名誉毀損の申し立ての要件

名誉毀損による削除依頼ウェブフォームをご利用いただくと、最も簡単に申し立てを行うことができます。

YouTube に法的な申し立てを行うと、YouTube が法的な申し立てを Lumen Database に送信することに同意したことになります。Lumen Database では、個人の連絡先情報(電話番号、メールアドレス、住所)は申し立ての通知を公表する前にすべて編集されます。また、YouTube は当該異議申し立てへのリンクを公開することがあります。Lumen Database の通知の例は、こちらでご確認ください。


YouTube が法的な申し立てと見なすのは、問題の当事者またはその正当な代理人から通知があった場合に限ります。


動画に自分の画像、名前、公的な識別番号などの個人情報が同意なく含まれている場合は、プライバシー侵害の申し立て手続きを使って YouTube にご連絡ください。

セクション 1: 申立人の情報

  1. 異議申し立てを行う国
  2. ご自分の氏名
  3. ご自分の YouTube チャンネル(ある場合)
  4. 当事者なのか、当事者の代理人なのか
  5. 連絡先情報

    削除された動画をアップロードしたユーザーや YouTube が申し立てについて連絡することができるように、メールアドレス、住所、電話番号などの情報をご提供いただく必要があります。

セクション 2: 申し立ての詳細。問題の動画それぞれについて、次の情報を明記します

  1. 動画の URL
  2. 動画またはメタデータ内の名誉毀損に該当する正確な文言(「動画全体」などの文言は無効です)

セクション 3: 誓約

  1. 次の文について同意し、明記する必要があります。

    「この通知に記載されている情報に偽りや不足がないことを誓います。」

  2. ご署名

    申し立てには、商標権所有者もしくはその正式な代理人の書面での署名、または電子署名が必要です。この要件を満たすには、申し立ての最下部に氏名を入力して、署名とすることができます。

この申し立ては、アップロードしたユーザーに通知されます。アップロードしたユーザーに自分の氏名やメール エイリアスを開示したくない場合は、その旨を明記してください。


メール、郵送、ファックスでお問い合わせの際は、上記の要求事項を必ず記載してください。

お送りいただいた情報は Google のプライバシー ポリシーに従って保管されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。