CNAME レコードの値

ドメインの DNS 設定に CNAME レコードを追加する場合は、CNAME レコードの使用目的に応じた値を入力する必要があります。Google サービスでの用途別の CNAME レコードの値を次に示します。

この値は、Google 管理コンソールではなくドメインホストで入力します。なお、ホストによって名前や値の欄の名称が異なることがあります。

用途 名前/ホスト/エイリアス TTL* レコード タイプ 値、応答、参照先
Google サイトのアドレスをカスタマイズする URL プレフィックス

例:
www
3600 CNAME ghs.googlehosted.com
Google サービスのアドレスをカスタマイズする URL プレフィックス

例:
mail
3600 CNAME ghs.googlehosted.com
管理者パスワードを再設定する 管理者パスワードの再設定手順に示されている固有の文字列

「google」で始まり、後ろに 16 文字が続く 22 文字の文字列です。

例: google9d97d7f266ee521d
3600 CNAME google.com
ドメインの所有権を確認する

ユーザー用に生成された固有の 12 文字の文字列

例: 3IBW7URVCRWY

3600 CNAME Google 管理コンソールの確認手順で提供される、固有の Google セキュリティ トークン。「gv-」で始まり、52 文字のテキストを挟んで、末尾が「.domainverify.googlehosted.com」の 86 文字の文字列です。
サブドメインの所有権を確認する

ユーザー用に生成された固有の 12 文字の文字列に、サブドメイン名を付加したもの

例: JLKDER712AFP.subdomain

subdomain はご使用のサブドメインの名前です。

3600 CNAME Google 管理コンソールの確認手順で提供される、固有の Google セキュリティ トークン。「gv-」で始まり、52 文字のテキストを挟んで、末尾が「.domainverify.googlehosted.com」の 86 文字の文字列です。

* TTL は、CNAME レコードに対する以降の変更が有効になるまでの秒数です。詳細

特定のプロトコル バージョンの CNAME レコード

ドメインで参照先を ghs.googlehosted.com とする CNAME レコードをご使用の場合は、IPv4 と IPv6 の両方を使用して自動的にアクセスできます(ただし、DNS リゾルバをご使用の場合、Google は AAAA レコードを返さないので例外です)。

特定のプロトコル バージョンを必要とするアプリケーションをご使用の場合、Google では、上記の DNS リゾルバの一覧の影響を受けない IPv4 専用のターゲット、IPv6 専用のターゲット、およびデュアルスタック ターゲットも提供しています。利用可能な CNAME ターゲットは次のとおりです。

  • ghs.googlehosted.com: 自動(デフォルト)
  • ghs4.googlehosted.com: IPv4 専用
  • ghs6.googlehosted.com: IPv6 専用
  • ghs46.googlehosted.com: IPv4 と IPv6
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。