嫌がらせやネットいじめに関するポリシー

YouTube にとって、クリエイター、視聴者、パートナーの皆様の安全は最優先事項です。このユニークで活気に満ちたコミュニティを守るため、YouTube では皆様それぞれにご協力をお願いしています。コミュニティ ガイドラインに加え、YouTube の安全性を維持するという共通の責任において果たすべき役割を理解することが大切です。以下のポリシーをよくお読みくださいますようお願いいたします。また、ガイドラインの全一覧はこちらページでご確認いただけます。
YouTube は先日、クリエイターの活動に対する保護を強化するため、嫌がらせに関するポリシーの変更を発表いたしました。これらの変更点を反映して、以下のようにポリシーが更新されました。

個人に対する脅迫を含むコンテンツは YouTube で許可されていません。また、保護対象グループへの所属や身体的特徴などの本来備わっている属性に基づく、個人を標的とした長期に及ぶまたは悪意のある侮辱を含むコンテンツも許可されていません。

このポリシーに違反するコンテンツを見つけた場合はご報告ください。コミュニティ ガイドラインへの違反を報告する手順はこちらでご確認いただけます。報告する動画やコメントが複数ある場合は、そのチャンネルを報告してください。安全性の確保、アカウント保護、プライバシー保護に関するヒントやおすすめの方法については、こちらのヘルプセンターの記事をご覧ください。

執拗な嫌がらせを受けて安全が脅かされていると感じる場合は、最寄りの警察に直接通報してください。

クリエイターへの影響

コンテンツを投稿する場合

下記の説明のいずれかに該当するコンテンツは、YouTube に投稿しないでください。

  • 本来備わっている属性に基づいて長期に及ぶ中傷や悪意のある侮辱(人種差別的表現など)を行うコンテンツ。こうした属性には、保護対象グループへの所属、身体的特徴、または性的暴力、家庭内暴力、児童虐待の被害者としての状態が含まれます。
  • 未成年を辱める、欺く、または侮辱することを目的にアップロードされたコンテンツ。未成年者とは法律で成人と定められている年齢未満の人と定義されます。通常は 18 歳未満を指しますが、未成年者の年齢は国によって異なる場合があります。

このポリシーに違反する他の種類のコンテンツ

  • 他人の個人情報の暴露(住所、メールアドレス、ログイン認証情報、電話番号、パスポート番号、銀行口座情報など)。
    • 注: これには、公務員の職場の電話番号やビジネス用の電話番号など、一般に入手可能な公開情報の投稿は含まれません。
  • YouTube 内外で個人に対して嫌がらせや脅迫をするように扇動するコンテンツ。
  • ファンによる嫌がらせ行為(晒し行為、集中攻撃、大量のネガティブな投票、YouTube 以外の場所で標的にする行為など)を助長するコンテンツ。
  • 特定可能な個人に対する身体的危害や所有物の破壊を示唆して、暗示的または明示的に脅迫するコンテンツ。
    • 注: 「暗示的な脅迫」には特定の時間、場所、手段を示していないが、武器の使用や暴力を想像させる脅迫が含まれます。
  • 特定可能な個人に対して拘束や暴力を行う自警団によって投稿されたコンテンツ。
  • クリエイターが他者に対して深刻な暴力行為をシミュレーションする描写を含んだコンテンツ(処刑、拷問、傷害、打撃など)。
  • 合意のない性行為、本人の意に反する性的対象化、個人を露骨に性的対象化したり辱めたりするものを含むコンテンツ。
  • 合意のない性行為の画像や映像を配信する方法を示したり、見せたりするコンテンツ。

このポリシーは、動画、動画の説明、コメント、ライブ配信などの YouTube のサービスや機能に適用されます。なお、このリストがすべてを網羅しているわけではありません。

例外

嫌がらせ行為を含むコンテンツでも、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術を主な目的とする場合は許可されることがあります。ただし、これは他者に対する嫌がらせ行為に自由を与えるものではありません。以下にいくつか例を示します。

  • 著名な公人や指導者に関する討論: 権力を持つ地位にいる人物(著名な政府関係者や多国籍大企業の CEO など)に関する話題についての討論や議論を含むコンテンツ。
  • 台本のあるパフォーマンス: 芸術的手法(台本のある風刺、スタンドアップ コメディー、ディストラック音楽など)のコンテキストの中で行われる侮辱行為。注: 嫌がらせ行為をしても「冗談だった」と言えば許されるわけではありません。
  • 嫌がらせ行為に関する教育や周知: ネットいじめに対処するため、またはそうした問題への関心を高めるために、ドキュメンタリーを目的とした、または参加者が自らの意思で参加した(俳優など)、実際の嫌がらせ行為またはシミュレーションを取り上げたコンテンツ。

注: 有名な人物であるかどうかに関係なく、保護対象グループへの所属に基づいて他者を悪意をもって侮辱するコンテンツは一切許容されません。

収益化とその他のペナルティ

まれなケースですが、クリエイターが次の行為を行なった場合、コンテンツが削除される、または他のペナルティが課される可能性があります。

  • 視聴者による嫌がらせ行為を繰り返し奨励する。
  • 本来備わっている属性に基づいて、特定可能な個人を標的にする行為、侮辱行為、嫌がらせ行為を複数のアップロード動画で繰り返す。
  • 現地の社会的または政治的コンテキストに基づいて、個人を身体的危害を受けるリスクにさらす。
  • 個人的な金銭目的のためにクリエイター間の敵意を執拗に煽って YouTube のエコシステムに危害を与えるコンテンツを作成する。

次のようなコンテンツは、YouTube で許可されていません。

  • 他者の写真を繰り返し提示して「あいつの歯を見てみろ。気持ち悪いな」といった発言をする、または本来備わっている属性に対して動画で類似のコメントをすること。
  • 保護対象グループに所属していることに基づいて個人を標的にすること。たとえば、「この不潔なやつを見てみろ(保護対象グループを対象とした誹謗中傷)。トラックにひかれたらいいのに」と発言すること。
  • 本来備わっている属性に基づき、個人を人間以外の存在に例えた過度に侮辱的な表現を使用すること。例: 「この犬のような女を見てみろ。人間じゃなくてミュータントか動物みたいだ」
  • 特定可能な個人の殺害、深刻な傷害、露骨な同意なしの性的行為を描写すること。
  • 特定可能な個人に対して悪意のある侮辱を行うことを目的としたアカウント。

その他の例

  • 本来備わっている属性に基づいて個人を標的とし、その人物の死や深刻な負傷を望むこと。例: 「誰かがあいつ(保護対象グループのメンバー)の顔面にハンマーを振り下ろしてくれたらいいのに」
  • 他人の身体的安全に対する脅し。「次に会うときは何か悪いことが起こるかもな」といった暗に脅迫する行為、「土曜日に会うときに顔面を殴るぞ」といった明らかな脅迫、武器を振り回しながら「気を付けた方がいいぞ」といった発言をして暴力をほのめかすことなどが含まれます。
  • 電話番号、自宅住所、メールアドレスといった個人を特定できる非公開の情報を公表し、嫌がらせのために注目やトラフィックをその個人に向けさせる投稿。例: 「電話番号を入手したから、あいつが出るまで電話を鳴らし続けたり、留守電を残したりしよう」
  • 動画配信中にゲーム内のボイスチャットやメッセージを通じて、特定可能な個人に対して「集中攻撃」または悪意のある嫌がらせ行為を向けさせる行為。
  • 悪意のある嫌がらせを目的として、ユーザーを YouTuber のコメント欄に誘導する行為。例: 「今すぐこの人のチャンネルに行って無茶苦茶にしてやろう。消えて欲しいとみんなが思っていることを教えてやるんだ」
  • 「スワッティング」など緊急時対応または緊急時関連サービスへのいたずら電話、またはそのような嫌がらせ行為などを視聴者に促す行為。
  • ユーザーをストーキングしたり、恐喝したりする行為。
  • 特定可能な個人に対して、辱める、物とみなす、性的対象とみなすことを目的に、胸部、臀部、生殖器部を拡大したり、執拗に強調したりすること。
  • 上記の属性を持つ個人に対する暴力や差別を助長させるために開発または修正(MOD)されたビデオゲームに関するコンテンツ。

これらはほんの一例です。このポリシーに違反する可能性があると思われる場合はコンテンツを投稿しないでください。

このポリシーに違反するコンテンツへの措置

コンテンツがこのポリシーに違反している場合は、そのコンテンツを削除し、その旨をメールで通知します。初めてのコミュニティ ガイドライン違反の場合、事前警告を受けるだけで、チャンネルが罰せられることはありません。2 回目以降の場合はチャンネルに対して違反警告が発行されます。違反警告を 3 回受けると、そのチャンネルは停止されます。違反警告システムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

 クリエイター アカデミーのご紹介

クリエイター アカデミーでは、動画やクイズでコミュニティ ガイドラインを学ぶことができます。詳しくは、クリエイター アカデミーのコースをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。