停止中のユーザーを再開する

この記事は管理者向けです。個人用の gmail.com アカウントを再開する方法については、無効になったアカウントに関する記事をご覧ください。

次の条件に当てはまる場合、組織の Google Workspace または Cloud Identity サービスの管理者は、停止中のユーザー アカウントを復元することができます。

  • アクセスを一時的にブロックするために管理者が停止した場合。
  • セキュリティ侵害の危険があるため、システムで自動的に停止された場合。
  • アカウントの制限を超過したため、Gmail アカウントの使用が一時的に制限された場合(Google Workspace のみ)。
  • 迷惑メールの被害にあっている可能性があるため、Gmail が自動的に停止された場合(Google Workspace のみ)。

アカウントが再開されると、ユーザーはログインしてすべてのサービスとデータにアクセスできるようになります。

重要: アカウントの停止理由が不正行為、または Google Workspace もしくは Cloud Identity の利用規約違反である場合、そのアカウントを復元することはできません。

ユーザーを個別に復元する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [ディレクトリ] 次に [ユーザー] に移動します。
  3. [ユーザー] のリストの上にある [フィルタを追加] をクリックし、[ユーザー ステータス] を選択します。

    このオプションは、ユーザーリストの上部にあります
     
  4. [停止中] チェックボックスをオンにして、[適用] をクリックします。
  5. [ユーザー] のリストで停止中のユーザーの名前にカーソルを合わせ、[その他次に [再有効化] をクリックします。

    再有効化

    ヒント: このオプションは、ユーザーのアカウント ページにも表示されます。
  6. [再有効化] をクリックして確定します。

    [再有効化] オプションが表示されない場合は、後述の停止理由と復旧オプションを確認してください。

ユーザーをまとめて復元する

すべて開く  |  すべて閉じる

停止中の複数のユーザーをまとめて復元するには、CSV ファイルまたは Admin SDK API を使用します。

CSV ファイルを使用する

CSV ファイルを使用して複数のユーザーを復元するには、複数のユーザーをまとめて追加するの手順で操作します。

ダウンロードした CSV テンプレートの [New Status [Upload Only]] 列に「Active」と入力します。

Admin SDK API を使用する

Admin SDK API を使用して複数のユーザーを復元するには、Users: update ページに記載されている手順で操作します。ユーザーごとに、ブール変数 suspendedFalse に設定します。

停止理由と復旧オプション

停止理由はユーザーのアカウント ページの上部に表示されます。

停止メッセージ 定義 再開オプション
管理者により停止中 管理者がユーザーを手動で停止した。 ユーザーを復元するには、そのユーザーのアカウント ページの右上の [再有効化] をクリックします。

自動的に停止された場合:

ユーザーは未成年です

ユーザーがその他の Google サービス(Google Pay など)に登録し、最小年齢要件を満たさない生年月日を入力した。米児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)に準拠するため、ユーザーは 30 日後に削除されます。

注: Google Workspace for Education エディションでは、お客様によって年齢要件が異なります。13 歳未満の生徒が停止されている場合は、管理者の方から Google Cloud サポート にご連絡ください。

方法 1: 管理者がユーザーの年齢を直接修正できます。

更新するには、右上のユーザーのアカウント ページで [ユーザーの生年月日を更新] をクリックします。

方法 2: 生年月日を誤って入力した場合、30 日以内であれば accounts.google.com でログインして年齢の証明データを提出できます。

自動停止中:

未確認のログイン

停止について考えられる原因は 2 つあります。

原因 1: ユーザーがフィッシングやスパム行為などの不正行為に関わったため、アカウントが停止されている。

アカウントを再開するには、ユーザーが accounts.google.com にログインし、画面に表示される操作を行う必要があります。

不正行為の種類と度合いに応じて、キャプチャをクリアするかスマートフォンに届く確認コードを入力するよう求められます。

原因 2:そのユーザーのアカウントと一緒に多数のアカウントが短時間の間に追加された(CSV ファイルを使用して複数のユーザーをまとめて追加した場合や、多数のアカウントを短時間の間に手動で追加した場合など)。 アカウントを有効にするには、ユーザーが accounts.google.com にログインし、携帯電話に送信された確認コードを入力する必要があります。

自動的に停止された場合:

ユーザーがリスクにさらされている可能性があります

疑わしいログイン アクティビティが検出されたためユーザーが停止された。

: ユーザーを再開する前に、管理者用セキュリティ チェックリストにある手順で操作します。

ユーザーを復元するには、そのユーザーのアカウント ページの右上の [再有効化] をクリックします。

自動停止中:

Google 利用規約に違反しました

アカウントの停止理由が不正行為、または Google Workspace もしくは Cloud Identity の利用規約違反である場合です。

 

この場合、アカウントを再度利用することはできず、Google 管理者や Google Cloud サポートでも復元は不可能です。

なお、このような不正行為が原因で停止されているユーザー アカウントについては、削除することもできません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
73010
false
false