検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

嫌がらせやネットいじめ

YouTube では、悪意のある嫌がらせ行為を排除し、ユーザーの皆様に気持ちよく利用していただけるよう努めています。嫌がらせ行為が悪意のある攻撃にまで発展した場合は、ご報告いただければ削除することができます。それ以外は、多少の不愉快さを感じる程度であれば、単に無視してやりすごしてください。

ネットいじめと見なされる行為

  • 嫌がらせ的な動画、コメント、メッセージ
  • 他人の個人情報の暴露
  • 同意なく録画した悪意のある動画
  • 他人を侮辱するコメントの意図的な投稿
  • 他人に苦痛を与えるような否定的なコメントや動画
  • 性的嫌がらせや性的指向に基づくいじめなど、あらゆる不必要な性的対象化
  • 他のユーザーやクリエイターへの嫌がらせの扇動

おすすめの方法とアドバイス

  • 見直してから投稿する: 自分の投稿がオンライン上でどのように理解されるかよく考え、自分の評判を落としたり安全が脅かされるような投稿はしない。
  • 自分の意見を言う: ネットいじめ防止について友人と話し、サイト上でいじめを見つけた場合は自分の意見を声に出して伝える。
  • オンライン上での自分に対する他者の行為に対して心配が残る場合は大人に話す。
  • 他のユーザーから嫌がらせを受けている場合は、コメントを削除し、そのユーザーをブロックして、問題のあるユーザーがコメントできないようにする。また、すべての動画のコメントを無効にしたり、投稿前の事前承認を義務付けてコメントを管理したりすることもできます。
  • オンライン上での他人の意見を尊重しつつ、一線を越えたらすぐに判断できるようにしておく。YouTube はユーザーにとってのダイナミックな表現の場であり、不安や恐怖を感じる場であってはなりません。
  • 嫌がらせを行っているユーザーやコンテンツは、YouTube のセキュリティや嫌がらせ行為に関する報告ツールを使って報告してください。

YouTube を快適に利用できるように、嫌がらせを行うユーザーを報告するための各種ツールについて詳しくは、プライバシーとセキュリティの設定ページをご覧ください。

批判や侮辱が、深刻な嫌がらせやネットいじめに発展することがあります。執拗な嫌がらせを受けて安全が脅かされていると感じる場合は、信頼できる大人に話して近くの警察に報告してください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。