管理者による GWSMO の設定

Google Workspace Sync for Microsoft Outlook

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

この記事は、GWSMO を設定する管理者を対象としています。GWSMO の使用を開始するにあたっては、GWSMO ユーザー向けのヘルプセンター記事をご覧ください。

組織内のユーザーに対して Google Workspace Sync for Microsoft Outlook(GWSMO) を設定することで、ユーザーは Google Workspace と Outlook の間でメール、予定表、連絡先のデータを同期できるようになります。

インストールと設定を開始する前に、システム要件を満たしていることを確認してください。

システム要件

オペレーティング システムの要件

  • Microsoft Windows Vista SP1(32 ビットと 64 ビット)
  • Windows 7(32 ビットと 64 ビット)
  • Windows 8(32 ビットと 64 ビット)
  • Windows 10(32 ビットと 64 ビット)

どのバージョンの Windows をご使用の場合も、そのバージョン用の最新のパッチを適用しておくことをおすすめします。

非対応のオペレーティング システム 備考
Apple Mac

Microsoft Outlook for Mac では、GWSMO が Outlook と通信するために必要な MAPI(Messaging Application Programming Interface)がサポートされていません。

Microsoft Windows 10 ARM ベースのパソコン(32 ビット(ARM32)、64 ビット)(ARM64) ARM ベースのチップセットでは Outlook プロファイルを作成できません。Microsoft Windows 10 ARM ベースのパソコンの使用については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。
Microsoft Windows XP、Microsoft Windows Server 2003 Microsoft によるサポートが基本的に行われなくなったため、Google のデータ移行サービスとデータ同期サービスにおけるサポートは 2018 年 12 月 31 日をもって終了しました。詳細

Outlook の要件

  • Outlook 2003 SP3
  • Outlook 2007 SP2(または修正プログラムが適用された SP1)
  • Outlook 2010(32 ビットと 64 ビット)Service Pack 2
  • Outlook 2013(32 ビットと 64 ビット)
  • Outlook 2016(32 ビットと 64 ビット)
  • Outlook 2019(32 ビットと 64 ビット)

: Microsoft による Outlook 2003 と Outlook 2007 のサポートはすでに終了しているため、サポート対象バージョンの Microsoft Outlook にアップグレードすることをおすすめします。

ユーザーの権限

GWSMO をインストールするにはユーザーに各自のパソコンのローカル管理者権限が必要です。

ポートの要件

各ユーザーのパソコンで、次のアプリケーション向けにポート 443 を開きます。

  • Outlook.exe
  • ProfileEditor.exe

プロトコル

GWSMO では、Google が所有する GWSMO 固有の Gmail 同期プロトコルを使用して、HTTPS 経由で Google サービスに接続します。また、次の API も使用します。

GWSMO では IMAP または SMTP は使用しません。

GWSMO の設定とインストール

すべて開く   |   すべて閉じる

ステップ 1: Google 管理コンソールで GWSMO を設定する

管理コンソールで次の機能を有効にします。

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. アカウントで GWSMO を有効にします。
    1. ダッシュボードで、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [エンドユーザーのアクセス] をクリックします。
    2. [Google Workspace Sync] 次に [ユーザーが Google Workspace Sync for Microsoft Outlook を使用できるようにする] チェックボックスをオンにします。
    3. [保存] をクリックします。
  3. Google カレンダー サービスを有効にします(これでユーザーがプロファイルを作成できるようになります)。詳しくは、ユーザーのカレンダーを有効または無効にするをご覧ください。
  4. 組織の連絡先の共有を有効にして、ユーザーのグローバル アドレス一覧が動的に更新されるようにします。
    1. 管理コンソールのホームページから、メニュー アイコン 次に [ディレクトリ] 次に [ディレクトリ設定] に移動します。
    2. [共有設定] 次に [連絡先の共有] をクリックします。
    3. [連絡先の共有を有効にする] チェックボックスをオンにします。
    4. [保存] をクリックします。
  5. ドライブ サービスとドライブ アプリを有効にします(メモをドライブに同期するために必要です)。
    1. ドライブを有効にするには、ユーザーのドライブを有効または無効にするをご覧ください。
    2. ユーザーにドライブ アプリのインストールを許可するには、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] 次に [機能とアプリケーション] をクリックします。
    3. [Drive SDK] をクリック 次に [Drive SDK API 経由での Google ドライブへのアクセスをユーザーに許可する] をオンにします。
    4. [保存] をクリックします。
ステップ 2: GWSMO をインストールする

Google Workspace と Outlook の間でデータを同期する組織内のユーザーは、自分のパソコンに GWSMO をインストールする必要があります。インストールには次の 2 つの方法があります。

方法 1: MSI ファイルをユーザーにプッシュする

この方法を使用するには、GWSMO のダウンロード ページから MSI ファイルをダウンロードします。ユーザーが使用している Outlook のバージョンに応じて、適切なエディション(32 ビットまたは 64 ビット)を選択してください。

その後、組織のアプリケーションの導入と保護に使用しているソフトウェアを使って、MSI ファイルをユーザーにプッシュできます。

ユーザーにはインストール手順に関するページを参考にインストールしてもらいます。

方法 2: ユーザーが自分で GWSMO をダウンロードしてインストールする

ユーザーは、GWSMO のダウンロード ページから EXE ファイルをダウンロードできます。

次に、こちらの手順に沿ってファイルをインストールできます。

インストール場所

各ユーザーのパソコンでのデフォルトのインストール場所は、C:\Program Files\Google\Google Apps Sync です。

ステップ 3:(省略可)Exchange ユーザーの空き時間情報を設定する

Google Workspace と Microsoft Exchange が混在する環境で GWSMO を使用している場合に、Exchange ユーザーの空き情報を確認できるようにするには、以下の設定が必要です。

  1. Google Calendar Connector Web Service をインストールして設定します。手順については、Google Calendar Connector Web Service Installation and Configuration Guide をご覧ください。

    重要: このウェブサービスを設定するときは、Google Calendar Connector Sync Service を設定しないようにしてください

  2. GWSMO がインストールされている各パソコンで、次のレジストリキーと、それに付随する文字列値を作成します。32 ビット版の Outlook64 ビット版の Windows で実行している場合は、このレジストリキーを 32 ビット アプリケーション用の適切な場所に作成します。詳しくは、レジストリを使用してオプションを設定するで、Windows レジストリの使用についてご確認ください。
    • レジストリキー - HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Google Apps Sync\CalendarSync
    • 文字列値 - 値の名前: FreeBusyURL、値のデータ: <Calendar Connectors の URL>


      http://www.MY_COMPANY_FREEBUSY_SERVER.com/GCalExchangeLookup/ExchangeQuerier.aspx(MY_COMPANY_FREEBUSY_SERVER は実際に会社で使っているサーバーに置き換えます)

: Google Calendar Connector Web Service のインストールに関するトラブルシューティングは、Google サポートの対象外です。

データの読み込み

すべて開く   |   すべて閉じる

Google Workspace Migration for Microsoft Outlook との統合

GWSMO を使用すると、ユーザーは Exchange アカウントまたは Outlook の PST ファイルからデータを読み込むことができます。GWSMO では、これを行うために個別の移行サービスである Google Workspace Migration for Microsoft Outlook (GWMMO) を使用します。GWMMO 移行サービスは GWSMO で自動的に起動されるので、別のサービスを使用していることをユーザーが意識することは通常ありません。

ユーザーが次の操作を行った場合に GWSMO で移行サービスが起動されます。

スタンドアロン移行サービスとしての GWMMO

ユーザーは GWMMO をスタンドアロン アプリケーションとして起動できます。[スタート] メニューから [Google Workspace Migration] 次に [Google Workspace Migration for Microsoft Outlook] をクリックします。

ただしこの場合、Outlook のメモ、仕事、履歴項目は読み込まれません。このデータを読み込むには、GWSMO を実行する必要があります。

GWMMO 移行サービスのインストール方法

GWMMO 移行サービスは、各ユーザーのパソコンにインストールする必要があります。

ユーザーが自分で GWSMO をダウンロードしてインストールすると(上述の方法 2)、GWMMO 移行サービスが自動的にインストールされます。

GWSMO を MSI ファイルとしてユーザーにプッシュする場合(上述の方法 1)は、GWMMO 移行サービスもプッシュする必要があります。または、ユーザーに自分で GWMMO をインストールしてもらうこともできます。詳しくは、GWMMO をインストールするをご覧ください。

読み込まれる内容

ユーザーは、メール、連絡先、カレンダーの予定、Outlook のメモを同期できます。同期後は、これらを Outlook と Google Workspace ウェブ インターフェースの両方で利用できます。

Outlook のタスクも Google Workspace と同期できますが、GWSMO の起動後にのみ可能です(メール、連絡先、カレンダーの予定は読み込み中に同期されます)。

Outlook の履歴項目は Google Workspace と同期されませんが、初回同期時に Outlook プロファイルから読み込むことができます。

詳しくは、Outlook と Google Workspace の間で同期されるアイテムをご覧ください。

お困りの場合

GWSMO と GWMMO に関するご不明点については、Google Workspace サポートにお問い合わせください。Outlook または Windows に関するご不明点については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false