検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

管理者による GSSMO の設定

この機能は Google Apps(無償版)(お申し込み受け付けは終了いたました)ではご利用いただけません。

このページは、組織のユーザー向けに G Suite Sync for Microsoft® Outlook(GSSMO)の導入を計画している管理者を対象としています。GSSMO をご自分でインストールして使用するには、GSSMO のユーザー向けヘルプをご覧ください。

GSSMO とは

G Suite Sync for Microsoft Outlook は、Microsoft Outlook を G Suite のメール、カレンダー、連絡先のクライアントとして使用するための Microsoft Outlook プラグインです。メール、カレンダーの予定(定期的な会議を含む)、連絡先すべてが G Suite と Microsoft Outlook の間で同期されます。Outlook のメモは Google ドキュメントと同期されます。Outlook の仕事は Gmail の ToDo リスト ガジェットと同期されます。組織のグローバル アドレス一覧も自動的に同期されます。グローバル アドレス一覧には、G Suite ユーザー、グループ、共有の連絡先、会議室が含まれ、連絡先を検索したり、ユーザーや会議室の空き時間情報を確認したりすることもできます。

ベータ版機能: Outlook のメモと仕事の G Suite との同期は、現時点ではベータリリースの機能です。

データ同期は、Outlook を起動するたびに実行されるほか、次のスケジュールで実行されます。

  • メール: 毎分
  • カレンダー: 会議の招待状を作成、受信した直後、または 10 分ごと
  • 連絡先: 20 分ごと
  • グローバル アドレスの一覧: 24 時間ごと
  • メモ: メモを作成または変更した直後、または 60 分ごと
  • 仕事: 2 時間ごと

読み込み: GSSMO では、Outlook で最初にユーザー プロファイルを設定するときや、後からいつでも、Outlook から G Suite にデータを読み込むこともできます。読み込むときに、Exchange アカウントから直接読み込むか、PST ファイルから読み込むかを選択できます。G Suite 側の制限のため、実行ファイルや 25 MB を超える添付ファイルは Gmail に読み込まれないのでご注意ください。詳しくは下記をご覧ください

サポートされる Microsoft Outlook の機能や、Microsoft Outlook を Microsoft Exchange などの他のメールシステムで使用する場合との違いについては、GSSMO のユーザー向けヘルプをご覧ください。

G Suite の要件と設定

エディションの要件

  • G Suite、G Suite for Education、G Suite for Government

管理コンソールの設定

管理コンソールで次の機能を有効にします。

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. アカウントで GSSMO を有効にします。
    1. ダッシュボードから、[アプリ] をクリックし、[G Suite] > [Gmail] > [ユーザー設定] をクリックします。
    2. [GSSMO] セクションで [ユーザーが G Suite Sync for Microsoft Outlook を使用できるようにする] をオンにします。
    3. [保存] をクリックします。
  3. Google カレンダー サービスを有効にします(これでユーザーがプロファイルを作成できるようになります)。詳しくは、ユーザー向けにカレンダーを有効または無効にするをご覧ください。
  4. グローバル アドレス一覧(GAL)Generator を使用する場合は次の操作を行います。
    1. 次のいずれかを行います。
      • クラシック UI の場合は、[ドメインの設定] > [ユーザー設定] をクリックします。
      • 新しい UI の場合は、[セキュリティ] > [API リファレンス] をクリックします。
        設定を行う場所 使用中の UI を確認
    2. [API アクセスを有効にする] をオンにします。
    3. [保存] をクリックします。
  5. 連絡先の共有を有効にして、ユーザーのグローバル アドレス一覧が動的に更新されるようにします。
    1. [アプリ] > [G Suite] > [連絡先] > [共有設定] をクリックします。
    2. [連絡先の共有を有効にする] をオンにします。
    3. [保存] をクリックします。
  6. ドライブ サービスとドライブ アプリを有効にします(メモをドライブと同期する場合に必須)。
    1. ドライブを有効にするには、ユーザー向けにドライブを有効または無効にするをご覧ください。
    2. ユーザーがドライブ アプリをインストールできるようにするには、[アプリ] > [G Suite] > [ドライブ] > [データアクセス] をクリックします。
    3. [Drive SDK] セクションの [Google ドライブ アプリのインストールをユーザーに許可する] をオンにします。
OS と Microsoft Outlook の要件

参考までに Microsoft のウェブサイトへのリンクを示します。リンクとその内容は、予告なく変更されることがあります。最新の設定やサポート情報については、Microsoft のウェブサイトをご覧ください。

オペレーティング システムの要件

: G Suite Sync for Microsoft Outlook は Mac ではサポートされていません。Microsoft Outlook for Mac では、GSSMO が Outlook と通信するのに必要なメッセージング アプリケーション プログラミング インターフェース(MAPI)がサポートされていません。この Outlook の制限により、Mac 互換バージョンの GSSMO を開発することができません。

Microsoft Outlook の要件

ユーザーの権限の要件

ユーザーがインストールを行うには、ユーザーにパソコンのローカルの管理権限が必要です。

ポート要件

G Suite Sync for Microsoft Outlook をインストールするパソコンで、ポート 443 を開いて、次のアプリケーションが使用できるようにします。

  • Outlook.exe
  • ProfileEditor.exe
GSSMO のインストール

GSSMO は、プラグインを使用する各ユーザーのパソコンにインストールする必要があります。インストールには次の 2 つの方法があります。

  • .msi ファイルをユーザーにプッシュし、各ユーザーが Windows の [コントロール パネル] の [SCCM プログラム ウィザードの実行] オプションを使用できるようにします。下記の .msi ファイルをダウンロードします。ユーザーの Outlook のバージョンに応じて適切なファイルを選択してください。.msi ファイルの実装について詳しくは、Windows のドキュメントをご覧ください。
    32 ビット版 enterprise_gsync.msi をダウンロード(Outlook 2003、2007、2010、2013、2016、32 ビット版)
    64 ビット版 enterprise_gsync.msi をダウンロード(Outlook 2010、2013、2016、64 ビット版)
  • GSSMO ダウンロード ページからユーザーが各自で GSSMO をダウンロードします。その後、こちらの手順でプラグインをインストールします。

読み込み: 古い Outlook データを G Suite に移行するには、ユーザー側に G Suite Migration for Microsoft Outlook for Microsoft Outlook という別のツールが必要です。ユーザーがダウンロード ページから GSSMO バージョン 2.1 以降をダウンロードした場合は、この移行ツールが自動的にインストールされます。ただし、管理者が GSSMO を .msi ファイルでユーザーにプッシュする場合は、G Suite Migration for Microsoft Outlook もプッシュするか、ユーザーに各自で移行ツールをインストールしてもらう必要があります。詳しくは下記をご覧ください。

G Suite Migration for Microsoft Outlook for Microsoft Outlook との統合

GSSMO を使用すると、ユーザーは G Suite Migration for Microsoft Outlook for Microsoft Outlook という別の移行ツールを使用して、Exchange アカウントや Outlook PST ファイルからデータを読み込むことができます。 移行ツールは GSSMO によって起動され、シームレスにデータを読み込むので、ユーザーが別のツールの使用を意識することはほとんどありません。

次の場合に、GSSMO によって移行ツールが起動します。

  • ユーザーがユーザー プロファイルを作成してデータを読み込むとき。つまり、最初に GSSMO をインストールしたときか、Windows の [スタート] メニューから [GSSMO] > [Set up a GSSMO user] を選択したとき(新しいプロファイルの作成をご覧ください)。
  • ユーザーが既存のプロファイルにデータを読み込むとき(Windows の [スタート] メニューから [GSSMO] > [Import data to GSSMO] を選択したとき)。

どちらの場合も、ユーザーはメール、連絡先、予定表の予定、Outlook メモを読み込んで、Outlook と G Suite のウェブ インターフェースの両方でデータを利用できるようになります。Outlook の仕事と履歴項目も読み込めますが、Outlook でしか使用できません。

移行ツールのインストールが必要: G Suite Migration for Microsoft Outlook を起動するには、ユーザーのパソコンに移行ツールがインストールされている必要があります。GSSMO ダウンロード ページから GSSMO バージョン 2.1 以降をダウンロードした場合は、G Suite Migration for Microsoft Outlook が自動的にダウンロードされるので、ユーザーは特に設定を行わなくてもデータを読み込むことができます。ただし、GSSMO の以前のバージョンからアップグレードした場合は、データを読み込むには G Suite Migration for Microsoft Outlook を各自でインストールする必要があります。詳細については、インポート オプションを有効にするをご覧ください。

また、.msi インストール ファイルをダウンロードしても G Suite Migration for Microsoft Outlook は自動的にインストールされないので、ユーザーが .msi ファイルで GSSMO をインストールする場合は、管理者がユーザーに移行ツールをプッシュする必要があります。詳細については、前述の GSSMO のインストールをご覧ください。

G Suite Migration for Microsoft Outlook をスタンドアロンで実行: ユーザーは、Windows の [スタート] メニューの [G Suite Migration for Microsoft Outlook] メニューから G Suite Migration for Microsoft Outlook をスタンドアロン アプリケーションとして起動することもできます。ただしこの場合、Outlook のメモ、仕事、履歴項目は読み込まれません。このデータを読み込むには、ユーザーは GSSMO を使って各自で移行を実行する必要があります。

Exchange ユーザーの空き時間情報の確認

G Suite と Exchange が並存する環境で GSSMO を使用している場合、Exchange ユーザーの空き時間情報を確認するには、次の作業を行う必要があります。

  • Google Calendar Connectors を有効にします。
  • GSSMO がインストールされている各パソコンで次のレジストリ キーと文字列値を作成します。
    • レジストリキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\GSSMO\CalendarSync
    • 文字列値: 値の名前: FreeBusyURL、値のデータ: <Calendar Connector の URL> — 例: http://www.MY_COMPANY_FREEBUSY_SERVER.com/GCalExchangeLookup/ExchangeQuerierAsIcal.aspx(MY_COMPANY_FREEBUSY_SERVER は会社のサーバーの名前に置き換えてください)。
    注: 32 ビット版の Outlook 64 ビット版の Windows で実行している場合は、このレジストリキーを 32 ビットのアプリケーション用の適切な場所で作成します。詳細については、レジストリを使用した制限とオプションの設定の Windows レジストリを使用する手順をご覧ください。
自動更新の制御

管理者は Google Update を使用して、ユーザーのパソコンで GSSMO を自動更新するかどうかを制御できます。詳細をご覧ください。

 

関連トピック:

ご意見を送信したりサポートを受けたりするには:

Google Cloud サポートでは、同期ツールについてはサポートを提供していますが、Microsoft Outlook や Windows についてはサポートの対象外となりますのでご了承ください。Outlook や Windows についてご不明な点がございましたら、Microsoft にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。