Manage Google Groups settings for your organization

ビジネス向け Google グループの共有オプションの設定

ビジネス向け Google グループの共有オプションでは、次のことを指定できます。

  • 組織外のユーザーによるグループの表示や参加の可否
  • 組織内のユーザーによる自分自身のグループの可否
  • グループの管理者によるグループへの組織外のユーザーの追加の可否
注: ビジネス向け Google グループが有効である場合、グループのメンバーはいつでも自分のメンバーシップを管理できます。グループの設定によっては、自分からグループに参加したり、メッセージのメール通知を有効化または無効化したりすることもできます。

ビジネス向け Google グループの共有オプションを設定する

この機能を利用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ビジネス向け Google グループ] にアクセスします。

    [アプリ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [共有設定] または [詳細設定] をクリックします。
  4. [共有オプション] で設定を選択します。各オプションの詳細については次の通りです。

使用できる共有オプション

すべて開く  |   すべて閉じる

このドメイン外 - グループへのアクセス

グループへの外部アクセスの制御には、次のオプションがあります。

  • インターネットで一般公開 - 組織内のユーザーも組織外のユーザーも、グループ ディレクトリでグループの一覧を表示できます。グループの設定によっては次の操作も行えます。
    • グループ情報のページを表示する(ディスカッション アーカイブを含む)
    • グループへの登録を管理する
    • グループにメッセージを投稿する

    [インターネット上で一般公開] を選択する場合は、[メンバーとメール アクセス] の次のオプションを選択することも検討してください。

    • グループ オーナーはこのドメイン外のメンバーを許可できます - グループ オーナーは、外部アドレスを持つメンバーをグループに追加できます。また、組織外のユーザーがグループに参加できるようにすることも可能です。後でこのオプションをオフにした場合も、ユーザーのグループに追加済みのアドレスはグループに残ります。
    • グループ オーナーはこのドメイン外からの受信メールを許可できる - グループ オーナーは、組織外のユーザーによるグループへのメール送信を許可することができます。このオプションをオンにした場合、[インターネット上のすべてのユーザーにもメッセージの投稿を許可します] という新しいオプションが使用できるようになります。このオプションは [新しいグループを作成] ページの [チーム] に表示され、管理者がいつでも利用できます。
  • 限定公開 - グループ サービスは、組織内のユーザーに限定されます。ただし、登録済みの外部メンバーは、引き続きグループにメールを送信できます。
デフォルトの「トピックを表示」権限

トピックを表示できるユーザーのデフォルトを設定できます。グループ オーナーとマネージャーは、デフォルトの設定をそのままにするか変更するかを選択できます。

注: この設定は、管理コンソールまたは Cloud Directory API で作成したグループではご利用いただけません。

次のいずれかのオプションを選択します。

オプション 説明
オーナーのみ オーナーの役割を持つユーザーのみがグループのトピックを表示できる。
オーナーとマネージャー オーナーまたはマネージャーの役割を持つユーザーのみがグループのトピックを表示できる。
グループのすべてのメンバー メンバーの役割を持つすべてのユーザーがグループのトピックを表示できる。
ドメインのすべてのユーザー グループのメンバーであるかどうかにかかわらず、ドメイン内のすべてのユーザーがグループのトピックを表示できる。*
インターネット上のすべてのユーザー 組織外のユーザーを含め、誰でもグループのトピックを表示できる。**

* [このドメイン外 - グループへのアクセス] 設定を [インターネットで一般公開] から [限定公開] に変更した場合、[デフォルトの「トピックを表示」権限] 設定は自動的に [インターネット上のすべてのユーザー] から [ドメインのすべてのユーザー] に変更されます。

** [このドメイン外 - グループへのアクセス] 設定で [限定公開] をオンにした場合、このオプションは自動的にオフになります。

グループの作成

グループの作成には、次のオプションがあります。

オプション 説明
インターネット上の誰でもグループを作成できます 組織内のユーザーに加えて、インターネット上の誰もが、groups.google.com の Google グループ サービスを使用してグループを作成できます。この設定は、グループのアクセス設定で [インターネット上で一般公開] がオンになっている場合にのみ適用されます。
このドメイン内の誰でもグループを作成できます 組織のユーザーのみが、groups.google.com で Google グループ サービスを使用してグループを作成できます。後でこのオプションをオフにしても、ユーザーが作成したグループは引き続き有効であり、グループ宛にメッセージを送信することができます。
ドメイン管理者だけがグループを作成できます 組織内の管理者は誰でも管理コンソールでグループを作成できます。ユーザー自身ではグループを作成できませんが、groups.google.com の [マイグループ] ページやグループ ディレクトリから各自のグループ登録状況を管理できます。
ユーザーが作成したグループにサフィックスを追加

Google グループ サービス(groups.google.com)で作成したグループのメールアドレスの末尾に、指定した文字列が自動的に追加されます。

たとえば、「-user-created」というサフィックスを指定した場合、ユーザーが「training@altostrat.com」というグループを作成すると、実際のメールアドレスは「training-user-created@altostrat.com」になります。

ユーザーがすでに作成したグループ、管理コンソールまたは Cloud Directory API で作成したグループには、サフィックスは追加されません。

必要に応じてサフィックスを追加します。

  • 管理コンソールで作成したグループと Google グループ サービス(groups.google.com)で作成したグループを区別します。サフィックスは groups.google.com で作成されたグループにのみ適用されます。管理コンソールの [グループ] リストで目立つように、サフィックスの先頭にハイフンを使用することをおすすめします。
  • 管理者が使用する可能性があるメールアドレス(all@[ドメイン名].com など)を持つグループをユーザーが作成できないようにします。
メンバーとメールアクセス

管理者は外部のユーザーがメッセージを投稿する前に、グループへの参加をリクエストできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。

    [グループ] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. グループの名前をクリックします。
  4. [設定] で [アクセス設定] をクリックします。
  5. [アクセスタイプ] の [投稿を公開] で、次の操作を行います。
    1. [グループのオーナー]、[グループの管理者]、[グループのメンバー] のチェックボックスをオンにします。
    2. [組織全体] と [外部] のチェックボックスをオフにします。
  6. [組織外のメンバーの許可] をオンにします。 

    メモ: 管理者は、管理コンソールを使用して、いつでもグループに外部のメンバーを追加できます。
  7. [保存] をクリックします。
グループの公開設定

管理者は、組織内で作成した新しいグループのデフォルトの公開設定を選択できます。グループの公開設定により、検索結果と組織のディレクトリにグループが表示されるかどうかが決まります。ディレクトリは、ご利用の G Suite アカウントに含まれる全グループの閲覧可能なリストです。

デフォルトの公開設定オプション:

  • グループ オーナーはグループをグループ ディレクトリから非表示にできます - グループのオーナーは、グループを表示しないようにすることができます。このオプションをオンにすると、グループのメンバーのみがグループ ディレクトリにグループを表示できます。
  • 新しく作成されたグループをグループ ディレクトリから非表示にする - 新しいグループの公開設定は、自動的にメンバーのみに設定されます。グループ オーナーはこの設定をオーバーライドできます。

グループ オーナーは自分のグループの公開設定を変更できます。  

: グループのメンバーは、自分が属しているグループをいつでもディレクトリで確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。