通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

メール送信者のガイドラインに関するよくある質問

このよくある質問では、メール送信者のガイドライン(旧称「一括送信ガイドライン」)に関する追加の詳細情報を提供します。このガイドラインでは、個人用 Gmail アカウントにメールを送信する場合の Google の要件について説明しています。

このよくある質問は随時更新されるため、メールの一括送信者に関する最新の情報と要件を定期的にご確認ください。

一括メール送信者がメール送信者のガイドラインの要件を満たすことができるよう、Postmaster Tools に新しいコンプライアンス ステータス ダッシュボードを追加しました。このダッシュボードは一括送信者のみにご利用いただけます。

すべて開く  |  すべて閉じる

一括送信者

一括送信者とは

一括送信者とは、個人の Gmail アカウントに 24 時間以内に 5,000 件近くあるいはそれ以上のメールを送信するユーザーのことを指します。同じプライマリ ドメインから送信されたメールは、上限である 5,000 件にカウントされます。

送信元ドメイン: 上限である 5,000 件の計算には、同じプライマリ ドメインから送信されたすべてのメールがカウントされます。たとえば、solarmora.com から 2,500 件、promotions.solarmora.com から 2,500 件のメールを個人の Gmail アカウントに毎日送信しているとします。この場合、5,000 件のメールはすべて同じプライマリ ドメイン(solarmora.com)から送信されているため、一括送信者とみなされます。詳しくは、ドメイン名に関する基本ガイドをご覧ください。

この条件を 1 回以上満たすユーザーは、恒常的に一括送信者とみなされます。

一括送信者のステータスに有効期限はありますか?送信方法を変更して、一括送信者のステータスを削除できますか?

一括送信者のステータスに有効期限はありません。一括送信者として分類されたメール送信者は、恒常的に一括送信者として分類されます。メールの送信方法を変更しても、恒常的な一括送信者としてのステータスには影響しません。

一括送信者が送信者のガイドラインを満たしていることを確認するには、どうすればよいですか?

一括送信者は、Postmaster Tools を使用して、メールの処理方法がメール送信者のガイドラインに準拠していることを確認する必要があります。詳しくは、メール送信者の要件と Postmaster Tools に関するよくある質問をご覧ください。

Google Workspace アカウント

送信者のガイドラインは Google Workspace アカウントに送信されるメールにも適用されますか?

メール送信者のガイドラインは、Google Workspace アカウントに送信されるメールには適用されません。送信者の要件と Google による措置は、個人の Gmail アカウントにメールを送信する場合にのみ適用されます。

送信者のガイドラインは Google Workspace アカウントから送信されるメールにも適用されますか?

個人の Gmail アカウントにメールを送信する場合、メール送信者のガイドラインの要件を満たすことが Google Workspace ユーザーを含むすべての送信者に対して要求されます。この要件は、Google Workspace の受信メールとドメイン内のメールには適用されません。

送信ガイドラインの適用

送信ガイドラインの適用スケジュールについて教えてください。

Google のメール送信ガイドラインの要件を満たしていない一括送信者に対する措置は、段階的に行われます。

送信者の要件を満たしていない一括送信者は、要件を満たしていない一部のメールで一時的なエラー(エラーコードを含む)を受け取るようになります。送信者はこの一時的なエラーを利用することによって、Google のガイドラインに沿っていないメールを特定して、コンプライアンスに適合しない問題を解決できます。一時的なエラーが発生した場合、メールシステムは通常、しばらく待ってからメールの送信を再試行します。

送信者には、Postmaster Tools を使用してメールのコンプライアンス ステータスを確認することが推奨されます。

適用スケジュールを以下の表に示します。このスケジュールは必要に応じて更新されます。

送信者の要件 適用

SPF 認証と DKIM 認証

Gmail From: ヘッダーのなりすまし

From: ヘッダーの調整

有効な正引きおよび逆引き DNS レコード

RFC 5322 に合致する形式のメッセージ

TLS を使用して送信されるメッセージ

一時的なエラーとエラーコード

 

 

2024 年 4 月より、ガイドライン非準拠のトラフィックは拒否されるようになります。拒否は段階的に行われ、影響が及ぶのは非準拠のトラフィックのみです。送信者には、一時的な違反措置の適用期間の間に、ガイドラインに準拠するよう必要な変更を加えていただくことを強くおすすめします。

以下の要件の適用開始は、早くとも 2024 年 6 月以降になります。

  • 最小ポリシーが「なし」(p=none)の DMARC レコード。詳しくは、DMARC レコードの値をご覧ください。
  • マーケティング メッセージにおけるワンクリックでの登録解除
  • ユーザーから報告された迷惑メール率が 0.3% を超える場合、または送信者が認証の要件あるいはワンクリックでの登録解除の要件を満たしていない場合は、緩和策を利用できません。
新しいドメインへの適用スケジュールについて教えてください。

新しいドメインとは、2024 年 1 月 1 日以降、個人用 Gmail アカウントに 1 日あたり 5,000 件を超えるメールを送信していないドメインを指します。

すべての一括送信ドメインは要件を満たす必要がありますが、新しいドメインへの要件適用のスケジュールは前倒しになります。

Gmail From: ヘッダーのなりすましに関するガイドラインは、どのような送信者に対して適用されますか?

Gmail From: ヘッダーのなりすましとは、送信者が From: ヘッダーに @gmail アドレスを指定してメッセージを送信したが、そのメッセージが Gmail サーバーから送信されたものでない場合を指します。これはスパマーによるメールの不正使用のよくある形式であり、なりすましと呼ばれます。

上記のスケジュールで説明したように、gmail.com になりすました一括送信者には、一時的なエラーの通知が届くようになります。  

送信者が送信者のガイドラインの要件を満たしていない場合はどうなりますか?

メールが想定どおりに配信されるようにするには、一括送信者がメール送信者のガイドラインに準拠する必要があります。送信者がその要件を満たしていない場合は、メールが拒否されたり、受信者の迷惑メールフォルダに配信されたりすることがあります。

送信者のガイドラインを満たしていないためにメールが拒否された場合、エラー メッセージやその他のアラートが送信されますか?

はい。メールが拒否された場合は、拒否コードと拒否の理由が送信されます。この情報は Postmaster Tools でも確認できます。

どのようなエラーコードが送信されますか?

一時的なエラー メッセージには、どの送信者要件によってエラーが発生しているかを示すエラーコードが含まれます。

エラーコード 説明
4.7.27 送信元のドメインまたは IP アドレスに SPF が設定されていません。すべての送信者は、送信メッセージに SPF 認証または DKIM 認証を使用する必要があります。一括送信者は、送信メッセージに SPF 認証と DKIM 認証の両方を使用する必要があります。
4.7.30 送信元のドメインまたは IP アドレスに DKIM が設定されていません。すべての送信者は、送信メッセージに SPF 認証または DKIM 認証を使用する必要があります。一括送信者は、送信メッセージに SPF 認証と DKIM 認証の両方を使用する必要があります。
4.7.23 ドメインまたは IP アドレスに、有効な正引きおよび逆引き DNS レコードがありません。これはすべての送信者に必須の要件です。
4.7.29 メールが安全な TLS 接続を通じて送信されていません。これはすべての送信者に必須の要件です。
4.7.32 メッセージの From: ヘッダーのドメインが、SPF ドメインまたは DKIM ドメインと整合するよう調整されていません。これは一括送信者に必須の要件です。

迷惑メール率

迷惑メール率の計算には、どのぐらいの期間が対象になりますか?

迷惑メール率は毎日計算されます。メールが想定どおりに配信されるようにするには、送信者は迷惑メール率を 0.1% 未満に保ち、迷惑メール率が 0.3% 以上にならないようにする必要があります。詳しくは、メール送信者のガイドラインをご覧ください。

送信者の迷惑メール率がガイドラインで許可されている迷惑メール率の上限を超えるとどうなりますか?

送信者のガイドラインを満たすには、ユーザーから報告される迷惑メール率を 0.1% 未満に保ち、0.3% 以上にならないようにしてください。

ユーザーから報告される迷惑メール率が配信に及ぼす影響が徐々に大きくなり、迷惑メール率が 0.3% 以上になると、受信トレイへのメール配信の悪影響はさらに大きくなります。現在でも、ユーザーから報告される迷惑メール率が 0.1% を超えると、一括送信者の受信トレイへのメール配信に悪影響がおよびます。

2024 年 6 月以降、ユーザーから報告される迷惑メール率が 0.3% を超える一括送信者は緩和策の対象外となります。

  • ユーザーから報告される迷惑メール率が 0.3% を超えている間は、一括送信者は緩和策の対象外となります。
  • 迷惑メール率やその他のデータポイントは、Postmaster Tools で毎日計算、更新されます。
  • 一括送信者は、7 日間連続して迷惑メール率が 0.3% を下回った場合に緩和策の対象となります。

Postmaster Tools を使用して迷惑メール率を監視できます。

登録解除リンク

すべてのメールに対してワンクリックでの登録解除が求められるのですか?

いいえ。ワンクリックでの登録解除が必要なのは、マーケティングやプロモーションのメールのみです。トランザクション メールはこの要件から除外されます。トランザクション メールの例としては、パスワードの再設定、予約の確認、フォーム送信の確認などがあります。

メールに登録解除のリンクをすでに記載している送信者は、2024 年 6 月 1 日までに、すべての商用メール、プロモーション メールにワンクリックでの登録解除を実装する必要があります。

プロモーション メールとトランザクション メールはどのように区別されますか?

プロモーション メールとトランザクション メールの区別は、業界や適用される規制によって異なります。メールの性質は、Google ではなく受信者が判断します。迷惑メール率が高くなることを防ぐために、マーケティングやプロモーション関連のメール配信の登録をユーザーが簡単に解除できるようにすることを検討しましょう。また、メールを設計する際は、ユーザーを念頭に置くようにしてください。

マーケティングやプロモーション関連のメール配信にワンクリックでの登録解除が必要なのはなぜですか?

ワンクリックでの登録解除により、ユーザーはマーケティングやプロモーション関連のメール配信をすばやく簡単に停止できます。ワンクリックでの登録解除は迷惑メール率の低下にもつながり、メールの配信が改善されます。迷惑メール率が高いと、どのような種類の送信メールでも配信に悪影響が生じます。

RFC 8058 の要件を満たすワンクリックでの登録解除を実装するにはどうすればよいですか?

RFC 8058 の要件を満たすには、メール送信者のガイドラインに記載されているように、マーケティングやプロモーション関連のすべての送信メールに List-Unsubscribe ヘッダーを追加します。サードパーティのメール プロバイダを使用している場合は、これらのヘッダーを送信メールに追加できるオプションがあるかどうかを確認してください。

List-Unsubscribe ヘッダーは、メーリング リストからユーザーを削除することで、ユーザーを直接登録解除します。mailto や URL の登録解除リンクなど、他の種類のワンクリックでの登録解除は、ワンクリックでの登録解除の要件を満たしていません。

プロモーション、マーケティング、商用のメールのワンクリックでの登録の要件を満たしていないメールはどうなりますか?

メール送信者のガイドラインのワンクリックでの登録解除の要件を満たしていないメールが自動的に拒否されたり、迷惑メールに分類されたりすることはありません。

ただし、ワンクリックでの登録解除を利用していない不要なメールは、受信者から迷惑メールとして報告される可能性が高くなります。迷惑メールに分類されたメールが増えると、今後、同じ送信者から配信されるメールが迷惑メールに分類される可能性が高くなります。

また、一括送信者は、ワンクリックでの登録解除を含め、メール送信者のガイドラインのすべての要件を満たしている場合にのみ、緩和策の対象となります。

List-unsubscribe: ヘッダーがない場合、メール本文にワンクリックでの登録解除リンクがあるかが確認されますか?

いいえ。ワンクリックでの登録解除は、RFC 8058 に沿って、メール送信者のガイドラインに記載されているように、プロモーション関連の送信メールに List Unsubscribe ヘッダーを追加して実装する必要があります。メールの本文に mailto リンクを記載しても、ワンクリックでの登録解除の要件を満たしたことにはなりません。

メールのコンテンツに登録解除リンクを追加する場合は、ワンクリックでの登録解除リンクにする必要がありますか?

いいえ。メール送信者のガイドラインに記載されているように、List Unsubscribe ヘッダーを使用したワンクリックでの登録解除がメールに含まれている場合は、メール本文にワンクリックでの登録解除のリンクを追加する必要はありません。メール本文に登録解除リンクを追加すれば、指定した設定ウェブページにリンクできます。

受信者がワンクリックでの登録解除を使用した場合、いつまでに受信者をメーリング リストから削除する必要がありますか?

迷惑メールの報告を減らし、送信側の評価を守り、メーリング リストを健全な状態に保つために、登録解除のリクエストには 48 時間以内に対応することをおすすめします。これは、メーリング リストから受信者を削除する場合に適切なタイムラインです。

マーケティング メールを頻繁に送信する場合は、受信者からの登録解除リクエストを尊重することが特に重要です。これにより、メール配信が改善され、メールを希望する関心の高いユーザーにとっての価値が高まります。

すべてのプロモーション メールの登録が解除されるのを防ぐには、どうすればよいですか?

ワンクリックでの登録解除を行っても、同じ送信者からのすべてのメールの受信が自動的に解除されるわけではありません。RFC 8058 に準拠したワンクリックでの登録解除を実装する場合、メール送信者のガイドラインで説明されているように List Unsubscribe ヘッダーを使用すると、そのメールに関連付けられているメーリング リストのみから受信者を削除できます。ワンクリックでの登録解除では、受信者を削除するメーリング リストを指定できます。

ワンクリックでの登録解除の要件を満たしている場合は、メール本文に登録解除のリンクを追加して、ユーザーをメーリング リストの設定ページに誘導することもできます。このタイプのリンクは RFC 8058 に準拠していないため、ワンクリックでの登録解除のメールヘッダーを使用しないでこのタイプのリンクのみを使用すると、送信者のガイドラインに記載されているワンクリックでの登録解除の要件を満たさないことに注意してください。

メンテナンスなどの理由で登録解除リンクが一時的に利用できない場合、メールは迷惑メールとして報告されますか?

登録解除リンクが長期間機能していない場合、メールはワンクリックでの登録解除の要件を満たしません。こうしたメールが迷惑メールに分類されることはありませんが、送信者はメール配信の問題の緩和策の対象にはなりません。

今後も mailto リンクを使用できますか?

mailto リンクは引き続きサポートされますが、ワンクリックでの登録解除の要件を満たしません。ワンクリックでの登録解除の要件を満たすには、RFC 8058 およびメール送信者のガイドラインに記載されているように、すべての商用メール、プロモーション メールに List-Unsubscribe メールヘッダーを使用し、List-unsubscribe: ヘッダーに HTTPS URL を 1 つ追加します。

ワンクリックでの登録解除リンクからランディング ページまたは設定ページにアクセスできますか?

送信者は、RFC 8058 で定義されているワンクリックの登録解除の仕様に従い、メール送信者のガイドラインに記載されているように、送信するすべてのプロモーション メールに List Unsubscribe ヘッダーを追加する必要があります。

メール管理者は、ワンクリックでの登録解除を実装するためのリファレンスとして、RFC 8058 を使用する必要があります。ランディング ページやその他の種類のウェブページに移動するワンクリックでの登録解除リンクは RFC 8058 に準拠していません。

メール認証

一括送信者の DMARC 調整要件とは何ですか?

個人の Gmail アカウントに直接送信されるメールの場合、送信者の From: ヘッダーのドメインが SPF 組織ドメインまたは DKIM 組織ドメインと調整される必要があります。一括送信者は SPF と DKIM の両方の認証を設定する必要がありますが、送信者の調整要件を満たすために必要な設定はいずれか一方のみです。

転送リストやメーリング リストのメール(「間接メール」とも呼ばれます)の場合、DMARC 調整は不要ですが、このようなメールには ARC ヘッダーが必要です。詳しくは、ARC 認証とヘッダーをご覧ください。

認証の信頼性を確保するには、DMARC を SPF と DKIM の両方に完全に対応させることを、すべての送信者におすすめします。最終的には、SPF と DKIM の両方の DMARC 調整が送信者の要件となる可能性があります。詳しくは、DMARC の調整をご覧ください。

DMARC 認証で不合格となったメールは、IP 許可リストまたは迷惑メールのバイパスリストを使用して配信できますか?それとも、これらのメールは検疫されますか?

認証や調整の問題が原因でメールが DMARC 認証に失敗した場合、通常は送信元ドメインの DMARC ポリシーで定義されている施行が適用されます。送信元ドメインに DMARC ポリシーがない場合、メールは拒否されるか、迷惑メールに分類される可能性があります。DMARC 認証の失敗は、メールが拒否されるか、迷惑メールに分類されるか、想定どおりに配信されるかを判断する要因の 1 つです。DMARC 認証は重要な判断要因であるため、これらのメールは通常、送信元ドメインの DMARC ポリシーの適用設定に基づいて処理されます。

詳しくは、DMARC ポリシーと適用オプションをご覧ください。

サポートとエスカレーション

一括送信者は、メール配信の問題に関するテクニカル サポートを受けることができますか?

一括送信者がメール送信者のガイドラインに記載されているすべての要件を満たしている場合は、メール配信の問題に関するエスカレーションを送信できます。テクニカル サポートに問い合わせる前に、すべての送信者のガイドラインに準拠していることを確認してください。2024 年 2 月以降、ガイドラインに準拠していない送信者のメール配信の問題は、緩和策の対象外となります。緩和リクエストについて詳しくは、送信者のお問い合わせフォームをご覧ください。

緩和リクエストはどのように処理されますか?

Google のメール送信者のガイドラインのすべての要件(認証要件、ユーザーから報告された迷惑メール率の要件、関連するトラフィックのワンクリックでの登録解除を含む)の条件を満たす一括送信者は、緩和策の対象になります。

関連トピック

メール送信者のガイドライン

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8495345112479411781
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true