外のユーザーがグループを表示したり、グループに参加したりできるかどうか
  • ユーザーが自分のグループを作成できるかどうか
  • グループの管理者がグループに外部のメンバーを追加できるかどうか
注: グループのメンバーは、いつでも自分のグループのメンバーを管理できます。グループの設定によっては、自分からグループに参加したり、メッセージのメール通知を有効化または無効化したりすることも可能です。

ビジネス向け Google グループの共有オプションを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [ビジネス向け Google グループ] にアクセスします。

    [アプリ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [共有設定] または [詳細設定] をクリックします。
  4. [共有オプション] セクションで設定を選択します。各オプションの詳細については、下記をご覧ください。

使用できる共有オプション

このドメイン外 - グループへのアクセス

グループへの外部アクセスを制御するには、次のオプションがあります。

  • インターネットで一般公開: 組織内のユーザーも組織外のユーザーも、グループ ディレクトリでグループの一覧を表示できます。グループの設定によっては次の操作も行えます。
    • グループ情報のページを表示する(ディスカッション アーカイブを含む)
    • グループへの登録を管理する
    • グループにメッセージを投稿する

    [インターネットで一般公開] をオンにすると、[インターネット上のすべてのユーザーにもこのアクセス権を与えます] を選択できるようになります。このオプションは、管理コンソールとビジネス向け Google グループ サービスの [新しいグループの作成] ページに表示されます。また、下記の共有オプションもオンにした場合にのみ、ユーザーにもビジネス向け Google グループでこのオプションが表示されるようになります。

    • グループ オーナーはこのドメイン外のメンバーを許可できます
    • グループ オーナーはこのドメイン外からの受信メールを許可できます
  • 限定公開: グループ サービスは、組織内のユーザーに限定されます。ただし、登録済みの外部メンバーは、引き続きグループにメールを送信できます。
デフォルトの「トピックを表示」権限

ビジネス向け Google グループで作成したグループの場合は、トピックを表示できるユーザーのデフォルトを設定できます。グループ オーナーとマネージャーは、自分が設定したグループの表示権限をデフォルトのままにするか変更するかを選択できます。

注: この設定は管理コンソール グループCloud Directory API を使用して作成されたグループではご利用いただけません。

次のいずれかのオプションをオンにします。

  • オーナーのみ: オーナーの役割を持つユーザーのみがグループのトピックを表示できます。
  • オーナーとマネージャー: オーナーまたはマネージャーの役割を持つユーザーのみがグループのトピックを表示できます。
  • グループのすべてのメンバー: メンバーの役割を持つすべてのユーザーがグループのトピックを表示できます。
  • ドメインのすべてのユーザー: グループのメンバーであるかどうかにかかわらず、ドメイン内のすべてのユーザーがグループのトピックを表示できます。*
  • インターネット上のすべてのユーザー: 組織外のユーザーを含め、誰でもグループのトピックを表示できます。**

* [このドメイン外 - グループへのアクセス] 設定を [インターネットで一般公開] から [限定公開] に変更した場合、[デフォルトの「トピックを表示」権限] 設定は自動的に [インターネット上のすべてのユーザー] から [ドメインのすべてのユーザー] に変更されます。

** [このドメイン外 - グループへのアクセス] 設定で [限定公開] をオンにした場合、このオプションは自動的にオフになります。

グループの作成

グループの作成には、次のオプションがあります。

  • インターネット上の誰でもグループを作成できます: 組織内のユーザーに加えて、インターネット上の誰もが、グループ サービスを使用してグループを作成できます。この設定は、グループのアクセス設定で [インターネットで一般公開] がオンになっている場合にのみ選択できます。
  • このドメイン内の誰でもグループを作成できます: 組織内のユーザーのみが、グループ サービスを使用してグループを作成できます。後でこのオプションをオフにしても、ユーザーが作成したグループは引き続き有効であり、グループ宛にメッセージを送信することができます。
  • ドメイン管理者だけがグループを作成できます: 組織の管理者がグループを作成できます。ユーザー自身ではグループを作成できませんが、[マイグループ] ページやグループ ディレクトリで各自のグループ登録状況を管理することは可能です。
  • ユーザーが作成したグループにサフィックスを追加: 指定したテキストをユーザーが作成したグループのアドレスに自動的に追加します。たとえば、「-user-created」というサフィックスを指定すると、ユーザーが「training@altostrat.com」というグループを作成した場合、実際のグループ アドレスは「training-user-created@altostrat.com」になります。このオプションを選択しても、ユーザーがすでに作成済みのグループには影響しません。このオプションを使用すると次のような利点があります。
    • 管理コンソールの [グループ] リストでユーザーが作成したグループを識別できるようになります。グループ アドレスが目立つように、サフィックスの先頭にハイフンを使用することをおすすめします。
    • 管理者が使用する可能性がある「all@[ドメイン名].com」などのグループ アドレスをユーザーが作成できないようにします。
メンバーとメールアクセス

メンバーとメールには、次のオプションがあります。

  • グループ オーナーはこのドメイン外のメンバーを許可できます: グループ オーナーは、外部アドレスを持つメンバーをグループに追加できます。また、組織外のユーザーがグループに参加できるようにすることも可能です。後でこのオプションをオフにした場合も、ユーザーのグループに追加済みのアドレスはグループに残ります。
  • グループ オーナーはこのドメイン外からの受信メールを許可できます: グループ オーナーは、組織外のユーザーによるグループへのメール送信を許可することができます。このオプションをオンにした場合、[インターネット上のすべてのユーザーにもメッセージの投稿を許可します] という新しいオプションが使用できるようになります。このオプションは [新しいグループを作成] ページの [チーム] の欄に表示され、管理者がいつでも利用できます。

外部のユーザーにメンバーとしての参加をリクエストする

管理者はグループにメッセージを投稿する前に、外部のユーザーにグループへの参加をリクエストできます。

  1. ビジネス向け Google グループの [グループ] ページで、[グループ設定] > [アクセス] をクリックします。
  2. [メッセージを投稿できるユーザー] から [メンバーのみ] を選択します。
グループの公開設定

公開設定では、グループ ディレクトリでグループをどのように表示するかを指定します。なお、管理者は新しいグループのデフォルト設定を選択できます。

: グループ メンバーのグループ ディレクトリには、自分が属するグループが常に表示され、グループ オーナーは自分のグループの公開設定を変更できます。

  • グループ オーナーはグループをグループ ディレクトリから非表示にできます: グループのオーナーは、グループを表示しないようにすることができます。このオプションをオンにすると、グループのメンバーのみがグループ ディレクトリにグループを表示できます。
  • 新しく作成されたグループをグループ ディレクトリから非表示にします: 新しいグループの公開設定は、自動的に [メンバーのみ] に設定されます。グループ オーナーはこの設定をオーバーライドできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。