グローバルな視聴者に対応する: チャンネル ローカライズの成功のヒント

一般的に、チャンネルの視聴者が増えて多様な言語が使われるグローバル コミュニティでチャンネルが視聴されるようになると、言語ごとにコンテンツを分けて個別にローカライズしたチャンネルにする方がよいのか、多数の言語のコンテンツを含む 1 つの大規模な(グローバルな)チャンネルを維持し続ける方がよいのかを考えることが必要になってきます。ブランドや広告主は、グローバルな視聴者に対応するために通常は下記の 3 つのモデルのいずれかを採用しています。ただし、最終的にはご自身のチャンネルと視聴者に最も効果的な方法をご自身で判断していただく必要があります。

世界中の人たちに動画を見てもらえるように、視聴者に自分の言語の字幕の追加してもらう自分で翻訳を追加するといったことができます。

多言語のコンテンツを含む 1 つのチャンネル

このモデルでは、ブランドは 1 つのメイン チャンネルを開設し、複数の地域向けに複数言語のコンテンツをここにアップロードします。

ブランディング

1 つのチャンネルでブランドの存在感、ブランドそのものとあらゆる関連アセットを表現するので、全地域を通じて一貫した表現をすることができます。視聴者が全言語で同じキーワード(例: 商品名など)を使って検索する場合は、このチャンネル形態にしておくと非常に関連性が高くなり、見つけられやすくなります。

エンゲージメント

視聴者を 1 つのグローバル チャンネルに誘導することで視聴やチャンネル登録者がそこに集約されるので、ユーザーが YouTube 検索であなたのチャンネルを見つけやすくなります。ただし、チャンネルを見つけてもらった後、世界中からのチャンネル登録者と 1 人の視聴者として交流することは、さまざまな言語のコンテンツが提供されているだけに、通常よりも難しくなる可能性があります。このような場合、チャンネルの視聴者は言語別に分かれてしまい、チャンネル コミュニティでは投稿、コメント、フィードの更新がたくさんの異なる言語で表示されるようになります。視聴者に関心を維持してもらうには、コンテンツをより多くの視聴者に見てもらえるように字幕を動画に追加することをご検討ください。チャンネルで各主要市場向けに独自のセクションと再生リストを作成し、言語別にまとめて提示することで総再生時間を長くすることもできます。

マネジメント

すべてのコンテンツが 1 つの場所にあるため、担当チームはこの 1 つのチャンネルを管理することにすべてのリソースを集中させて、簡単に一貫したグローバル ブランディングと方向性を維持することができます。もちろん、チャンネルを管理するために実際に必要になるリソースの数は、アップロード計画の頻度と個別のチャンネル戦略の集中の度合いに左右されます。一貫してアップロードを続け、ブランド資産価値を確立し、視聴者を管理することがチャンネルを成長させていくうえで不可欠となります。

各言語向けに独自のコンテンツがある複数のチャンネル

このモデルではブランドは複数のチャンネルを作成し、各チャンネルで異なる言語と地域向けのコンテンツを掲載します。これは、さまざまな文字や検索キーワードが使用される言語の場合に非常に効果的です。

ブランディング

各地域または言語向けに独自のチャンネルがあるため、ブランドはその地域の視聴者向けに各チャンネルをカスタマイズして、簡単に地域のイベントやプロモーションを組み込むことができます。地域によってブランド アイデンティティが若干異なる場合は、その違いを尊重してそれをチャンネル戦略に組み込むことができます。

エンゲージメント

視聴者が言語を選択することで視聴やチャンネル登録者は複数のチャンネルに分かれてしまいますが、特定の関与レベルの高い視聴者と集中して交流することができます。チャンネル内の項目をすべて言語別の視聴者向けに特化させることができるため、ユーザーの利便性は向上します。また、ユーザーが自分の好みの言語のブランド チャンネルを発見した後、さまざまな言語のコンテンツがあるせいで混乱したり関心を失ったりする可能性が低くなります。ただし、ユーザーが検索でさまざまなチャンネルが表示されるのを見たときには、通常は大規模なチャンネルのほうが小規模なチャンネルより目立ちます。そのため、特定のチャンネルでどの言語をターゲットするのか、必ず明確にしてください。いろいろな言語のチャンネルの間で相互プロモーションを行うことも、動画を発見しやすくするうえで重要です。チャンネルの [概要] タブの [おすすめチャンネル] セクションに対象のチャンネルを追加することも、効果的な相互プロモーションの方法としておすすめです。

マネジメント

チャンネルのコンテンツが複数の地域に複数の言語で広まると、地域ごとにチャンネルにリソースを割り当てて継続的にチャンネルを管理することが必要になります。事前に定義した枠組みを各チャンネルが守るようにしている場合も、各地域のチームに管理を委ねている場合も、各チャンネルの立ち上げや、定期的なアップロードと交流スケジュールの維持のために十分なリソースを確実に投入できるようにしてください。

1 つのグローバル チャンネルと補助的な複数のローカル チャンネル

ブランドの中心的なハブとして機能する 1 つのメイン チャンネルでターゲットとなる主な言語と地域でのグローバルなキャンペーンを展開し、補助的なローカル チャンネルでその他の言語や地域をターゲットにすることによって、ブランドのグローバルな存在感を増しつつ、地域に特化したコンテンツで地域とのつながりも保つことができます。

ブランディング

このチャンネル コンテンツ配分では、一貫したグローバル ブランディングをハブチャンネルで紹介しつつ、さまざまなローカル チャンネルを使って地域のイベントやプロモーションを特集することができます。動画のメタデータサムネイルのテンプレートを利用すると、多くのチャンネルを通じてブランドの一貫性を維持するうえで役に立ちます。

エンゲージメント

たくさんのチャンネルがあるため、視聴やチャンネル登録者は複数のチャンネルに分散されてしまいますが、ユーザーは各自の言語に合ったコンテンツを見つけることができ、コンテンツを視聴したりチャンネル コミュニティと交流したりする際の経験の一貫性も保たれます。動画のメタデータ、説明、おすすめチャンネルの編成を活用して、視聴者をメインのグローバル チャンネルからローカル チャンネルに誘導することも重要です。アップロードの頻度によっては、ローカル チャンネルでのアップロードの頻度を高めると、そのチャンネルが検索結果でより目立つ位置に表示される場合があります。

マネジメント

このチャンネル構成ではグローバル チームとローカル チームとの間の調整が必要となりますが、ローカル市場向けにブランド メッセージをカスタマイズしたりローカル キャンペーンを実施したりする場合に柔軟に対応できます。大規模なグローバル チャンネルと複数のローカル チャンネルの両方に時間を費やす必要があるため、このチャンネル構成は最も多くのリソースを必要とします。ただし、実際に必要となるリソースの数はアップロードの頻度と、各チャンネルで採用するエンゲージメント戦略によって変わってきます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。