@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

配信に関するヒント

ネットワークに関するヒント
  • 配信の合計ビットレートは、利用可能なアップロード帯域幅を超えることはできません。少し余裕を持たせましょう(20% の余地をおすすめします)。
  • 職場に高速ネットワーク接続があっても、そのネットワークを多数のユーザーで共有している場合には個々の通信速度が限られてきます。
  • 速度テストを行いましょう。ダウンロード(入力)速度はアップロード(出力)速度を上回る場合がよくあります。アップロード速度について、選択したビットレートで配信するのに十分かどうかを確認してください。推奨されるアップロード帯域幅はプライマリ + バックアップ + 20% です。
  • 信頼性のあるネットワークを使用しましょう。接続障害があると配信も途切れてしまいます。
エンコードに関するヒント
  • ライブ ストリームのエンコーダは 少なくとも 2 時間前までに設定してください。
  • イベントの開始予定時刻の少なくとも 15 分前までにエンコーダを開始してください。
  • [ストリーミングを開始] をクリックする前に、[ライブ管理画面] でプレビューを確認します。
  • エンコーダのフェイルオーバーをテストする場合は、メイン エンコーダを停止(またはイーサネット ケーブルを外す)して、プレーヤーがバックアップ エンコーダにロールオーバーしていることを確認します。
  • ローカル アーカイブ ファイルのすべてに問題がないかどうか確認します。ローカル アーカイブのファイルサイズが増加していることを確認します。
  • チャンネル ページや動画再生ページからイベントにアクセスできることを確認します。
  • モバイル デバイスからイベントにアクセスできることを確認します。
  • 配信の音声と映像の品質を継続してモニタリングします。
  • YouTube 上でイベントを終了した後、エンコーダを停止します。
ウェブカメラを使用する
  • ノートパソコンやウェブカメラで配信することもできますが、機器の性能が良いほど、ライブ配信の品質も高くなります。
  • Wirecastwww.youtube.com/webcam などのソフトウェア エンコード プログラムを利用できます。
  • 質の高いイベントを作成するためには、プロ仕様のエンコーダの使用をおすすめします。
  • イベントに先立って、設定を詳細にテストする必要があります。
安全にライブ配信する
  • コンテンツ: 配信する動画の種類を把握します。友だち、クラスメート、未成年者の動画を撮影するときは、性的な内容を暗示したり、暴力的であったり、危険なコンテンツであったりしてはいけません。この規則はチャットにも適用されます。詳細については、コミュニティ ガイドラインをご覧ください。
  • 個人情報: ライブ配信中やチャット中に個人情報を共有する場合は、十分ご注意ください。チャンネルの管理者権限は、信頼できるユーザーにのみ付与してください。ライブ配信でのモデレーター権限の付与を YouTube が求めることはありません。
  • 管理: 不適切な動画を報告します。また、チャットであなたや他の人に不快感を与えるユーザーはブロックしてください。詳しくはチャットの管理についての記事をご覧ください。
  • プライバシー: YouTube には、自分が投稿したライブ配信を閲覧できるユーザーを制限できる機能があります。個人のライブ配信は [非公開] または [限定公開] に設定することでプライバシーを保護できます。YouTube の運用を管理するためのツールに関しては、プライバシーとセキュリティの設定ページをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false