ヌードや性的なコンテンツ

YouTube では、性的コンテンツに含まれるヌードはもちろん、ヌードを含む動画のほとんどを許可していません。

許可されるコンテンツと許可されないコンテンツ

ポルノなどの露骨な性的コンテンツは許可されません。フェティッシュを含む動画は、問題となる行為の過激度に応じて削除されるか、年齢制限を設けられます。ほとんどの場合、暴力的、刺激が強い、あるいは侮辱的なフェティッシュは YouTube で許可されません。

ヌードや性的なコンテンツを含む動画は、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術を主な目的とし、過激な映像でなければ許可されることがあります。たとえば、乳がんに関するドキュメンタリーは適切なコンテンツと判断されますが、そのドキュメンタリーから抜粋した映像を投稿した場合も許可されるとは限りません。動画の主な目的を YouTube や視聴者が容易に判断できるよう、タイトルや説明にコンテキスト(動画の状況説明)を指定するように心がけてください。

年齢制限のあるコンテンツ

一線を越えてはいないものの性的なコンテンツを含む動画については、年齢制限を設けることによって一定の年齢以上の視聴者しかコンテンツを再生できないようにする場合があります。

動画自体は一線を越えてはいないものの動画のサムネイルに性的なコンテンツが含まれている場合、サムネイルは不承認となる場合があります。その場合はメールでお知らせいたしますので、サムネイルを取り替えていただけます。サムネイルに関するポリシーについて詳しくはこちらをご覧ください。

ヌードやドラマ化された性的行為を含むコンテンツは、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術的にふさわしいコンテンツと判断された場合に年齢制限を設けられます。過激ではないものの性的な意図を持つコンテンツの場合、露出度の高い服装の人物が含まれるコンテンツには年齢制限が設けられたり(動画の場合)、不承認(サムネイルの場合)となったりする場合があります。

動画に年齢制限を設けたりサムネイルを不承認としたりする場合の考慮事項
  • 動画の登場人物のポーズが、視聴者の性的興奮を引き起こすことを意図したものであるかどうか。
  • 登場人物が最小限の衣服しか身に着けていない場合、その衣服が公共の場で受け入れられるものであるかどうか(水着と下着の違いなど)。
  • 動画の場合: 胸、臀部または性器(着衣、非着衣にかかわらず)が焦点であるかどうか。
  • 動画のセットが性的なものを暗示しているかどうか(ベッドなど、性的行為に結びつくことの多い場所かどうか)。
  • 下品な言葉やみだらな言葉が動画で使用されていないかどうか。
  • 動画の登場人物による行為が、視聴者を性的行為(キス、挑発的なダンス、愛撫など)に引き込む意図があるかどうか。
  • 動画に年齢制限を設ける場合の他の判断要素:
    • 画像が動画に映し出される時間。
    • 動画全体の長さに対する時間が短いか、長いか。カメラの角度とフォーカス。動画内の画像の相対的な鮮明度。

ヌードや性的なコンテンツを報告する:

問題の動画を報告する: このポリシーを遵守していないと思われる動画や、未成年者にふさわしくないと思われる動画は、動画を報告する機能を使用して報告できます。

年齢制限のあるコンテンツが表示されないようにしたい場合は、制限付きモードの使用をご検討ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。