手動申し立てとは

手動申し立ては、自身のコンテンツが許可なく使用されていることを著作権者が確認した場合に送信します。著作権者は手動申し立てツールを使用して動画の申し立てを行います。その動画をアップロードした人に対して手動申し立てが送信されます。

: 手動申し立ては、Content ID の自動申し立てとは異なります。Content ID の申し立ては、アップロードした動画が Content ID システムの別の動画(または別の動画の一部)と一致した場合に生成されます。

手動申し立てツールは、Content ID システムに関する高度な知識を持っていることを実証した著作権者によって使用されます。このツールにより、著作権者は Content ID システムで一致しない動画に対して手動で申し立てを行えるようになります。申し立てを行うコンテンツが動画のどこにあるかを明確に示すため、手動申し立てには正確なタイムスタンプを含める必要があります。

著作権者がその他の目的で手動申し立てツールを使用することはできません。権利を有していないコンテンツに対して不適切な申し立てを行うと、法的責任を問われる、あるいはパートナーシップを解除されるなどのペナルティが科される場合があります。

動画が手動申し立てを受けているかを確認する方法

著作権者が動画に対して申し立てを行うと、YouTube からメールが届きます。動画の申し立てについて詳しく確認するには:

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. 動画に申し立てがある場合は、[制限] 列に [著作権侵害の申し立て] と表示されます。
  4. [著作権侵害の申し立て] にカーソルを合わせ、[詳細を表示] をクリックすると、申し立てについて詳しく確認できます。
  5. 下矢印 最小化 をクリックすると、申し立ての詳細を展開できます。手動申し立ての場合は、動画プレーヤーに [コンテンツは申立人によって手動で特定されました] と表示されます。
  6. [コンテンツ内の対象範囲] セクションでタイムスタンプをクリックすると、著作権者が申し立てを行ったセグメントを再生できます。

注: 不適切なタイムスタンプを繰り返し選択する申立人は、手動申し立てを利用できなくなるか、該当する場合はパートナーシップが解除される可能性があります。申し立てを受けた動画のタイムスタンプが正確ではないと思われる場合は、申し立てについてサポートにお問い合わせください。

また、[フィルタ] 次に [著作権侵害の申し立て] をクリックすると、フィルタを適用して申し立てを受けている動画の一覧を表示できます。

動画が手動申し立てを受けた場合の対処方法

Tools to Resolve Manual Content ID Claims - Copyright on YouTube

動画が手動申し立てを受けた場合、状況に応じていくつかのオプションから対処方法を選択できます。

正当な理由なしに異議申し立てを行った場合、コンテンツ所有者が動画の削除依頼を行う可能性があります。動画に対して有効な削除依頼が発行されると、そのアカウントは著作権侵害の警告を受けます。詳しくは、著作権侵害の警告をご覧ください。

申し立てを受けたコンテンツについては、新しい動画をアップロードせずに削除することもできます。以下のオプションのいずれかを正しく行うと、関連する申し立てを自動的に取り下げることができます。
  • セグメントをカットする: YouTube Studio で申し立てを受けたセグメントのみを動画から削除できます。詳しくは、セグメントをカットする方法をご覧ください。
  • 曲を置き換える(音声に対する申し立てのみ): 動画内の音楽が申し立てを受けた場合、動画内の音声トラックを YouTube オーディオ ライブラリの自由に使用できる楽曲と置き換えることができます。詳しくは、曲を置き換える方法をご覧ください。
  • 曲をミュートする(音声に対する申し立てのみ): このオプションを選択すると、申し立てが行われた動画内の曲をミュートできます。動画内の曲のみをミュートするか、すべての音声をミュートするかを選択できます。詳しくは、曲をミュートする方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。