検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

チャンネル アートの作成または編集

チャンネル アートは YouTube ページの上部にバナーとして表示されます。チャンネル アートを使用すると、あなた自身のチャンネルであることを強く印象付け、チャンネル ページを独自にデザインすることができます。

デザインするにあたっては、下記のガイドラインと例を参考にしてください。また、チャンネル アートはパソコン、モバイル、テレビ画面で表示が異なりますのでご注意ください。

チャンネル アートを追加または変更する

YouTube のパソコン向けデザインには、現行バージョンと古いバージョンがあります。お使いのデザインに応じて、以下の手順で操作してください。
  1. パソコンで YouTube にログインします。
  2. 右上のメニューで [マイチャンネル] を選択します。
    • チャンネル アートがまだない場合: 画面上部にある [チャンネル アートを追加] をクリックします。
    • 既存のチャンネル アートがある場合: 既存のバナーにカーソルを合わせると編集アイコン edit が表示されます。アイコンをクリックして [チャンネル アートを編集] を選択します。
  3. パソコンまたは保存した写真から画像や写真をアップロードします。[ギャラリー] タブをクリックすると、YouTube の写真ライブラリからも画像を選択できます。
  4. 各種端末でチャンネル アートがどのように表示されるかを示すプレビューが表示されます。画像を調整するには、[切り抜きを調整] を選択します。
  5. [選択] をクリックします。

画像に関するヒントとガイドライン

チャンネル アートに使用する画像の入手

保存された画像を使用する

  • 画像や写真をアップロードする: パソコン、モバイル端末、または Google フォトに保存した写真を使用します。
  • YouTube 写真ライブラリを使用する: 画像のアップロード時に [ギャラリー] タブを選択します(パソコンのみ)。

画像のサイズとファイルに関するガイドライン

チャンネル アートはパソコン、モバイル端末、テレビ画面でそれぞれ表示のされ方が異なります。すべての端末で最適に表示されるように、2560×1440 ピクセルの画像を 1 枚アップロードすることをおすすめします。

  • 最小アップロード サイズ: 2048×1152 ピクセル。
  • テキストやロゴの最小安全領域: 1546×423 ピクセル。この範囲外にある画像は、一部のビューや端末ではカットされて表示されることがあります。
  • 最大幅: 2560×423 ピクセル。画面のサイズに関係なく、「安全領域」は常に表示されます。チャンネル アートの両端の領域はユーザーのブラウザ ウィンドウのサイズに応じて表示される場合と表示されない場合があります。
  • ファイルサイズ: 4 MB 以下。

画像の幅と高さについてよくわからない場合は、Channel Art Templates をダウンロードすると、各種端末で画像がどのように表示されるかを確認できます。

画像サイズの変更方法

画像のサイズを変更するには、パソコンの画像エディタやオンラインの画像サイズ変更サービスを使用します。たとえば、Apple のパソコンの場合はプレビュー アプリ、Windows のパソコンの場合は Microsoft Picture Manager を使用できます。

各種端末でのチャンネル アートの表示を確認する

チャンネル アートは端末の種類によって表示結果が異なります。そのため、それぞれの端末でどのように表示されるかを考慮してデザインするようにしてください。チャンネル アートはブラウザ ウィンドウの大きさや端末に合わせて、全体が表示されたり、部分的に表示されたりします。

以下をクリックして、ユーザーの端末でチャンネル アートがどのように表示されるかの例をご覧ください。

Set up your channel art across all devices

YouTube Help チャンネルを登録して、動画作成のおすすめの方法、テクニック、ハウツーをご覧ください。申し込む
パソコンの画面

パソコンの画面での最小幅表示:

 

パソコンの画面での最大幅表示:

モバイル端末の画面

モバイル端末の画面の幅(端末により異なります)まで「安全領域」が縮小されます。

テレビ画面

テレビでは、画像の全体がチャンネル アートとして背景に表示されます。アスペクト比は 16:9(2560 X 1440 ピクセル)です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。