通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

Google サービスへのアクセスを年齢別に制御する

この機能は、Google Workspace for Education エディションでのみご利用いただけます。

一部の Google サービスでは、ユーザーに適切なエクスペリエンスを提供できるように、年齢に基づくアクセス制御を設定できます。年齢に基づくアクセスのデフォルト設定は、教育機関の種類によって異なります。

  • 初中等教育機関 - 18 歳以上として特定されないユーザー全員に対し、一部の Google サービスの利用に年齢制限が設定されます。
  • 高等教育機関 - 18 歳未満として特定されないユーザー全員が、追加の制限なしで Google サービスを利用できます。ただし、高等教育機関の管理者は、18 歳未満のユーザーをすべて特定する義務があります。

デフォルトの設定について

管理者は組織内の 18 歳以上のユーザーを特定する必要があります。特定しない場合は次のように設定されます。

  • 18 歳以上として特定されなかった初中等教育機関のユーザーは、デフォルトで全員 18 歳未満として扱われ、一部の Google サービスの利用が制限されます。
  • 18 歳未満のユーザーは特定のサービスや機能にアクセスできなくなります。そのユーザーがアクセスできなくなった追加サービスや機能で作成したデータは削除されます。データが削除される前に、管理者はユーザーに対して Google データ エクスポートによるデータの書き出しを許可できます。詳しくは、Google データ エクスポートを許可またはブロックするをご覧ください。
  • オン / オフを設定できないサービスは、18 歳以上として特定されないユーザーに対して [制限付き] に設定されます。そうしたユーザーに対するこの設定は変更できません。詳しくは、個別に制御されていないサービスへのアクセスを管理するをご確認ください。

年齢に基づくアクセス設定は、最上位の組織に適用されます。ただし、教師やスタッフなどのユーザーは、組織部門またはアクセス グループに移動して適切な年齢レベルを設定することで、別途 18 歳以上(または 18 歳未満)であることを特定できます。詳しくは、後述の組織の設定をカスタマイズするをご確認ください。

18 歳未満のユーザーに対するアプリ制限

18 歳未満として特定されたユーザーは、Google Workspace for Education アカウントにログインした際に一部の Google サービスの利用が制限されます。また、18 歳未満のユーザーが利用できないサービスもあります。

すべて開く  |  すべて閉じる

YouTube
YouTube をオンにする場合、YouTube の制限付きモード設定を使用して、組織内およびネットワーク上のログイン ユーザーが視聴できる YouTube 動画を制限できます。詳しくは、組織の YouTube 設定を管理するをご確認ください。
また、18 歳未満として特定された初中等教育機関のユーザーは次のことができません。
  • チャンネル、一般公開の再生リスト、ストーリー、ショート動画、ライブ配信の作成、動画のアップロード
  • ライブ ストリーミング動画の視聴(中または高の制限付きモードの場合のみ無効)
  • コメントの表示と投稿
  • チャットへの参加
  • チャンネル メンバーシップ、クリエイター グッズ、映画とテレビ番組、Super Chat、Super Stickers の購入、YouTube Giving の募金活動への参加
  • アプリの利用(YouTube Go、YouTube モバイルウェブ、YouTube Music、YouTube Studio、YouTube TV、YouTube VR を含む)
  • 以下を含むその他の機能の利用
    • ほとんどの通知の受信
    • テレビへのキャスト
    • ゲーム アカウントの連携
    • シークレット モードの使用
    • パーソナライズド広告の表示
    • 制限付きモードをオンまたはオフにする
  • 動画の検索結果をフィルタする(アップロード日など)
Google 検索
セーフサーチは、Google 検索の検索結果から露骨な表現を含むコンテンツのほとんどを除外するのに役立つユーザー ポリシーです。18 歳未満として特定されたユーザーが Google Workspace for Education アカウントで Google 検索にログインした場合、すべてのブラウザにおいて、デフォルトでセーフサーチがオンになります。
: セーフサーチは、Chrome ブラウザを使用しているログアウトしたユーザーに対して、Chrome ポリシーとしても適用できます。

生成 AI による検索体験と Search Labs

18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーが自身のアカウントでログインしているときは、生成 AI による検索体験(SGE)、Search Labs、その他生成 AI ツールを利用できません。

SGE と Search Labs は、個人の Google アカウントでのみご利用いただけます。

関連トピック

Google Play
Google Play をオンにした場合、18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーには以下の制限が適用されます。
  • レーティングが、全ユーザー対象、10 歳以上、13 歳以上のコンテンツのみが表示されます。詳しくは、Google Play でのアプリとゲームのコンテンツのレーティングをご確認ください。
  • アプリ、ゲーム、映画&テレビ、書籍&マンガのカテゴリから Google Play コンテンツを購入することはできません。
  • Google Play の書籍&マンガから性的に露骨な表現を含む書籍を読んだり聴いたりすることはできません。ただし、コンテンツ ページへの直接リンクを使用して検索やアクセスを行うと、露骨な表現を含む書籍が表示される場合があります。
Google マップと Google Earth
Google マップと Google Earth をオンにした場合、18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーは次のことができません。
  • 支払いが必要な機能の利用
  • コメントやクチコミなど一般公開される投稿の作成
  • ローカルガイドへの参加
  • Google Workspace for Education アカウントのロケーション履歴の有効化
  • Google マップのタイムラインへのアクセス
  • 自分の現在地の共有
Google フォト
Google フォトをオンにした場合、18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーは次のことができません。
  • 有料の機能に関するメッセージの表示
  • パートナーとの共有の利用。詳しくは、パートナーとの共有を設定するをご確認ください。
  • Google フォト内での写真や動画の共有または受信。
  • 写真や動画が共有される Google フォトの非公開会話への参加。詳しくは、写真や動画を共有するをご覧ください。
Google グループ
Google グループをオンにした場合、18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーは、末尾が @googlegroups.com の一般公開グループに対するアクセス、参加、表示ができなくなります。
18 歳未満のユーザーが利用できないサービス

オン / オフを設定できるサービス

これらのアプリには Google 管理コンソールにオン / オフの設定がありますが、その設定にかかわらず、18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーは、Google Workspace for Education アカウントでこれらのサービスを使用できません。
  • AppSheet
  • Blogger
  • キャンペーン マネージャー
  • 早期アクセス アプリ
  • Gemini
  • Google アド マネージャー
  • Google 広告
  • Google AdSense
  • Google アナリティクス
  • Google Cloud Platform
  • Google Developer Platform(デベロッパー プロフィールを含む)
  • Google Pay
  • Google Play Console
  • Google 公共データ エクスプローラ
  • ロケーション履歴
  • Merchant Center
  • Partner Dash
  • Google Play ブックス パートナー センター
  • Question Hub
  • 検索広告 360
  • スタジオ
  • Tables

オン / オフ設定のないサービス

管理者によって 18 歳未満として特定された Google Workspace for Education ユーザーは、個別にオン / オフを設定できない Google サービスに、Google Workspace for Education アカウントを使用してアクセスできません。管理者はそれらのユーザーに対して、オン / オフ設定があるサービスのみを有効にすることができます。

関連トピック

組織の設定をカスタマイズする

ユーザーを組織部門またはアクセス グループに移動し、年齢に基づく設定を適用できます。詳しくは、管理者が使用する設定グループをご確認ください。

組織部門またはアクセス グループを使用する場合は、以下のようにします。

  • スタッフ(管理者を含む)、教師、教職員の組織部門または設定グループの年齢レベル設定を 18 歳以上に変更します。組織部門またはグループ内のすべてのユーザーが 18 歳以上であることを確認してから変更を行ってください。
  • スタッフ、教師、教職員の組織部門またはアクセス グループの 18 歳未満のユーザーを別の組織部門またはグループに移動して、適切な年齢レベルの設定を適用します。
  • 高等教育機関に 18 歳未満のユーザーがいる場合、そうしたユーザーを組織部門またはグループに追加し、適切な年齢レベルの設定を適用する必要があります。

: ユーザーを削除すると、そのアカウントの年齢に基づくアクセス設定の情報も削除されます。

Google サービスに年齢に基づくアクセス制御を設定する

管理コンソールでユーザーの年齢レベルを選択できます。年齢レベルが特定されていないユーザーには、組織のタイプに応じてデフォルトの設定が適用されます。デフォルトの設定がユーザーの年齢に合っていない場合は、実際の年齢に即した年齢レベルに変更してください。

なお、ユーザーの年齢レベルを 18 歳以上から 18 歳未満に変更すると、そのユーザーは特定のサービスや機能にアクセスできなくなります。年齢レベルの設定を変更してから 30 日が経過すると、そのユーザーがアクセスできなくなった追加サービスや機能で作成したデータは削除されます。年齢レベルの設定を誤って 18 歳以上から 18 歳未満に変更した場合、30 日以内に変更を元に戻すと、そのユーザーのデータは削除されません。

Google データ エクスポートの使用を許可しているサービスについては、ユーザーは Google データ エクスポートを使用して、削除前にデータを書き出すことができます。詳しくは、Google データ エクスポートを有効にする方法をご確認ください。

始める前に: デフォルトで適切に年齢レベルの特定が行われるよう、Google 管理コンソールで組織のタイプが正しく設定されていることを確認してください。詳しくは、Google Workspace for Education を利用する組織の種類を選択するをご確認ください。

年齢に基づくアクセス制御を設定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[アカウント設定] 次に [年齢に基づくアクセス設定] をクリックします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  4. [適切な年齢ラベルを選択] で、次のいずれかを選択します。
    • 一部またはすべてのユーザーが 18 歳未満
    • すべてのユーザーが 18 歳以上
  5. [保存] をクリックします。組織部門またはグループが作成済みの場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドしたり、グループの設定を解除したりできることがあります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
7338752525977879694
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010